• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 埼玉医科大学
Photo

私立大学/埼玉

サイタマイカダイガク

高い倫理観と豊かな人間性を備えた、優れた臨床医や保健医療技術者を育成

生命への深い愛情と理解と奉仕に生きる、自らが考え、求め、努め、以て自らの生長を主体的に展開し得る、優れた臨床医や保健医療技術者を目指します。

埼玉医科大学の特長

学校の特長1

6年一貫教育の「医学部」/医学部並みの医学・医療を学ぶ「保健医療学部」

現代の医療に求められるキーワードは、「患者さま中心」「チーム医療」「公開性・透明性を維持した仕組み」です。こうした新しい医療の精神や医療の仕組みがわかる医師・医療従事者・医療技術者を育成するには、伝統的な教育体制やカリキュラムだけでは困難です。本学医学部では、「講座制」の壁を取り払った『臓器別統合講義』や「考える学習態度」を養う『PBL(問題基盤型学習)』を取り入れた6年一貫教育を行い、新しい医療に求められるコミュニケーション能力を育てます。また、保健医療学部では、医学部並みの医学・医療の基本を学びます。その上で実技を重視したカリキュラムを組み、高い専門性を持つ医療技術者(医療人)を養成しています。

学校の特長2

最先端医療を行っている3つの埼玉医科大学病院群で充実した実習!

医療技術者は、知識だけでは仕事になりません。本当に活躍できる医療人になるには、充実した実習が不可欠です。ですからどんな実習を行うか、どんな実習先を確保しているかは、受験生が大学を選ぶときの最も重要な基準の一つといえます。本学は、特定機能病院として最先端の医療を施している設備と人員を揃えた大学病院が3つもあります。例えば、「総合医療センター」内の総合周産期母子医療センターは、産科医療の最後の砦として関東全域から患者さまを受け入れています。以前、ここで働く先輩の活躍がテレビで紹介されましたが、実習はまさに最先端医療が行われる施設で実施しており、現場で奮闘する先輩が指導してくれます。

学校の特長3

グループ施設で学び、グループ施設へ就職する総合医療大学ならではの環境!

医学部と保健医療学部の臨床(臨地)実習は、日高キャンパスにある国際医療センターをはじめ、埼玉医科大学病院(毛呂山町)、総合医療センター(川越市)の3つの埼玉医科大学病院群のほか、丸木記念福祉メディカルセンターなどの関連施設で行います。これらの施設は、高度で専門性の高い医療設備が整っており、最新の医療・看護が学べる環境であることが最大の特長です。また、有力な就職先ともなっており、多くの卒業生がそれぞれの職種に就き、活躍しています。

右へ
左へ
学校の特長1

6年一貫教育の「医学部」/医学部並みの医学・医療を学ぶ「保健医療学部」

現代の医療に求められるキーワードは、「患者さま中心」「チーム医療」「公開性・透明性を維持した仕組み」です。こうした新しい医療の精神や医療の仕組みがわかる医師・医療従事者・医療技術者を育成するには、伝統的な教育体制やカリキュラムだけでは困難です。本学医学部では、「講座制」の壁を取り払った『臓器別統合講義』や「考える学習態度」を養う『PBL(問題基盤型学習)』を取り入れた6年一貫教育を行い、新しい医療に求められるコミュニケーション能力を育てます。また、保健医療学部では、医学部並みの医学・医療の基本を学びます。その上で実技を重視したカリキュラムを組み、高い専門性を持つ医療技術者(医療人)を養成しています。

学校の特長2

最先端医療を行っている3つの埼玉医科大学病院群で充実した実習!

医療技術者は、知識だけでは仕事になりません。本当に活躍できる医療人になるには、充実した実習が不可欠です。ですからどんな実習を行うか、どんな実習先を確保しているかは、受験生が大学を選ぶときの最も重要な基準の一つといえます。本学は、特定機能病院として最先端の医療を施している設備と人員を揃えた大学病院が3つもあります。例えば、「総合医療センター」内の総合周産期母子医療センターは、産科医療の最後の砦として関東全域から患者さまを受け入れています。以前、ここで働く先輩の活躍がテレビで紹介されましたが、実習はまさに最先端医療が行われる施設で実施しており、現場で奮闘する先輩が指導してくれます。

学校の特長3

グループ施設で学び、グループ施設へ就職する総合医療大学ならではの環境!

