• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • 川崎医療福祉大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療技術学部
  • 健康体育学科

川崎医療福祉大学 医療技術学部 健康体育学科

定員数:
80人

適切な運動処方と実技指導のできる運動指導者、学校で健康教育に関わる教員を育てる

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 救急救命士

    救急車の中や救急現場で救急救命処置を行うスペシャリスト

    心肺機能が停止状態になった重症患者に対する救急処置を、救急車の中などで、医師と連絡をとりながら行う仕事。従来は医師でなければ行えなかった処置が、平成3年の救急救命士法によって、救急隊員が行えるようになった。現在のところ、各地の消防本部に消防官に採用されることが条件。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 養護教諭

    生徒の心身を支える、身近なカウンセラー的存在

    主として小・中・高校に配属される「保健の先生」。年間の保健計画に沿って、身体検査や保健教育などを行い、学校内の救急処置や生徒の健康管理と保健指導、健康相談、環境衛生、にあたる。保健室は、子供たちの「心の居場所」になっているケースが多く、いじめや学業などに関する心の問題や、ストレスを抱える子どものカウンセラーでもある。

  • 特別支援学校教諭

    特別支援学校や小・中学校の特殊学級などで、障害についての理解をもとにそれぞれの教科を教える教員

    視覚障害や聴覚障害、知的発達障害、肢体不自由など、なんらかの障害によって通常の学校で勉強するのが困難な生徒のための学校(幼稚園から高校まで)で教科指導を行う。また、一般の小・中学校でも、特殊学級などで特別な支援を必要とする子どもたちの指導を行う。それぞれの障害の特徴や困難さを理解した指導が必要になるので、通常の教員免許とは別に「特別支援学校教諭免許状」も必要である。教員免許を取得する前に所定の単位を履修して取得するのが一般的だが、教員になったあとに講習などを受けて取得することも可能。

  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツ種目や、健康運動の指導を行う

    主にスポーツクラブなどの運動施設で、健康運動やスポーツ種目のスクール運営・レッスンを行う。(スポーツクラブの実例が多い運動種目の例として多いスイミング、ゴルフ、テニスなど)スポーツ種目以外にもフィットネスクラブのスタジオやプールなどでエアロビクス・アクアビクスやヨガなどのグループエクササイズのレッスン運営をメインの業務としているスポーツインストラクターを、クラブスタッフは「インストラクター」として呼称していることが多い。(フィットネスインストラクターなどと呼ばれることもある)運動に関わる職種には、トレーニング指導や身体の機能調整(コンディショニング)を主に行う「(スポーツ)トレーナー(=アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー)」があるが、近年ではスタジオやプールでのグループエクササイズ指導と兼業して、パーソナルトレーナーとしてトレーニング指導を提供しているインストラクターも増えている。他にもランニングやウォーキングの他、ダンスやアウトドアスポーツなどの指導を行う職業もインストラクターとして分類されるが、ここではスポーツクラブまたはフィットネスクラブでの活動を軸に活動しているスポーツインストラクター(=フィットネスインストラクター)を中心に紹介する。

  • 体育教師

    授業や課外活動でスポーツの指導をする

    児童・生徒に陸上競技、球技、水泳など様々なスポーツの指導や、体の仕組み、応急処置などの知識を教える。積極的に運動を楽しむこころを育てるとともに、適度な運動で健康な体をつくることをめざす。中・高等学校では運動部の顧問として活躍することも多い。

初年度納入金:2022年度納入金 170万円 

川崎医療福祉大学 医療技術学部 健康体育学科の学科の特長

医療技術学部 健康体育学科の学ぶ内容

個々人の運動能力や、環境に適した「健康づくり」を指導するための知識と実践力を修得する
健康学・体育学・医学の専門領域を軸に科学的な健康・体力づくりの推進役として、個々の身体機能や生活環境を考慮した適切な運動処方と実技指導のできる運動指導者、健康教育に関わる教員を養成します。2022年4月から新たに「救急救命士養成コース」を開設し、救命救急医学領域の充実を図り、救急救命士の育成を行います。

医療技術学部 健康体育学科のカリキュラム

指導モデルや資格取得対策など、学生の進路を多面的にサポート
運動指導系、学校教育系、社会健康系の3つの指導モデルを設定し、専門性を養うとともに学生の進路に応じた教育を行っています。また、養成校の認定を受けている健康運動指導士の資格、中学校・高等学校教諭一種免許状と養護教諭一種免許状の同時取得も可能。公務員試験に対しても積極的な支援を行っています。

