• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ミュージシャン・演奏家
  • ピアニスト
  • やりがいを聞いてみよう
ピアニストのやりがいを聞いてみよう

ピアニストのやりがいを聞いてみよう

全国のオススメの学校

聴衆を前にピアノ演奏を披露し、歓声やアンコールを求める拍手などを受けたとき、ピアニストは大きな充実感を味わうようです。
世界各国から気鋭のピアニストが集まるコンテストで高度な演奏力を披露し、その技術や表現力が認められて優秀な成績を収めることも、ピアニストにとってのやりがいになっているようです。また、長きにわたって練習を積んできた曲をリサイタルやライブ会場で思い描いたどおりに弾けたときにも、ピアニストとしての満足感を覚えるそうです。

聴く人に喜んでもらう

リサイタルやライブ会場に集まった聴衆を前に自分のピアノ演奏を披露し、曲が終わるごとにたくさんの拍手をもらえたとき、ピアニストは大きな充実感を味わうそうです。また、アンコールを求める拍手や歓声が挙がったときにも、演奏家としての喜びを実感するようです。

コンクールで優秀な成績を収める

国内外で多くのピアノコンクールが開催されており、これからの活躍が期待される若手ピアニストの登竜門になっています。
世界的に有名なコンクールには、「フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール」や「チャイコフスキー国際コンクール」などがあります。こうしたコンクールは、演奏家としての優れた技術に加えて、演奏曲に対する理解度なども問われるため、長い時間をかけて音楽を学んできたピアニストにとっては、挑戦しがいのあるものとなっています。世界各国から気鋭のピアニストが集まって競い合うため、入賞するだけでも大きな価値があり、ニュースは世界に向けて発信されます。こうしたコンクールを取り巻く環境も、やりがいにつながっているのは間違いないと言えそうです。

技術の向上を実感する

ピアニストは、ある曲の一節を何度も繰り返して練習することがあるそうです。
はた目には、「なぜそんなに同じことを繰り返すのか」と思いがちですが、少しでも上手に弾きたい、技術を向上させたいという一心で、同じ箇所を繰り返し練習するのだそうです。リサイタルやライブ会場でその曲を思い描いたとおりに演奏できたとき、トレーニングを欠かさなかった努力が報われたと感じ、ピアニストとしての満足感を味わうようです。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

ピアニストを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路