• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ミュージシャン・演奏家
  • ピアニスト
  • なるには
ピアニストになるには

ピアニストになるには

全国のオススメの学校

リサイタルなどで活躍するピアニストになるための王道は、音楽大学に進学してピアノ科を専攻することです。
在学中にピアノ演奏の技術、楽曲を理解する力、表現力などを磨き、国内外で開催されるコンクールに参加して優秀な成績を収めると、プロのピアニストになるチャンスが高まります。
ジャズピアニストやセッションミュージシャンを目指す場合は、レストランやバーで演奏活動を行いながら修練に励む、尊敬するプロミュージシャンに師事する、技術の高いほかの楽器のプレイヤーとセッションを重ねるなど、さまざまな方法でテクニックを向上させることが必要です。演奏力の評価が高まれば、音楽事務所や有名ジャズプレイヤーなどから声がかかり、人間関係も広がっていくでしょう。

音楽大学に進学

音楽大学に進学するには、段階を踏んで準備することが必要です。多くのピアニストが幼いころからピアノを弾き、自宅でも練習可能な環境にあるようです。そして、音大受験まで高名なピアノ講師に師事したりして練習を重ねます。音楽大学に進学してピアノを専攻するのがピアニストになるための王道と言えます。

コンクールで優秀な成績を収める

国内外で開催されるコンクールに参加し、優秀な成績を収めると、プロのピアニストになるチャンスが高まります。
世界三大コンクールと称されているのは、「フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール」「チャイコフスキー国際コンクール」「エリザベート王妃国際音楽コンクール」です。これらのコンクールの参加者には、すでにプロとして演奏活動を行っているピアニストも含まれているため、レベルが高く、上位にランクインするだけでも国内外から大きな注目を集めます。特に5年に一度しか開かれないショパンピアノ国際コンクールは、世界中が注目するコンクールです。このコンクールで上位入賞すれば、大手音楽プロダクションなどから契約の話がもち込まれることもあるようです。

技術を磨いてファンを獲得する

ジャズピアニストやセッションミュージシャンを目指す場合は、まず技術を磨くことが優先になります。
レストランやバーで演奏活動を行いながら修練に励む、尊敬するプロミュージシャンに師事する、技術の高いほかの楽器のプレイヤーとセッションを重ねるなど、さまざまな方法でテクニックを向上させます。こうした地道な活動を継続しながら固定ファンを獲得し、演奏会の開催へと結びつけるピアニストもいます。また、動画投稿サイトを活用して演奏を披露し、知名度を上げる方法もあります。演奏力の評価が高まれば、音楽事務所や有名ジャズプレイヤーなどから声がかかったりして人間関係も広がります。その後の展開は自分次第のところも大きいので、どんなプレイヤーになって、どんな仕事をしたいのかを自分の中で確立しておくことも大切です。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

ピアニストを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路