• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大分県立芸術文化短期大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音楽科

公立短期大学/大分

オオイタケンリツゲイジュツブンカタンキダイガク

音楽科

募集人数:
65人

音楽の歓びが、未来を輝かせる原動力。4つのコースで技・知・感性を磨き、音楽の世界を探求

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

目指せる仕事
  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • ピアニスト

    感情をのせながらピアノを奏でる

    自分の感情をのせながらメロディを奏でていく。数々のコンクールなどで優勝し、プロのピアニストとしてコンサートを開いたり、オーケストラやバンド等に所属して活躍する場合もある。

  • 歌手・ボーカリスト

    歌で人を感動させる。めざすジャンルは様々。

    歌の基礎を学び、オーディションに応募して合格し、本格的なボーカルトレーニングを受けて、デビューとなる。素質や実力に加えて、運や時代感覚も必要。また、クラッシック、ジャズ、ロックなどどんなジャンルを専門にするかによってもそのプロセスはちがってくる。

  • ブライダルプレイヤー

    結婚式を演奏で盛り上げる

    結婚式でピアノ、電子オルガンなどの楽器演奏をする。入場、退場やケーキ入刀、花束贈呈など式の進行に合わせたBGM以外に、出席者の披露する出し物の伴奏なども担当。演奏技術はもちろん幅広いレパートリーとアレンジ力、その場の雰囲気に応じて臨機応変に対処するサービス精神が必要だ。

  • 楽器演奏者

    楽器の高い演奏技術をもち、音楽を創り上げる

    コンサートや楽曲のレコーディングの際に、楽器を演奏する。ジャンルはクラシック音楽やジャズ、ロックなどさまざま。ソロで演奏したり、バンドやオーケストラのメンバーや、レコーディングスタジオのミュージシャンとなって楽器を演奏する。楽器演奏の技術に加え、その楽器をよい音色で奏でるための理論と、楽曲に関する幅広い知識をあわせ持てば、音楽学校の講師として働く道もある。

  • 作曲家

    どんな曲づくりも、オリジナリティやセンスが必要

    歌謡曲などのメロディーに重点をおいた曲作りをするソングライタータイプや、映画やラジオ、TVのテーマ音楽やCMを手がける仕事の場合もある。自作をレコード会社や音楽出版に売り込みデビューのチャンスをつかむ。クラッシックやオーケストラなどの曲づくりはさらに専門性が必要。

  • 楽器インストラクター

    専門の楽器について、演奏技術を教える

    ポピュラーやジャズ、クラシックなどさまざまな教室があるが、初心者からプロ志向の人向きまでそれぞれのレベルに応じた指導をする仕事。これらの教室は、従来の基礎から入る指導から、個人の希望を取り入れる方向に変わってきている。そこで生徒の希望を取り入れつつ、専門的な知識と技術を教えなければならない。

  • 音楽教師

    音楽に親しむ喜びを教え、豊かな心を育てる

    児童・生徒に歌うこと、楽器を弾くこと、名曲を聴くことなどを通して、音楽に親しむ喜びを教える。学校教師の場合、音楽の時間だけでなく地域との交流、合唱の発表会、クラブ活動などで果たす役割も大きい。また個人で教室を開く場合もある。

  • 楽器店員・店長

    ピアノ、ギターなどの楽器や音楽に関する広く深い知識が求められる

    ピアノ販売店、ギターショップなどの楽器店で楽器や楽器に関連する道具・アクセサリーなどを販売する仕事。楽器店を訪れる顧客は初心者からプロのミュージシャン・演奏家までさまざま。初心者には、楽器の選び方や扱い方に関するアドバイスが求められ、一方で、プロの専門的な質問にも対応しなければならないので、楽器や音楽に関する広く深い知識が必要とされる。自分自身も演奏の経験があるとプラスだ。店長は仕入れや売り上げの管理、店舗スタッフの管理なども大切な役割。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

初年度納入金:2017年度納入金 66万9200円~78万2000円  (入学金 大分県内生16万9200円、大分県外生28万2000円を含む)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

【声楽コース】【ピアノコース】【管弦打コース】技術・教養・知力をバランスよく獲得
【声楽コース】では2年間、歌唱表現能力を磨き、外国語の正しい発音や意味の理解も深めます。【ピアノコース】は個人レッスンで技術・耳・感性を磨き、他楽器とのアンサンブルや伴奏も経験。【管弦打コース】は経験豊富な教授・講師陣による1対1の授業や、オーケストラ・室内楽・吹奏楽でコミュニケーション力も高めます。
【音楽総合コース】2018年度新設のコースで総合的に音楽を学ぶ!
演奏(声楽/器楽)・作曲・指揮の3分野から一つと、音楽理論(おもに楽曲分析)を組み合わせて総合的に音楽を学びます。また、音楽理論のみの選択も可能です。どの分野を選択してもオーケストラ・吹奏楽・合唱に参加することができます。

先生

多才な教員陣による、丁寧で的確な指導が自慢
コース・楽器・分野ごとに、日本や世界で広く活躍してきた教授・講師陣が指導に当たってくれます。さらに、客員教授や非常勤講師まで含めると、驚くほど指導者に恵まれた環境です。加えて、特別講座や公開レッスンでは世界的に活躍する著名な音楽家を招き、貴重なレッスンを受けることができます。

クチコミ

「学費がリーズナブルなので、少ない負担で音楽を学べる!」
「音楽を学ぶ」というと学費が高そうですが、公立短大ならではの学費設定が大きな魅力です。音楽科のある国公立大学よりも安く、私立大学と比べると約1/3~1/5とリーズナブル。学費の負担が少ないので、安心して勉学に励むことができます。レッスン内容や学びは高いレベルで学ぶことができます。

施設・設備

たっぷり練習して力を伸ばせる、充実した練習・学習環境
個人(グループ)用の練習室は27室設置され、全学年に平等に振り分けられるようにもなっています。朝7時から夜9時まで使用できるので、自宅で音を出せない人も安心です。また、附属図書館には楽譜やCD等(8000枚)が充実しています。

イベント

1回の舞台経験は100回の練習に勝る! 本格的な舞台経験の機会が豊富です
学生たちにできるだけ多く、本格的なステージで演奏する機会が与えられます。年に1度の定期演奏会や成績優秀者・オーディション合格者による「若さあふれるコンサート」のほか年8回の演奏会を開きます。最新音響システムを誇る「iichiko音の泉ホール」での演奏経験は貴重な体験です。さらに、地域巡回演奏会も行います。

募集学科・コース

  • 声楽コース

  • ピアノコース

  • 管弦打コース

  • 音楽総合コース (2018年4月設置予定)

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【音楽】<国> (二種)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒870-0833  大分県大分市上野丘東1-11
TEL 097-545-0542

所在地 アクセス 地図・路線案内
大分県大分市上野丘東1-11 JR「大分」駅下車、徒歩20分
JR「大分」駅前から大分バスで上野下車、徒歩4分

地図

 

路線案内


大分県立芸術文化短期大学(公立短期大学/大分)