• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 川崎医療福祉大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療技術学部
  • 診療放射線技術学科

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

診療放射線技術学科

定員数:
60人

充実した専門教育と長期の臨床実習で実践的な知識・技術を修得。社会に貢献できる診療放射線技師を育成する

学べる学問
  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 診療放射線技師

    現代医療に欠かせない、放射線を扱う専門家

    診療放射線技師は、医療現場における放射線の専門家です。医師や歯科医師の指示の下、放射線や超音波などを使った画像検査や、放射線を用いた治療を主に行っています。現在の医療において放射線診療は欠かせないものですが、体に影響を与えることもあるため、適切に扱うことが求められています。人体に放射線を照射できるのは、医師、歯科医師を除いて診療放射線技師のみです。

初年度納入金:2019年度納入金 170万円 

学科の特長

学ぶ内容

確かな知識と技術、豊かな心を備えた診療放射線技師をめざす
CTやMRIなど最先端の機器を取り扱い、チーム医療において重要な役割を担う診療放射線技師を育成。医療放射線の基本技術から専門的な知識・技術を学ぶとともに、川崎医科大学附属病院を中心とする長期の臨床実習を通して、徹底した実践的知識・技術の修得と患者さま優先の精神を備えた心豊かな医療技術者をめざします。

カリキュラム

高い専門性を養うための医学的、理工学的基礎を重視。卒業研究や国家試験対策も効果的に実施
川崎医科大学や同附属病院を含む多くの専門教員による、医学的基礎や理工学的基礎など基礎学力の充実を図るカリキュラムを編成。4年次には卒業研究と成果の発表を行い、放射線技術学の演習科目や国家試験形式の実力試験等を配置。これらの課程を通して、自信を持って国家試験に臨めるよう実力を高めます。

先生

第一線で活躍する医療人に学び、医療現場に密着した環境で確かな実践力を磨く
大学での授業をはじめ、現場実習を担当する先生の多くは、川崎学園の附属病院で活躍する現役の医療スタッフ。豊富な臨床経験をもとに、実際の医療現場での対応や判断、医療人としての姿勢を伝えています。高度化・複雑化が進むチーム医療の「今」を知る教員によるきめ細かな指導で、現場で活きる知識とスキルを修得します。
  • point こんな先生・教授から学べます

    サブノートでメモをとり、マイノートで専門科目全体をまとめる。復習をする習慣が自然と身につく授業が特徴

    板書や自身の気づきを書き込む「サブノート」を導入し、疑問を残さずその場で理解することをめざす荒尾教授の授業。講義後、各自がサブノートに記載した内容を見直し、まとめ作業を行うことで自然に復習する習慣がつき、さらに専門科目間のつながりを意識しながら理解を深めることができます。これは荒…

    川崎医療福祉大学の先生

実習

川崎医科大学附属病院を中心とした長期の臨床実習による、現場で役立つ技能の習熟
学内における講義、実験で十分な知識を身につけた上で、最新設備を備えた附属病院、医療センターにおいて約8か月にわたる充実した臨床実習を行います。臨床実習では心豊かな医療人としての考え方を身につけるとともに、医療現場において即戦力となる技能を修得し、医療の進歩発展に対応できる診療放射線技師をめざします。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    放射線治療の可能性を追求できる学びに魅力を感じています!

    疲労骨折した際、診療放射線技師である父に見てもらいました。折れていない骨と折れた骨の画像を並べて状態を見るのですが、当時の僕には違いが判りませんでした。仕事をする父を偉大に感じたことがきっかけです。

    川崎医療福祉大学の学生

卒業後

診療放射線技師として多彩な診療画像情報の正確な提供、放射線治療や放射線安全管理業務を担当
医師の指示のもとでX線CTやMRIなど最先端の様々な機器を取り扱う画像検査業務や、放射線によるがん治療に従事する。現代医療になくてはならない診療放射線技師として大規模な総合病院やその他医療機関で活躍。また、放射線関連の医療機器メーカーへの就職をめざすことも可能です。

資格

診療放射線技師国家試験合格率100%をめざし、きめ細かなサポートを実施します
本学科の前身となる川崎医療短期大学放射線技術科の2016年度診療放射線技師<国>合格率は100%(合格者54名)。国家試験対策のノウハウを活かし、4年次には放射線技術学や基礎医学の演習科目を設け、これまで学んだ講義・実験・実習の内容について総まとめを行いながら、小グループでの国家試験対策を充実させています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 社会福祉主事任用資格

受験資格が得られる資格

  • 診療放射線技師<国>

目標とする資格

    • 放射線取扱主任者<国> (第一種・第二種・第三種) 、
    • ガンマ線透過写真撮影作業主任者<国>

    核燃料物質取扱主任者

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 94.4 %

( 就職者数51名 )

主な就職先/内定先

    川崎医科大学附属病院 、 倉敷成人病センター 、 水島中央病院 、 倉敷平成病院 、 岡山画像診断センター 、 広島西医療センター 、 広島赤十字・原爆病院 、 神戸市民病院 、 尼崎総合医療センター 、 近森病院 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

2017年4月開設のため、前身となる川崎医療短期大学 放射線技術科卒業生の実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
TEL 086-464-1004

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県倉敷市松島288 「中庄」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内


川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)