医学部と保健医療学部の臨床(臨地)実習は、日高キャンパスにある国際医療センターをはじめ、埼玉医科大学病院(毛呂山町)、総合医療センター(川越市)の3つの埼玉医科大学病院群のほか、丸木記念福祉メディカルセンターなどの関連施設で行います。これらの施設は、高度で専門性の高い医療設備が整っており、最新の医療・看護が学べる環境であることが最大の特長です。また、有力な就職先ともなっており、多くの卒業生がそれぞれの職種に就き、活躍しています。

右へ
左へ
学校の特長1

6年一貫教育の「医学部」/医学部並みの医学・医療を学ぶ「保健医療学部」

現代の医療に求められるキーワードは、「患者さま中心」「チーム医療」「公開性・透明性を維持した仕組み」です。こうした新しい医療の精神や医療の仕組みがわかる医師・医療従事者・医療技術者を育成するには、伝統的な教育体制やカリキュラムだけでは困難です。本学医学部では、「講座制」の壁を取り払った『臓器別統合講義』や「考える学習態度」を養う『PBL(問題基盤型学習)』を取り入れた6年一貫教育を行い、新しい医療に求められるコミュニケーション能力を育てます。また、保健医療学部では、医学部並みの医学・医療の基本を学びます。その上で実技を重視したカリキュラムを組み、高い専門性を持つ医療技術者(医療人)を養成しています。

学校の特長2

最先端医療を行っている3つの埼玉医科大学病院群で充実した実習!

医療技術者は、知識だけでは仕事になりません。本当に活躍できる医療人になるには、充実した実習が不可欠です。ですからどんな実習を行うか、どんな実習先を確保しているかは、受験生が大学を選ぶときの最も重要な基準の一つといえます。本学は、特定機能病院として最先端の医療を施している設備と人員を揃えた大学病院が3つもあります。例えば、「総合医療センター」内の総合周産期母子医療センターは、産科医療の最後の砦として関東全域から患者さまを受け入れています。以前、ここで働く先輩の活躍がテレビで紹介されましたが、実習はまさに最先端医療が行われる施設で実施しており、現場で奮闘する先輩が指導してくれます。

学校の特長3

グループ施設で学び、グループ施設へ就職する総合医療大学ならではの環境!

医学部と保健医療学部の臨床(臨地)実習は、日高キャンパスにある国際医療センターをはじめ、埼玉医科大学病院(毛呂山町)、総合医療センター(川越市)の3つの埼玉医科大学病院群のほか、丸木記念福祉メディカルセンターなどの関連施設で行います。これらの施設は、高度で専門性の高い医療設備が整っており、最新の医療・看護が学べる環境であることが最大の特長です。また、有力な就職先ともなっており、多くの卒業生がそれぞれの職種に就き、活躍しています。

右へ
左へ

埼玉医科大学からのメッセージ

一般入試後期ネット出願のお知らせ! 出願期間:平成 30 年2月 7 日(水)~ 2 月 19 日(月)(郵送必着) 対象学科:看護学科・臨床検査学科・臨床工学科・理学療法学科 インターネットによる出願です!URLをご確認ください!
http://www.saitama-med.ac.jp/hoken/exam/guidelines.html

(2/6更新)

埼玉医科大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

臨床工学技士

坂下 浩太さん

大学病院の臨床工学技士として「臨床・研究・教育」のすべての分野に力を注いでいま…

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

●2017年度納入金 【医学部】医学科:882万円(保護者会支部会費が別途必要) 【保健医療学部】看護学科/臨床検査学科/医用生体工学科/理学療法学科:184万6370円

就職・資格

就職支援

豊かな知識と高い倫理観、確かな技術が、より良い就職の実現につながります

何より、臨床医や保健医療技術者になるという固い意志を持つこと。そして、大学が提供するカリキュラムにしたがって、豊かな知識と確かな技術を修得しましょう。本学では優れた教員による指導と最先端医療現場での実習により、国家試験に合格し、高い倫理観と豊かな人間性を備えた臨床医や保健医療技術者として活躍する未来を支援しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

