• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ミュージシャン・演奏家
  • ピアニスト
  • 気になる?年収・給料・収入
ピアニストの気になる?年収・給料・収入

ピアニストの気になる?年収・給料・収入

全国のオススメの学校

ピアニストの年収に関しては公的な資料がありません。ピアニストの主な収入源は、リサイタルやコンサートの出演料で、音楽事務所と契約するような有名ピアニストの場合、1回の出演料は30万円以上と言われます。1回の出演料が100万円を超えるのは、単独リサイタルを開催できるようなごく一部のソリスト(独奏者)に限られるようです。伴奏ピアニストの出演料は、1回5~20万円と幅があります。しかし、バレエやミュージカルなどの大がかりなツアーに同行すると大きな金額が支払われるため、舞台の伴奏ピアニストはとても人気があるそうです。音楽教室で講師を務めるピアニストの場合、業務契約を結んでフルタイムで出勤すると、月給は25万円程度になるようです。

コンサート活動を中心とした場合の年収

ピアニストの年収は公的な資料がありませんが、リサイタルやコンサートの出演料などからある程度推察することはできます。事務所とマネジメント契約を結ぶような有名ピアニストの場合、1回の出演料は30万円以上と言われ、多い人は年間20回以上のコンサートを開催します。ごく一部のソリストは1回の出演料が100万円を超えるとも言われます。ただ、こうした出演料は定期的な収入というわけではないので、生活を安定させるためにコンクールの審査員、クラシック音楽の曲目解説、ピアノに関するコラム執筆といった副業を行うピアニストもいます。

コンサート以外の収入

伴奏ピアニストの出演料は、1回5~20万円と幅があります。バレエやミュージカルなどの伴奏ピアニストとして同行する場合は、ツアーの規模に応じてギャランティが支払われます。年間公演ともなると大きな金額になるため、舞台の伴奏ピアニストはとても人気があるそうです。昼間はイベントや結婚式などで演奏し、夜はバーでもピアノ演奏するといったようにかけもちで仕事をするピアニストもいるようです。

ピアノ教室の講師

ピアノ教室で講師を務めるピアニストもいます。音楽大学受験を目指す生徒を指導できる技術があれば、1時間あたりのレッスン料は1~2万円と言われます。業務契約を結んでフルタイムで出勤すると、月給は25万円程度になるようです。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

ピアニストを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路