• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 臨床検査技師
  • 仕事内容
臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師の仕事内容

医療機関において、臨床検査スタッフとして、血液や尿、便、痰などを調べる検体検査と、心電図や脳波測定などの生理機能検査を実施するのが主な仕事です。
また、医療機器メーカーなどにも臨床検査技師の資格と経験を生かした仕事があり、専門家として営業担当者をサポートする、アプリケーションスペシャリストという業務が注目されています。
なお、広範囲におよぶ検査項目などは、勤務する病院や検査センター、企業などによってさまざまです。

法律に定められている

臨床検査技師の業務は、臨床検査技師等に関する法律に定められており、「臨床検査技師は、医師又は歯科医師の指示の下に、①微生物学的検査 ②血清学的検査 ?血液学的検査 ④病理学的検査 ⑤医動物学的検査 ⑥生化学的検査 ⑦生理学的検査(厚生労働省令で定めるもの)を行うことを業とする」とされています。
①~⑥までは検体検査で、⑦が生理機能検査といわれるものです。

検体検査

採血による血液検査をはじめ、尿や便、鼻水、痰、膿などを採取して、決められた項目の検査を行う。
検体検査については、臨床検査技師の独占業務ではありませんが、実際にはほとんどの場合、臨床検査技師が行う仕事となっています。

生理機能検査

患者や検査に訪れた人の身体を直接調べるもの(生体検査)で、心臓、肺、腹部、脳、神経、筋肉、血管、耳などの生理反応や機能をグラフ化、画像化して診断する検査です。
その種類は数多く、心電図などの循環器系検査、脳波や筋電図をとる脳神経検査、心臓や腹部の動きを調べる超音波(エコー)検査、肺機能検査、動脈硬化検査、サーモグラフィー、聴覚検査、睡眠時無呼吸検査など。

アプリケーションスペシャリスト(営業サポート)として

医療機器メーカーで、臨床検査の専門家として働きます。自社の医療機器の使用を検討している病院やクリニックなどの医療機関において、製品の説明や実演などを行う仕事です。

全国のオススメの学校

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

臨床検査技師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路