• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 新潟
  • 日本自然環境専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 自然環境保全科

日本自然環境専門学校 自然環境保全科

定員数:
30人

人と自然の共生をめざし、生物の生態系や自然環境の保全・再生を実践できる人材を育成します

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学とは、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組む学問です。「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。したがって、学校によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。まずは環境科学の概要をつかみ、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • レンジャー(自然保護官)

    国立公園の自然を守り、適切な利用をすすめる

    自然公園法に基づく国立公園内でのホテルや道路施設などの開発許可申請の適否について審査するのがレンジャーの仕事。利用者への自然保護の解説、野生生物の保護なども大切な仕事だ。なるには、国家公務員試験にパスし、環境省に採用される以外にレンジャーになる道はない。

  • 林業

    山や森林から木を切り出し、木材として取引きする

    山に入り、必要な種類の木を育て、また、山から木を切り出して出荷、取引きをする。木は、切り続けるだけでは無くなってしまうだけでなく、自然環境にも影響をおよぼす。そのため最近では、森林計画や造林事業などを計画作成し、治山や林道調査・設計をする専門技術員も出てきている。

  • 森林インストラクター

    自然とのつきあい方を教える

    樹木や草花、動物の生態に通じ、森に遊びに来る人と大自然との橋渡しをする。自然の中で行われるイベント、キャンプ、シンポジウムなどで活躍する。現状ではボランティアとしてやる人たちが多い。

  • 環境保全エンジニア

    公害防止や環境保全に関わる

    自然環境の保全に関わる。メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大別できる。

  • 環境アセスメント調査員

    地域開発が自然に与える影響を事前に調査する

    道路開発や、工場建設など大規模事業を行う前に、環境への影響を調査・予測・評価する。現地の川や雑木林などの利用状況、またそこにいる生物の生息状況などを調査する。事業計画が環境に著しく影響を及ぼすと判断した場合、それを回避するための提案も行う。

  • 環境コンサルタント

    環境保全活動などへの助言・指導を行う

    環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対する助言や指導を行う。また、自治体の環境政策、企業の環境アセスメントなどをどうすすめればいいか考え、企画、調査、事業の管理を行うこともある。

  • ビオトープ管理士

    地域の生態系を守り、復元・創出

    ビオトープとは「地域の野生生物が生息・育成する空間」の意味。ビオトープ事業は、地域の自然生態系を守り、本来その地域にあった多様な自然を復元・創出する事業のこと。この考えに基づき行政、環境コンサルタントや土木、造園会社等で、知識、評価能力、技術を持って活躍する人をビオトープ管理士という。

初年度納入金:2021年度納入金 114万円 
年限:2年制

日本自然環境専門学校 自然環境保全科の学科の特長

自然環境保全科の学ぶ内容

自然環境を守る知識を基礎から身につけます
自然環境が破壊されていく現代社会では、自然再生や保全の知識、技術を持った人材の必要性が高まっています。本科では野生生物の基本的な知識や調査方法に加え、野生生物をとりまく水や大気などの調査・分析方法をフィールド実習で実践的に学びます。さらに本校の所有する森林実習場では森林の管理・再生技術を学びます。

自然環境保全科の授業

自然環境の保全・再生技術を実践!身につく知識と技術
自然環境を保全するためには、まず現在の環境がどのような状態であるかの調査が必要です。そのためには、生物の基礎知識や生物と環境との関わり=生態系を学び、その上で自然環境を保全する方法を学びます。環境を再生するためには土木や林業の知識・技術も必要ですが、現場での実習によって技術をしっかりと身につけます。

自然環境保全科の実習

新潟の多様な自然環境をフィールドとした野外実習
2年間を通して行う野外実習は、新潟の多様な自然環境をフィールドとしています。毎回変わる実習先でその環境に住む動植物の見分け方や調査方法を学びます。環境復元実習では、ビオトープ池の管理を行ったり、林業実習では本校が所有する森林実習場で樹木の伐倒を行ったりと、教科書だけでは取得できない技術を取得します。

自然環境保全科の学生

出身地も年齢も様々な学生たち。J-ecoでしか出会えない仲間がいる
最近では北海道や東北地方、関東・中部地方、四国、九州など日本全国から学生が集まっています。また、高校からの進学者だけでなく、短大・大学・大学院を卒業してからもう一度自然環境を学びたいという既卒者や社会人も多数で、J-ecoの授業内容が高く評価されています。

自然環境保全科の卒業生

環境の現場で活躍する先輩たち
環境省のレンジャーや林野庁の森林官、東京都レンジャー、各国立公園のアクティブレンジャーとして活躍する他、環境調査会社や環境分析会社、林業、森林組合連合会など自然環境に関する幅広い分野で卒業生が活躍しています。
  • point 先輩の仕事紹介

    きっかけとなった「浚渫」作業に関わる日々。安全で美しい自然環境を守るため、周りに支えられながら働いています。

    現在は、信濃川の中に溜まった土砂を重機で掘る、浚渫(しゅんせつ)作業に関わっています。気象状況や資材搬入などの把握のほか、作業員同士が接触することのないように作業スケジュールを組んだり、日々の進捗報告とやることはたくさん。プロジェクト期間は2年ありますが作業や場所が毎日変わるので…

    日本自然環境専門学校の卒業生

自然環境保全科の施設・設備

駅に近い本校舎と充実した実習施設が魅力!
2018年に完成した弁天橋実習棟では、採取した動植物の観察・見分けを行う講義室や水質を測定する実験室、重機の操作練習ができる実習室、製材・加工が行える木工工作室などを完備。豊富な実践実習が可能です。他にも宿泊施設を備えた森林研修センターや新潟駅徒歩1分の本校舎など、学びに適した環境がそろっています。

日本自然環境専門学校 自然環境保全科の学べる学問

日本自然環境専門学校 自然環境保全科の目指せる仕事

日本自然環境専門学校 自然環境保全科の資格 

自然環境保全科の目標とする資格

    • ビオトープ管理士 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 、
    • キャンプインストラクター 、
    • 日商PC検定試験 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス

    生物分類技能検定
    eco検定(環境社会検定)
    造園技能士<国>
    小型車両系建設機械
    アドビ認定アソシエイト(ACA)
    フォークリフト運転技能者<国>
    チェーンソー・刈払機取扱安全衛生講習 ほか

日本自然環境専門学校 自然環境保全科の就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

環境省、林野庁、環境調査、林業、森林管理、木材加工・生産、造園、建築・土木 ほか

日本自然環境専門学校 自然環境保全科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒950-0086 新潟県新潟市中央区花園1-3-22
TEL 025-247-0011
info@caretech.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市中央区花園1-3-22 「新潟」駅から万代口を出て徒歩 1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

日本自然環境専門学校(専修学校/新潟)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路