• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ミュージシャン・演奏家
  • ピアニスト
  • ズバリ!将来性は?
ピアニストのズバリ!将来性は?

ピアニストのズバリ!将来性は?

全国のオススメの学校

ピアニストは、いつの時代もクラシック曲に込められた芸術性を追求してきました。その芸術性にあふれた演奏に魅せられたクラシック愛好家も多く、リサイタルやコンサートに足を運び続けています。このため、ピアニストのニーズが急激に減ることはないでしょう。
一方で、中堅クラスのピアニストは仕事のかけもちもいとわない積極性が必要です。昼はピアノ教室で生徒を指導し、夜はバーで演奏を披露するといった生活ですが、このようにかけもち仕事をすることで長くピアニストを続けることができます。セッションミュージシャンとして働くピアニストの中には、サポートしていたバンドの人気上昇に伴い、ピアノ演奏のレコーディングが決定した人もいるようです。

いつの時代も演奏で人々を魅了してきた

ピアニストという職業で生活を成り立たせるのは、容易なことではありません。
多くのピアニストの中から頭角を現してソリストまで昇りつめることができるのは、ほんのひと握りといわれます。それでもピアニストのニーズが急激に減るようなことはないでしょう。特にクラシック曲は、各時代のピアニストたちが楽曲に込められた芸術性を追求し続けています。その成果を確かめるため、そして名演奏を聴きにクラシック愛好家の人たちはリサイタルやコンサートに訪れます。生演奏ではなくても、テレビのCMや音楽の授業、映画のBGMなど日常生活でふと耳にする楽曲に自然と惹かれることは多く、そうした楽曲を美しい演奏で表現するピアニストの需要がなくなることはないと思われます。

かけもちで働く

ピアニストとして生活するには、仕事のかけもちもいとわない積極性が必要になります。
ピアノ講師として生徒を指導しながら、コンサートにも出演する、昼間はイベントや結婚式披露宴の会場で、そして夜はレストランやバーでピアノを披露するなど、仕事をかけもちして生計を立てている人は多いようです。仕事の前には準備することも多く、体力的には厳しくなりますが、このようにかけもちで仕事をすることで長くピアニストを続けることができます。一方でピアノのセッションミュージシャンがライブのサポートメンバーに呼ばれたところ、そのバンドの人気が急上昇したためピアニストの認知度も上がり、ピアノ演奏のレコーディングが決まったというケースもあります。積極的に演奏できるチャンスをつかんでいくことで、誰かの耳に自分の演奏を届けることができ、それが次の仕事につながることもあるようです。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

ピアニストを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路