• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 診療放射線技師
  • ズバリ!将来性は?
診療放射線技師のズバリ!将来性は?

診療放射線技師のズバリ!将来性は?

全国のオススメの学校

予防医療の重要性や高齢化社会の拡大に伴い、放射線を利用した高度な検査・治療が多くの医療機関で求められています。放射線機器を導入する医療機関も増えており、診療放射線技師の仕事の場も広がっていくと予想されます。
また、現在は男性が多いですが、検査・治療をする際に、同性の技師にお願いしたいという患者からのニーズも多いことから、女性の診療放射線技師がますます活躍できるでしょう。高度な知識や技術も求められることから、年齢を問わず続けられる仕事です。

予防医療に貢献できる分野

高度化する医療において、がんなどの病気を未然に防ぐ予防医療や、早期発見・早期治療が求められ、放射線技術もますます高度化・専門家することが予想されます。また、高齢化社会の拡大にともない、医療の需要が増加し、診療放射線技師が携わる検査や健康診断がますます重要視されていきます。このような状況をふまえると、診療放射線技師の活躍の場は広がっていくと言えるでしょう。

女性の診療放射線技師も求められている

近年では「ピンクリボン運動」(乳がんの早期発見・早期診断・早期治療)が各地で行われていることもあり、エコー検査やマンモグラフィー(乳房X線検査を)行う人が増えています。こうした動きの中、同性の技師に検査をしてほしいという女性の患者の声も多くなっており、女性の診療放射線技師のニーズが高まっています。また、がん検診などの一般的な検査や治療においても、女性の技師が求められており、それぞれの患者のニーズにこたえられるような、きめ細やかな対応も切望されています。

年齢問わず、長く続けられる仕事

資格があれば全国どこでも仕事ができるため、ライフステージの変化に伴いUターンやIターンをした場合でも、仕事をみつけやすい職業です。また、高い専門性が求められるので、経験を積んだベテラン技師の需要も多く、年齢問わず長く続けられる仕事のひとつです。

診療放射線技師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路