保健医療学部事務室

(医学部問合せ先は、本学HP参照)

〒350-1241 埼玉県日高市山根1397-1
TEL:042-984-4801

所在地 アクセス 地図・路線案内
毛呂山キャンパス : 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 「東毛呂」駅から路線バス 5分
「毛呂」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内

日高キャンパス : 埼玉県日高市山根1397-1 「高麗川」駅から路線バス 約10分
「東毛呂」駅から路線バス 15分

地図

 

路線案内

川角キャンパス : 埼玉県入間郡毛呂山町川角981 「坂戸」駅南口からスクールバス 約20分
「東毛呂」駅からスクールバス 約10分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年02月05日 10:19

    在校生の声! 所属学部・学科:保健医療学部・看護学科 S・Mくん 入学年度:2015年度 高校の時の得意科目:生物・国語 趣味:バイク Q:将来の夢は何ですか?いつ頃から、どんなきっかけでその夢を描いたのですか。 A:中学2年生の頃から看護師を目指し始めました。 親戚に看護学生がいたため看護師が身近な存在であり、勉強しているところや就職して働いているところを見て、自分自身も患者さんの為に力になりたいと思い、目指しました。 Q:大学の魅力はどんなところですか。 A:学校と同じ敷地内に、実習先である埼玉医科大学国際医療センターがあることが魅力です。また、自然に囲まれているため都会にはない遊び方が出来ることや先輩後輩関係なく仲が良く、ともに勉強に励み、お互いを高め合うことが出来ることはとても魅力があると思います。 Q:入学前と入学後で想像していた以上に良かったことはなんですか。 A:友人達の看護に対しての気持ちが熱く、真剣に勉強に取り組んでいるため、自分自身もやる気も高められます。また、他学科との交流もあるため友達の数が増えコミュニケーション力も高められました。学科を越えて行う合同講義もあるため、学生の頃からチーム医療を身近に感じることが出来ることも想像以上に良かったです。実習先が近いため、大学のロッカーで着替えをして、実習先に行くことが出来るのもとても便利です。 Q:高校生へのメッセージをお願いします。 A:大学に入学したら沢山楽しいことが待ち受けています。高校生の皆さんには、やらなければいけないこと、今やるべきことをきちんと考え、真剣に取り組み、必死に夢を追って欲しいです。後悔の無いように高校生活を過ごしてくださいね。

  • 2018年02月05日 10:18

    在校生の声! 所属学部・学科:保健医療学部・看護学科 Y・Tさん 入学年度: 2017年度 高校の時の得意科目: 化学 趣味:アメフト観戦 Q:将来の夢は何ですか?どんなきっかけでその夢を描いたのですか。 A:看護師を目指しています。身内が病気になり亡くなったことがきっかけで、高校1年生の頃から看護師を志望しました。 Q:この学校に入学した決め手はなんですか。 A:自ら進んで声をあげればやりたいことが出来ると思ったからです。見学をした際に施設も整っており先生と学生の距離が近いと感じたこともきっかけの一つです。 また、大学院への進学実績があり、専門看護師の資格を取ることができる可能性が高いことも決め手になりました。将来的に、国際医療センターで専門看護師としてがん看護に携わりたいと思っています。 Q:大学の魅力はどんなところですか。 A:些細なことでも先生方がとても親身になって対応してくださるのでとても頼りになります。また、実習室の設備ではベッドが沢山あり、学生3~4名に1台割り当てられるため、非常に密度の濃い実習を行う事ができるところも魅力です。 Q:入学前と入学後で想像していた以上に良かったことはなんですか。 A:講義の中で理解できなかった部分は改めて質問をしに行けば、理解するまできちんと教えてくれるところです。また、大学には解剖学実習室があり、実際に解剖標本を見ることが出来るため教科書のみで学ぶ以上の知識を得ることが出来る点です。 Q:高校生の時にしておけばよかったことは何ですか。 A:英語の勉強を早い時期から取り組めばよかっです。苦手意識を持つことで、学ぶ意欲が湧かず身につくものも身につき辛くなると思うからです。苦手なものにも向き合う気持ちが必要だと思いました。 Q:高校生へのメッセージをお願いします。 A:入学前から看護師の仕事は素敵だと思っていましたが、入学してから実習や講義を受けていくなかで改めて看護師は素敵な職業だと実感しました。 高校生の皆さんが今やっている勉強は自分の将来を目指すために役立つ筈ですので、頑張って取り組んでください。

