• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 音楽・音響・イベント
  • 作曲家
  • やりがいを聞いてみよう
作曲家のやりがいを聞いてみよう

作曲家のやりがいを聞いてみよう

全国のオススメの学校

自作曲を多くの人の聴いてほしいというのは、すべての作曲家の願いです。さまざまなメディアを通じて楽曲が全国に広がったとき、作曲家は大きな達成感を味わうようです。
そうした楽曲がヒットチャートをかけ上がれば、作曲家に多くの著作権印税(楽曲が何らかの形で使用されるときに、著作権をもつ人に支払われる対価のこと)がもたらされることもあります。優れた楽曲にふさわしい収入が得られると、曲作りにかけた情熱や苦労が報われるとともに、作曲家という仕事のやりがいを再確認するようです。また、歌は多くの人に影響を与えます。自分の作った楽曲が聴く人の心の奥底まで届くのは作曲家にとっての大きなやりがいであり、喜びでもあるのです。

自分が作った曲が全国に広がる

自分の作った曲をできる限り多くの人に聴いてほしいというのは、すべての作曲家が願うことです。
ヒットチャートを賑わす、何らかの音楽賞を受賞する、あるいはCM曲が大きな話題を呼んでさまざまな番組に取り上げられるなど、その楽曲の広がり方はさまざまですが、より多くの人に聴いてもらっていることを実感したとき、作曲家は大きな達成感を味わうようです。

制作した曲がドラマや映画の内容に合っていた

作曲家がドラマや映画、ゲームなどに曲を提供した場合、どんな仕上がりになったのか、完成品を見るまでわからないことが多いそうです。
自分の目でその内容を確かめて、狙い通りの作品に仕上がっているのを確認した時、作曲家は大きな達成感を覚えるようです。

大きな収入を得る

音楽CDが売れないといわれる昨今ですが、それでも1年に何枚かのシングルCDは大きなヒットになっています。
また、爆発的なヒットではなくても、100位までのチャートに長くとどまり続けるロングセラー作品もあります。そうした曲を作って印税契約を結んでいた場合、作曲家には大きな収入がもたらされます。すべての作曲家が金儲けだけのために曲作りをしているわけではありませんが、優れた楽曲にふさわしい対価が得られると、曲作りにかけた情熱や苦労が報われるとともに、作曲家という仕事へのやりがいを再確認できるようです。

聴く人に勇気を与える

「歌は世につれ 世は歌につれ」という言葉があります。「歌は世の中の成り行きとともに変化し、世の中のあり方も歌の流行に影響される」といった意味で、歌は世の中の人たちにさまざまな影響を与えています。あるときは逆境にあえぐ人を励まし、悲しみにくれる人を勇気づけることもあるでしょう。また、夢をもつことの大切さ、友情や家族愛の深さを訴えかけることもあるでしょう。自分の作った楽曲がこのように人の心の奥底まで届き、多くの影響を与えることができるのは作曲家にとっての大きなやりがいであり、喜びでもあるのです。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

関連する仕事のやりがいもチェックしよう

作曲家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路