• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 音楽・音響・イベント
  • 作曲家
  • なるには
作曲家になるには

作曲家になるには

作曲家には、音楽に関する高度な知識が必要です。音楽系の大学や短大、専門学校などで音楽に関する知識や技術を深く学んだうえで作曲家を目指すとよいでしょう。
作曲家として活動するには、音楽系の事務所や芸能プロダクションに社員として就職する、フリーランスとして活動する、という2つの方法があります。フリーランスの作曲家は、作曲コンクールやオーディション、コンペティション(応募された複数の作品の中から一番良いものを選択する)などに応募して優秀な成績を収める、完成したデモンストレーション音源(デモ音源ともいい、本格的な録音の前に、仮に録音したもの)を音楽事務所などに持ち込む、インターネットの動画投稿サイトなどを利用して音源を披露する、インディーズで歌手・バンド活動を行いファンの獲得を目指すといった方法があり、さまざまなチャレンジを繰り返すなかからチャンスをつかみ取ることが大切です。

音楽の知識・技術を学ぶ

作曲家には、音楽に関する高度な知識が必要です。また、作曲方法にはピアノやギターなどの楽器を使う、DTM(デスクトップミュージック)などのコンピュータソフトを使用するといった方法があり、いずれもさまざまな技法が開発されています。作曲家を目指すのであれば、音楽系の大学や短大、専門学校などで、音楽に関する知識や技術を深く学ぶとよいでしょう。

音楽系の事務所に就職する

音楽事務所や芸能プロダクションに作曲家として就職するケースもあります。採用試験では、複数の作品の提出を求められることが多いようです。採用後は、事務所の方針に従って曲作りを行います。社員として雇用されている期間中に経験を積み、制作した作品が世間からの注目を集めることに成功すると、フリーランスとして独立する道が開けてきます。

フリーランスとして活動する

レコード会社の作曲コンクールやオーディション、コンペティション(応募された複数の作品の中から一番良いものを選択する)などに応募して優秀な成績を収め、実力が認められると、フリーランスの作曲家として活躍する道が開けてきます。
このうちコンペは、曲のイメージや企画(誰に歌わせるかなど)がすでに決まっているものもあり、その趣旨に合わせた曲作りが求められます。オーディションは、書類とデモンストレーション音源(デモ音源ともいい、本格的な録音の前に、仮に録音したもの)による一次選考を経て、二次選考ではスタジオで歌唱や演奏を披露することもあります。こうした場所で曲作りのセンスを認められると、作曲家としてデビューするチャンスが広がります。このほか、完成したデモ音源を音楽事務所などに持ち込む、インターネット動画投稿サイトなどを利用して音源を披露する、インディーズで歌手・バンド活動を行いファンの獲得を目指すといった方法もあります。コンクールやオーディションに合格しなくても、現在は制作した音源を披露するメディアがたくさんあるので、あきらめずにチャレンジを続けることも大事です。

全国のオススメの学校

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

関連する仕事のなる方法もチェックしよう

作曲家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路