• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 臨床検査技師
  • 志望動機を教えて!
臨床検査技師の志望動機を教えて!

臨床検査技師の志望動機を教えて!

臨床検査技師は、医療にかかわり、非常に専門性が高い仕事を行います。ミスをすると命にかかわる可能性があり、強い志望動機が求められます。また、臨床検査技師を養成する専門学校に入ると、いわゆるつぶしが利かず、職業の選択も狭められるため、高校卒業時の進路決定には、将来を見据えた学校選びが重要になります。

自分や家族の病気治療がきっかけ

かつて自分や家族の誰かの、交通事故などの怪我や病気による入院経験などから、臨床検査技師の仕事に触れ、その医療的な意義や役割に共鳴したことが志望動機になる人が多いといいます。経験に即した動機なので、簡単に忘れることのない思いとなり、強い志望動機につながります。

病院の裏方として

臨床検査は、病院内ではあまり目立たない仕事ですが、縁の下の力持ちとしての存在が、自分に合っていると考える、まじめな性格の人が臨床検査技師を志望する傾向もあります。ただし、ひとりでコツコツというのではなく、「チーム医療」がキーワードとなっている現在、協調性やコミュニケーション能力があるかなど、志望動機を広げて考えてみる必要がありそうです。

予防医療に寄与する

予防医療への関心は高まる一方ですが、その中心として活躍するのが臨床検査技師です。病気をなくす、病気を予防する、早期に病気を発見することが、健康な生活を送ることにつながり、そのことが社会貢献となる仕事として、臨床検査技師を志望する人も増えています。

新薬の開発に携わる

病気の特効薬となる新薬の開発は、とても夢のある仕事で、薬剤師などの専門分野に思われますが、臨床検査技師も臨床開発モニター(CRA)として、深く携われる仕事です。治験実施の企画から運営、治験の終了までにかかわり、新薬の開発に寄与することができます。ただし、CRAは非常に狭き門で、高度な知識とスキル、強い志望動機が必要になります。

全国のオススメの学校

関連する仕事の志望動機もチェックしよう

臨床検査技師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路