医療技術学部 健康体育学科の先生

学生の進路に対応した、多角的な現場を想定した実践力を構築する教員
授業をはじめ実習を担当する先生の中には、川崎学園の附属病院で活躍する医療スタッフや中・高校教員経験者がおり、豊富な臨床経験をもとに実際の現場での対応や判断、医療人・職業人としての姿勢を伝えています。高度化・複雑化が進む社会を知る教員によるきめ細かな指導で、現場で活きる知識とスキルを修得します。
  • point こんな先生・教授から学べます

    運動指導に携わる教育者の姿を自ら体現。学生の気づきを促し、身体を動かすことの楽しさを伝えられる教員に

    中川先生は「保健体育科教育法A・B」や「運動学実技」などの授業を担当。保健体育科の基本的な概念から実践まで、幅広い視野をもって指導ができる教員の養成をめざしています。授業を行う中で、先生が特に心がけていることは、体験を通した気づきや学び、そして身体を動かすことの楽しさを学生が実感…

    川崎医療福祉大学の先生

医療技術学部 健康体育学科の実習

豊富な実習により、知識を現場で活かす実践力を育む
「運動処方演習実技」では、生活習慣病の予防・改善を目的とした運動プログラムを作成するための知識と、プログラムをもとに指導を行う技能を修得し、健康増進施設などで実際にプログラムを実践します。遠泳・キャンプ・スキーなどの指導法を学ぶ合宿形式の実習も実施。コミュニケーション能力や協調性を養います。

医療技術学部 健康体育学科の学生

  • point キャンパスライフレポート

    すべての生徒が学校生活を「心から」楽しめる環境を作れる体育教員に

    教員免許や健康運動指導士など、健康・体育に関する資格を多くめざせるほか、遠泳、キャンプ、スキー実習などユニークなカリキュラムに惹かれました。仲間とともに成し遂げる経験を通して協調性が身につく環境です。

    川崎医療福祉大学の学生

医療技術学部 健康体育学科の卒業後

健康を指導できる人材として学校や医療機関、地域社会などで幅広く活躍
学校の保健体育および養護教諭、病院の運動指導員、地域社会のスポーツトレーナーなど健康指導の分野で、数多くの卒業生が活躍しています。また、消防や警察など医学知識が必要な公務員となる道もあります。それらの道に進む学生も含め、就職率は100%(就職者数63名/2021年3月卒業生)と高実績を挙げています。

医療技術学部 健康体育学科のイベント

地域に貢献するボランティア活動もかけがえのない学びの場
学内のグラウンドやプールを開放し、倉敷市と連携した中高年向けのスポーツ教室や、自閉症児を対象とした水中運動教室など、様々なボランティア活動を行っています。学生が自ら運動プログラムなどを作成して実施。地域住民や子どもたちとの触れ合いを通して、指導者に求められる人間性も身につけることができます。

川崎医療福祉大学 医療技術学部 健康体育学科の学べる学問

川崎医療福祉大学 医療技術学部 健康体育学科の目指せる仕事

川崎医療福祉大学 医療技術学部 健康体育学科の資格 

医療技術学部 健康体育学科の取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【保健体育】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【保健体育】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【保健】<国> (一種) 、
  • 養護教諭免許状<国> (一種) 、
  • 特別支援学校教諭免許状<国> (一種(肢体不自由者・病弱者)) 、
  • 第一種衛生管理者<国> 、
  • 社会福祉主事任用資格

医療技術学部 健康体育学科の受験資格が得られる資格

  • 救急救命士<国> (必要科目履修による。選抜による人数制限あり)

医療技術学部 健康体育学科の目標とする資格

    • 健康運動指導士 、
    • 健康運動実践指導者

川崎医療福祉大学 医療技術学部 健康体育学科の就職率・卒業後の進路 

医療技術学部 健康体育学科の就職率/内定率 100 %

( 就職者数63名 )

医療技術学部 健康体育学科の主な就職先/内定先

    消防(岡山市、倉敷市、高梁市、瀬戸内市、東京都)、警察(岡山県、大阪府、島根県)、行政(玉野市、総社市、備前市)、愛媛県教育委員会(保健体育)、国家公務員(中国地方整備局)、笠岡第一病院、岡山スポーツ会館、岡山ふれあい公社、昭和町健康管理センター、伊藤スイミングスクール、遊プラザテニススクール、岡山スバル自動車、JFE西日本ジーエス、WORK SMILE LABO ほか

※ 2021年3月卒業生実績

主な進学先/香川大学大学院

川崎医療福祉大学 医療技術学部 健康体育学科の入試・出願

川崎医療福祉大学 医療技術学部 健康体育学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
TEL 086-464-1004

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県倉敷市松島288 「中庄」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内


川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT