• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 臨床検査技師
  • ズバリ!将来性は?
臨床検査技師のズバリ!将来性は?

臨床検査技師のズバリ!将来性は?

高度化する医療技術に対応して、臨床検査の進歩も著しく、病院を始めとする医療機関では、非常に多くの検査が日々実施されています。こうした臨床検査は、現代医療に欠かせない存在で、臨床検査技師の果たす役割はより重要になっています。
さらに、臨床検査技師の活躍の場も増える傾向にあり、医療系企業や動物病院などからの求人が増えているといいます。現在は供給過多などで、就職がやや厳しい状況ですが、将来は改善が期待されています。

現状は余る傾向にある

現在、臨床検査技師は余る傾向にあり、就職がやや厳しい状況にあることは否めません。近年、臨床検査機器が飛躍的に発達したことによって、これまで人手に頼っていた検査も自動化され、臨床検査技師の雇用が厳しくなってきたという背景があります。臨床検査技師と合わせて、細胞検査士や超音波検査士、微生物検査士など、より高度で専門的な資格を取得するなど、対策が必要になっているようです。

検査項目の増加

医療機関で行われる検体検査は、現在、1700項目を超えるといわれ、さらに毎年、多くの新規検査が導入されています。こうした先進の検査に対応するとともに、検査結果を的確に診断や治療に生かすため、専門的に解釈するという業務が、臨床検査技師の仕事になりつつあるといいます。

予防医学の発展

予防医学への関心は高まる一方ですが、今後さらに、癌検診をはじめとする生活習慣病の検診など、健康な人を対象とした検査の頻度が増え、その重要度が増していくといわれています。
例えば、臨床検査技師が取得できる資格である細胞検査士の業務は、癌かそうでないか、腫瘍の種類を診断(判断)する仕事で、責任も重く、よりやりがいがあるといわれます。

動物医療の分野へも

最近、大手の動物病院では、動物医療用の検査に力を入れているところが増えています。犬や猫などのペットを家族の一員と考える人が多く、その要望にこたえるべく、ペットの健康管理や病気治療のために臨床検査を実施するケースが増えているのです。動物医療における臨床検査は、今後まだまだ広がっていく可能性があり、臨床検査技師としての活躍の場を広げるものと考えられます。

全国のオススメの学校

関連する仕事の将来性もチェックしよう

臨床検査技師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路