• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 同志社女子大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 学芸学部
  • メディア創造学科

私立大学/京都

ドウシシャジョシダイガク

メディア創造学科(2018年4月名称変更予定)

募集人数:
120人

進化する情報メディア社会の中で豊かなコミュニケーションと自己表現を創造する

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 映像プロデューサー

    予算や質的管理など番組全体の制作総括責任者

    テレビ番組などで、番組の企画立案をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理するのが仕事。テレビ局や番組制作会社に入社するとアシスタントから始まり、ディレクター、プロデューサーと役割が徐々に大きくなっていく。

  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • 広告プランナー

    商品などを売り出すためのアピール方法を企画する

    商品や企業イメージなどをその時代や流行、消費者ニーズを考えながら、どのように広告していけばいいのか企画するのが仕事。イメージ作りはもちろん、デザイナーやコピーライターを集めたり、どの時期にその媒体に広告を打つと効果が高いかなども考えながら仕事を進める。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 156万3000円 

学科の特長

学ぶ内容

2018年度より「メディア創造学科」と名称変更し、さらなるバージョンアップをはかります
幅広い知識とメディアを活用できる技術を身につけ、修得した技術を駆使できる人材の育成を行ってきた情報メディア学科が2018年度より「メディア創造学科」へと学科名称を変更(予定)し、さらなるバージョンアップをはかります

カリキュラム

自由度の高いカリキュラムと少人数による実践的かつ対話型の授業を展開します
「創造性・問題解決能力の涵養」を明確に意識した教育を行い、「アート」「デザイン」「マスメディア」「エンターテインメント」「テクノロジー」などを学べる自由度の高いカリキュラムが特徴。本格的な動画、静止画の撮影や編集が可能な演習室やスタジオを設置し、少人数による実践的かつ対話型の授業を展開します

実習

第一線で活躍するクリエイターから実践的に学ぶワークショップを定期的に開催しています
映像編集、ポートフォリオ作成、シナリオ・演出、アニメーション制作、サウンドといった多彩なジャンルにおいて、各方面のクリエイターを迎えてワークショップを定期的に開催しています。楽しく体験しながら学ぶことで、スキルはもちろん企画・立案からプレゼンテーションまでの手法と、豊かな表現能力を磨きます

卒業後

情報化社会が求める人材は、メディアプロデューサーをはじめ多岐にわたります
放送、マスコミ、広告、出版、映像といったメディア関連企業はもちろん、一般企業の企画・広報・情報部門や高等学校教員(情報)、ソフトウェア関連など、さまざまなジャンルに進路がひろがります。総合職として活躍する卒業生やマルチメディアクリエイター、グラフィックデザイナーとして活躍している卒業生などもいます

施設・設備

多様な機器を備えた演習室やスタジオは、技術の習得やコンテンツ作成など実践的に利用できます
基本的技術の習得からマルチメディアコンテンツの作成まで、実践できる演習室を4部屋設置。また、本格的な照明設備を誇る映像スタジオや、プロジェクトルーム、工作室も併設しています。これらの施設・設備は、授業時間以外でも、映像や音楽の編集などの課題制作のために使用することができます
専門スタッフが制作活動をサポートしてくれる「メディアサポートセンター」
「メディアサポートセンター(msc)」は、授業のアシストをはじめあらゆる制作活動を専門スタッフがサポートする技術支援センター。課題制作に関する質問や相談ができるほか、ビデオカメラや録音機器など500台以上の機材の貸出しも行っています。mscのギャラリーでは、国内外の著名作家の作品や学生の作品を展示しています

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (一種) 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 学芸員<国> 、
  • 社会福祉主事任用資格 、
  • NPO日本教育カウンセラー協会認定ピアヘルパー 、
  • ウェブデザイン実務士 、
  • 司書<国>

上級情報処理士 
日本語教員養成課程修了証

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 98.3 %

( 就職希望者数118人、就職者数116人 )

主な就職先/内定先

    三菱東京UFJ銀行 、 三井住友銀行 、 みずほフィナンシャルグループ 、 三井住友海上火災保険 、 日本生命保険 、 USEN 、 トランス・コスモス 、 TIS 、 関電システムソリューションズ 、 高見 ほか

※ 2015年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒610-0395 京都府京田辺市興戸
TEL.0774-65-8811(広報部入学課)
examstaff@dwc.doshisha.ac.jp(広報部入学課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
京田辺キャンパス : 京都府京田辺市興戸
(京田辺キャンパス)
「興戸」駅から徒歩 10分
「同志社前」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

同志社女子大学(私立大学/京都)