• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 川崎医療福祉大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療技術学部
  • 臨床検査学科

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

臨床検査学科

定員数:
60人

川崎医科大学や附属病院との連携により、高度な専門性を追求。「信頼され、実践できる臨床検査技師」を育成する

学べる学問
  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 臨床検査技師

    病気の早期発見に寄与する、医療検査のスペシャリスト

    医師の指示のもと、病院や産科・レディスクリニック、整形外科(MRI)、臨床検査センターなどで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。

初年度納入金:2019年度納入金 170万円 

学科の特長

学ぶ内容

医療現場や医療関連企業で即戦力として活躍できる臨床検査技師を養成
臨床検査技師とは血液や尿などの検体検査、人体の組織や細胞の形態学的検査、心電図や脳波・超音波検査などの生理機能検査を行う、医療分野において重要な位置を占めるスペシャリスト。本学科では徹底した基礎学習に加え、隣接する川崎医科大学附属病院などで1年間にわたる臨床実習を行い、実践力や探究心を修得します。

カリキュラム

新しい教材や学習法を使って効果的に学習。マンツーマン方式の実習で高い能力と実践力を養成
経験豊かな専門分野の講師陣がわかりやすい教材、資料を使って授業。ICT(Information and Communication Technology)やeラーニングを利用。3年次前半からは川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センターを中心に臨床実習とマンツーマン方式の実習を実施。「信頼され、実践できる臨床検査技師」を育成します。

先生

第一線で活躍する医療人に学び、医療現場に密着した環境で確かな実践力を磨く
大学での授業をはじめ、現場実習を担当する先生の多くは、川崎学園の附属病院で活躍する現役の医療スタッフ。豊富な臨床経験をもとに、実際の医療現場での対応や判断、医療人としての姿勢を伝えています。高度化・複雑化が進むチーム医療の「今」を知る教員によるきめ細かな指導で、現場で活きる知識とスキルを修得します。
  • point こんな先生・教授から学べます

    視覚に訴える講義で学生の理解を促すとともに、実習では、経験豊富な実習担当教員による丁寧な指導を実施

    北中教授の担当授業は血液学や免疫学です。教授が心がけているのは「学生が講義内容を具体的にイメージできること」。動画やスライドを活用した、視覚に訴える講義が特徴です。さらに配布資料は、授業中に学生が必要な事項を書き込むことで復習に活用できるよう工夫が凝らされています。実習では、臨床…

    川崎医療福祉大学の先生

実習

約1年半にわたる臨床実習および卒業研究実習で、専門家による検査の実践的技能を修得
重要性が高まる臨床検査技師を育成するため、徹底した基礎学習に加えて、小グループ構成での臨床実習を川崎医科大学附属病院および川崎医科大学総合医療センターで約1年にわたって実施。実習では先輩技師の技術指導を受けるだけでなく、思いやり・やさしさ、使命感・責任感、チーム医療への姿勢・習慣などを身につけます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    後期に入り、学びの難易度もアップ!予習復習に一層力を入れています

    体調を崩した時、臨床検査技師にお世話になったこと。超音波装置で臓器の様子をモニターに映し、僕の気持ちを気遣いながら説明をしてくださいました。検査を通して不安を解消できた経験が大きかったですね。

    川崎医療福祉大学の学生

卒業後

血液分析、組織や細胞の形態検査、心電図や脳波の生理機能検査などを行う臨床検査技師
血液の分析をはじめ、顕微鏡を使用し、悪性細胞や異常な組織を調べる形態検査、心臓や脳の働きを調べる心電図や脳波などの生理機能検査などを行う臨床検査技師として、様々な医療施設で活躍。取得した国家資格を活かして、検査センターや医療機器メーカーへの就職も可能です。

資格

臨床検査技師<国>合格率100%をめざし、きめ細かなサポートを行います
本学科の前身となる川崎医療短期大学臨床検査科における、2016年度臨床検査技師<国>合格率は91.5%(合格者54名)。臨床検査技師養成校としての歴史と伝統を受け継ぎ、検査の基本技術と専門知識を丁寧に指導します。細胞検査士や超音波検査士、認定輸血検査技師などの関連資格も、卒業後に経験を積むことで取得可能です。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 臨床検査技師<国>

目標とする資格

    • 医療情報技師 、
    • バイオ技術者認定試験 (中級)

    第1種・第2種ME技術者

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数51名 )

主な就職先/内定先

    川崎医科大学附属病院 、 日本鋼管福山病院 、 エスアールエル 、 音羽病院 、 淳風会健康管理センター 、 香川県厚生農業協同組合連合会、倉敷リバーサイド病院 、 岡山中央病院 、 津山中央病院、岩国医療センター 、 フクダライフテック中国、岡山医学検査センター ほか

※ 2017年3月卒業生実績

2017年4月開設のため、前身である川崎医療短期大学 臨床検査科卒業生の実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
TEL 086-464-1004

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県倉敷市松島288 「中庄」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内


川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)