• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 健康・スポーツ
  • スポーツインストラクター
  • 仕事内容
スポーツインストラクターの仕事内容

スポーツインストラクターの仕事内容

フィットネスクラブやスポーツクラブなどで、複数の利用者を対象にトレーニングやエクササイズの方法を指導するのがスポーツインストラクターの仕事です(これに対してマンツーマンの指導・ケアを行う仕事はパーソナルトレーナーと呼ばれます)。利用者の目的や体力、健康状態はさまざまなので、それぞれに合ったトレーニングメニューを提案し、一人ひとりに目を配りながら指導やサポートをします。施設にもよりますが、ウェイトトレーニング、ダンス、ヨガなど一人で多様な種目を指導することも。元気なあいさつや声かけなども大切な役割の一つです。

トレーニングメニューの作成・提案

「シェイプアップした美しい体を作りたい」「運動不足気味だから健康維持のために無理なくトレーニングを続けたい」「結婚式が近いから短期間でダイエットしたい」など、フィットネスクラブやスポーツクラブを利用する人たちの目的はさまざま。最初に施設を訪れたお客さまに対しては、まず目的や現在の運動習慣などを聞き、体重・体脂肪率・筋肉量といった数値を測定したうえで、相手の希望も踏まえてトレーニングメニューを作成・提案します。利用者が通い始めてからは、定期的に数値の変化をチェックしながら、必要に応じてトレーニングの負荷を高めたり、異なるメニューを提案したりします。

トレーニングの指導

施設ごとに違いはありますが、フィットネスクラブやスポーツクラブで提供しているトレーニングは、専用の機器を使ったマシントレーニング、バーベルやダンベルを使うフリーウェイトトレーニング、エアロビクスやヒップホップなどのダンス、ヨガやピラティス、水泳やプールの中で行うエクササイズなどが代表的。このほか、格闘技の動きを採り入れたエクササイズなど新しいトレーニングメニューも増えています。スポーツインストラクターは、特定の分野を専門的に教えるケースもありますが、個々の能力・経験や会社・施設の方針によっては、一人で複数の種目を担当することも。トレーニングに入ったら、最初はマシンや道具の使い方、トレーニングの方法について指導。ダンスやヨガなどはスポーツインストラクター自身がお手本としてやってみせることもポイントです。その後は、一人ひとりの利用者が、正しい動きができているか、無理をしていないかなどを確認しながら、随時必要なアドバイスをします。

ケガの予防や応急処置

ケガの予防のためにはトレーニング前のストレッチが大切。トレーニングメニューに合わせた適切なストレッチの指導も仕事の一つです。また、しっかり予防するのでフィットネスクラブでのケガは実際にはあまり多くはないのですが、起きてしまったときにはアイシングなどの応急処置を行います。

元気でさわやかな接客

長く通い続けてもらうためには、一人ひとりの利用者とのコミュニケーションが大切。利用者のモチベーションを高めるような元気でさわやかなあいさつや声かけなどもスポーツインストラクターに求められる役割です。


取材協力/東京スポーツ・レクリエーション専門学校

全国のオススメの学校

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

スポーツインストラクターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路