• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 健康・スポーツ
  • スポーツインストラクター
  • 必要な試験と資格は?
スポーツインストラクターの必要な試験と資格は?

スポーツインストラクターの必要な試験と資格は?

スポーツインストラクターになるために特定の資格を必ず取得していなければならないということはありません。ただし、専門性の養成や就職の際のアピールに活かせることもあり、就職前または就職後に何らかの資格を取得する人は多いです。スポーツインストラクターの仕事に関連する資格は数多くの団体が実施しています。代表的なのは健康運動実践指導者など。また、NSCA認定パーソナルトレーナーをはじめとするスポーツトレーナー系の資格も有効です。そのほか、ヨガや水泳など種目別の資格も多数あります。

資格取得が就職や評価で有利に働く

スポーツインストラクターは、学校の先生や医師、看護師のように特定の資格取得が必須とされている仕事ではありません。ただし、人の健康や体作りにかかわる責任ある仕事なので、正しい専門知識を習得していることは必要。そのため、さまざまな団体が資格試験を実施しており、何らかの資格を取得しているスポーツインストラクターが多いです。また、会社によっては、特定の資格を指定して、取得を推奨したり、給与の評価に反映させていたりするところもあります。

健康運動実践指導者

健康作りを目的として作成された運動プログラムに沿ってトレーニングを指導するために必要な知識を認定する資格です。主催は公益財団法人健康・体力づくり事業財団。講習会を受講するか、養成校で養成講座を受講した後、認定試験を受験します。人の体や運動、栄養などに関する理論・知識に関する筆記試験に加え、体力測定の方法、ウォームアップ、クールダウン、ストレッチ、ダンス、水泳・水中運動などの指導能力も実技試験で問われるため、スポーツインストラクターにとっては非常に関連性の深い資格といえます。

NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)

NSCAジャパンが実施するパーソナルトレーナーの国際資格です。パーソナルトレーナーとは、契約した相手に対してマンツーマンでエクササイズ指導を行う仕事。そのために必要な医学的・運動生理学的知識やトレーニングの指導に関する専門知識が問われます。パーソナルトレーナーとスポーツインストラクターの仕事内容は共通する部分が非常に多く、この資格を取得しているインストラクターも少なくありません。また、フィットネスクラブではマンツーマンのプログラムもあるため、仕事の幅を広げるうえでもプラスです。

JATI認定トレーニング指導者資格(JATI-ATI)

運動プログラムの作成やトレーニング指導に関する専門知識を認定する資格。特別非営利活動法人日本トレーニング指導者協会が主催しています。

全国のオススメの学校

関連する仕事の必要な試験と資格もチェックしよう

スポーツインストラクターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路