  • 2018年02月05日 10:00

    在校生の声! 所属学部・学科:保健医療学部・看護学科 S・Tさん 入学年度:2017年度 高校の時の得意科目:英語 趣味:スポーツ観戦 Q:将来の夢は何ですか?どんなきっかけでその夢を描いたのですか。 A:看護師になることが将来の夢です。祖母の影響を受けたということもありますが、高校1年生の時に身内が病気で倒れてしまったことがあり、そのことがきっかけで人の役に立つ、人を助ける仕事をしたいと思いました。 Q:この学校に入学した決め手はなんですか。 A:大学の見学をした際に、学内の設備がとても充実していることに驚きました。また、附属の病院が3つもあり、キャンパス内に病院が併設されているため、実習に行く際にとても便利だと感じたので決めました。 Q:入学前と入学後で想像していた以上に良かったことはなんですか。 A:入学前は授業の雰囲気や看護の技術を覚えられるかなど不安なこともありましたが、入学後、実際に授業を受けると、技術の授業では側に先生がいてくれるため、困った時にはすぐに確認することが出来ますし、アドバイスも沢山くださいます。先生との距離が近く感じることはとてもよかったです。 Q:高校生の時にしておけばよかったことは何ですか。 A:大学に入学してから感じたことは、化学と物理の基礎の部分をしっかり取り組んでおけばよかったと思いました。どんなこともそうですが、基礎の上に応用が成り立っていると思うので、基礎をしっかり身に付けた方がいいと思います。 Q:高校生へのメッセージをお願いします。 A:大学受験をする方は勉強が大変だと思いますが、自分の将来を考え、悔いのないように頑張ってください。困難を乗り越えた先には楽しい大学生活が待っています。充実した時間が送れると思います。

  • 2018年01月18日 10:14

    在校生の声! 所属学部・学科:保健医療学部・医用生体工学科(現:臨床工学科)N・Sさん 入学年度: 2016年度 高校の時の得意科目:数学 趣味:写真を撮ること Q:将来の夢は何ですか?どんなきっかけでその夢を描いたのですか。 A:臨床工学技士になることが一番の夢です。高校3年生の時に将来を考えていく中で、色々な大学のオープンキャンパスに参加していく中で、臨床工学技士を要請する学科を見つけ興味を持ったことがきっかけです。 Q:この学校に入学した決め手はなんですか。 A:埼玉医科大学には大学から遠くない場所に附属の病院が3か所もあり、実習先となっています。大学によっては、一部の実習で受け入れ先不足により遠方まで行かなければならない場合があるため、その点では日高キャンパスに国際医療センターが隣接しており便利で通いやすいと思いました。また、オープンキャンパスなどで先生方と直接話した際にとても親しみやすく雰囲気が良かったためこの学校で勉強したいと思いました。 Q:大学の魅力はどんなところですか。 A:医用生体工学科(現:臨床工学科)では、学生に対して先生の人数が多いため、手厚くフォローしてくださり、分からないことも質問しやすいです。また、臨床工学技士として現場で活躍されていた経験豊富な先生が6名いらっしゃるため、実際の臨床現場における貴重な話を聞くこともできます。さらには自然豊かな環境であるため、空気が澄んでいるところも魅力です。 Q:入学前と入学後で想像していた以上に良かったことはなんですか。 A:大学の先生は雲の上の存在のようなイメージでしたが、いざ先生方と話しをするととても優しい先生ばかりです。些細なことでも相談でき想像以上に先生との距離が近いと思いました。また、学内の実習では2~4名で機器を操作できるため、思っていた以上に操作訓練できる時間があります。 Q:高校生の時にしておけばよかったことは何ですか。 A:高校時代の勉強では苦手な教科がいくつかありましたが、少しでも苦手を減らしておけばよかったと反省しています。今は、高校時代の反省を踏まえ苦手なものをなくすように努力しています。また、学年が上がるとレポート作成など増えていくため、高校時代にもっと沢山遊んでおけばよかったです。 Q:高校生へのメッセージをお願いします。 A:受験生の皆さんは日々受験勉強していると思います。焦れば焦るほど覚えられなくなっていくと思います。メリハリをつけて時には息抜きをして気持ちをリセットして受験勉強に励んで頑張ってください。

