• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 福岡
  • 福岡女子短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小野 まありさん(文化教養学科/地方公務員)

窓口では、適切かつスムーズな案内を心掛けています

先輩の仕事紹介

地域の皆さまに信頼していただける窓口業務を行うため、日々知識を蓄えています!

地方公務員
文化コミュニケーション学科 卒(2018年4月より文化教養学科に名称変更)/2018年卒
小野 まありさん

この仕事や研究の魅力・やりがい

現在、吉富町役場の住民課で住基・戸籍の担当をしています。住民票の発行や届け出の手続きなど、窓口業務が主な仕事です。やりがいを感じるのは、窓口で接客している際に、お客様からの質問に的確に答えられたり、様々な手続きをスムーズに案内できたりした時です。日々、地域の方々があらゆる用事で来訪される役場だからこそ、どんなときにも適切かつスムーズな案内できるよう、お客様の声に耳を傾けるのはもちろん、日頃から様々な知識を蓄えることを大切にしています。

学校で学んだこと・学生時代

図書館司書を目指し、短期大学で司書資格が取得できる福岡女子短期大学に入学しました。司書としての基本的な知識に加え、実践的なスキルを身に付けるため図書館サポーターとしても活動。授業での学びやサポーターとして身に付けた知識の応用のため図書館実習に行き、司書資格取得に努めました。学生時代は、本に関することに対して貪欲だったと思います。「もっと図書館に関することが知りたい!」という気持ちで入った図書館サポーターでは、毎月の選書はもちろん、自分が紹介したい本を5分間でプレゼンテーションするビブリオバトルや、音楽とコラボした読み聞かせ、図書館キャラクターの作成など、多くの貴重な体験をさせていただきました。

学生時代の貴重な経験は、今の仕事に活きています

分野選びの視点・アドバイス

電話応対などを学ぶビジネスマナーの授業やPCの基本操作を学ぶ授業は、現在も必要な内容ばかりなので、学べてよかったと実感しています。公務員対策用のカリキュラムが組まれていることも将来を考える上で大きな利点でした。また、サークル活動や図書館実習など、様々な人と関わる中で、コミュニケーションの大切さを学ぶこともできました。現在の仕事でもお客様と接する機会が多いので、学生時代に学んだことを活かし、積極的なコミュニケーションを行っています。

コミュニケーションの重要性は学生時代に学びました!

小野 まありさん

吉富町役場勤務/文化コミュニケーション学科 卒(2018年4月より文化教養学科に名称変更)/2018年卒/福岡県立青豊高等学校出身。2018年4月より吉富町役場に勤務。住民課で住民票の発行や届け出の手続きなどを担当し、窓口業務に勤しんでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

福岡女子短期大学(私立短期大学/福岡)
RECRUIT