  • 2018年01月18日 10:12

    在校生の声! 所属学部・学科:保健医療学部・臨床検査学科 T・Sくん 入学年度: 2015年度 高校の時の得意科目:数学・現代社会 趣味:音楽鑑賞 Q:将来の夢は何ですか?どんなきっかけでその夢を描いたのですか。 A:昔はパイロットや電車の運転士になりたいと思っていましたが、自分の進路に迷っていた際に、当時の進路指導の先生に相談したところ臨床検査技師という仕事を紹介されました。この仕事について調べたところ国家資格でもあり、手に職をつけることもでき、人の役に立つことが出来る仕事だと思い目指しました。 Q:この学校に入学した決め手はなんですか。 A:他大学や専門学校にも学校見学を行い比較したところ、附属の病院が3つもあり、病院で実際に使われているものと同じ機材が学内の実習室に備わっているなど、設備がとても充実していたため、埼玉医科大学への入学を決めました。 Q:大学の魅力はどんなところですか。 A:魅力は3つあります。1つ目として、日高キャンパスの食堂は2箇所あり、それぞれの食堂では学生だけではなく、医師や臨床検査技師、その他のコメディカルなどの他職種の方たちも利用しているため、交流を持つことが出来ます。2つ目は実際に病院の現場で働いている技師の先輩が来校し、直接学ぶ機会が多くあることです。現場での話など聞くことにより、具体的にイメージを膨らませることが出来ることも魅力です。3つめは他学科の学生との交流が多くあることです。新入生のオリエンテーションから始まり、一部の授業や課外学習プログラム、部活動やサークル活動、学園祭やオープンキャンパスアルバイト等積極的に参加することで、仲間も増え学生のうちからチーム医療の一端を学ぶこともできるところです。 Q:入学前と入学後で想像していた以上に良かったことはなんですか。 A:学内での実習では少ない機材を複数の学生で使用するかと思っていましたが、そんなことはなく顕微鏡であれば一人一台使用することが出来るため、実習から数多くの事が得られるのでとてもよかったです。 Q:高校生の時にしておけばよかったことは何ですか。 A:科目でいえば、生物と化学と英語をより深く学んでおいて損はないと改めて思いました。臨床検査技師ではより生物・化学の深い知識を学び関わっていくため、基礎知識の情報量を増やしていけばよかったと感じます。また、英語については医療英語を用いる場合があるので多少は高校生のうちから英語に親しんでいたほうがいいと思います。 Q:高校生へのメッセージをお願いします。 A:高校生の今のうちに沢山勉強し知識を身に付けることにより、大学での勉強の基礎を作ることになると思います。高校時代に得た知識を大学に入ってからフルに活用していくためにも、勉強は大変だと思いますが後々後悔しないためにも今を精一杯頑張ってください。努力は裏切りませんし、必ず報われます。

埼玉医科大学(私立大学/埼玉)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    幅広い教養と人間性を身につけた、医療・福祉分野で活躍できるスペシャリストを育成

  • Photo

    2017年4月、理学療法学科を開設!基礎教育を重視し、実践力のある理学療法士を育成。

  • Photo

    臨床工学技士・診療放射線技師・臨床検査技師・看護師・理学療法士などを目指せる

  • Photo

    “国家資格取得”、“医療人として第一線で活躍する”という目標を叶える大学

  • Photo

    現代社会のニーズに応える「生命科学」の総合大学

  • Photo

    実習・演習を重視した少人数教育で、医療・健康分野のスペシャリストを目指す

  • Photo

    ヘルスフードサイエンス学科(食品健康科学)開設。食・栄養・医療の特色ある教育を展開

  • Photo

    医・薬・理・看護の4分野が有機的な連携をはかる、自然科学系の総合大学

  • Photo

    医療福祉を専門とする総合大学のパイオニア

  • Photo

    「一滴の水の大切さがわかる医療人へ」

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路