• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 早稲田速記医療福祉専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療秘書科

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定の養成施設/東京

ワセダソッキイリョウフクシセンモンガッコウ

早稲田速記医療福祉専門学校 医療秘書科

定員数:
120人 (全コース合計で120人)

専門学校で日本初の医療秘書教育をスタート。医療機関の事務員として医師や看護師をサポートするプロになれます。

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    情報学とは、社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問です。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。

  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    看護学は、看護の方法を、理論と実践の両面から探究する学問であるといえます。分野は人の発達段階によって、小児、成人、老人などのに分かれるほか、「基礎看護学」や「精神看護学」、「地域看護学」といった分野があります。学校では、人を理解するために、哲学や心理学、化学や生物学など、幅広い教養を身につけます。学年が上がるとその学びは徐々に専門的になり、多くは、病院や診療所、福祉施設などでの実習を伴います。現場にでることでさらに知識を深め、技術を磨き、看護の方法を身につけていきます。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • 受付

    企業全体のイメージを決める役割も任う窓口役

    主な仕事は、来訪者の用件確認、アポイントメントの確認、関係者との連絡、伝言の伝達や客の接待、来訪者のチェックとそのリスト作成など。外国人の来訪が多い企業では英会話などの語学力が、受付がショールームにある企業ならばインストラクター的な商品知識が要求される。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 病棟クラーク

    医師・看護師をサポートする事務部門の専門スタッフ

    入院施設がある病院の病棟(ナースステーション)に勤務し、医師・看護師の仕事を事務面からサポートする仕事。病棟クラークのおかげで、医師は診察、看護師は看護に時間を充てることができることから、医療サービスの質の向上を目指して導入されるようになった比較的新しい職種です。病棟クラークは、医師・看護師の補佐役に加え、ほかの病院や患者さんの窓口にもなるため、医療事務の知識・スキル、コミュニケーション力や接遇マナーが問われます。病棟クラークになるために必須の資格や免許、学歴はなく、医療福祉系の大学や専門学校で基礎的な知識・スキルを学び、医療事務系の民間資格を取得して就職に臨む場合が多いようです。似た職種である医療事務と比べるとまだ認知度は低いですが、医師・看護師の業務を幅広くサポートできる人材として、現場からのニーズは年々高まっています。

  • 医療情報管理者

    医療情報を管理し、研究や広報にも活用

    カルテをはじめとする院内の診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。この情報を加工し、病気や診療統計をまとめ、研究や広報のために提供することもある。多くの患者が訪れる大規模な病院では専門職として勤務する場合もある。

初年度納入金:2020年度納入金(参考) 115万円 
年限:2年制

早稲田速記医療福祉専門学校 医療秘書科の学科の特長

医療秘書科のカリキュラム

2年間じっくりと医療事務知識、ホスピタリティ・マナーを学ぶ
1年次は医療事務の基本となる専門的な技能を学ぶとともに、医療人として大切なホスピタリティなどを学びます。2年次では、「医療コンシェルジュ」「医師事務」「医療事務コンピュータ」「小児・病棟クラーク」「調剤薬局」の5つのコースから選択することができ、さらに専門性を深めていきます。

医療秘書科の授業

大学病院・一般病院などで医療事務スタッフとして活躍できる知識・スキルを学ぶ
「病院受付実務」は、受付実務を中心に、保険知識、医療用語、マナーなどを身につけられるようロールプレイングを行い、医療事務の基本的なスキルを養います。「電子カルテ演習」では、医療機関で普及されている電子カルテシステムのオペレーションと、診療情報を管理する基礎知識を修得します。

医療秘書科の先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    わからなければチームで答えを見つける。授業でも現場でもがんばっている人はきっと誰かが助けてくれます。

    稲垣先生の授業はいつも、ザワついている。「一般的な授業では黙って聞きなさい、と先生が言うはずですが私の場合は基本的に、友だち同士で相談して答えが分かるのならそれでOK、というスタンスです。隣にいる友だちからのアドバイスの方が共感しながら伝わるし、教えてる側の学生にも気付きがありま…

    早稲田速記医療福祉専門学校の先生

医療秘書科の実習

病院実習で生きた知識を身につける
医療秘書科では2年生の夏に3週間の病院実習を体験します。実習は、受付やカルテ管理、医事課や病棟事務などの業務を実際の医療現場で体験。授業で身につけた知識と技能を活かし、チーム医療の一員としての立場を理解していきます。

医療秘書科の学生

  • point キャンパスライフレポート

    1年間学びながらじっくり選んだ医療事務コースでレセプトを究めたい

    福祉と医療で進路を迷いましたが、高校の先生に医療事務を勧められて医療事務の道を選択。オープンキャンパスで先生や先輩方と話をして雰囲気とカリキュラムの良さに魅力を感じ、迷いなくSOKKIに入学を決めました。

    早稲田速記医療福祉専門学校の学生
  • point キャンパスライフレポート

    大学病院の医療事務になりたい。たくさんの検定試験にもチェレンジ!

    人のためになる仕事に就きたいと考え、父が医療事務職であることもありこの分野を選びました。短大も考えましたが、高校の先生からの紹介でより専門的に学べ、就職率が高いことが決め手となりSOKKIへ進学しました。

    早稲田速記医療福祉専門学校の学生
  • point キャンパスライフレポート

    患者様に優しく寄り添い、不安を和らげる病棟クラークになりたい

    高校の進路指導で勧められて資料請求し、オープンキャンパスに参加。伝統があり、専門知識を学びながらマナーやコミュニケーションを養えるカリキュラム、資格や就職などのサポートが手厚い点に惹かれ入学しました。

    早稲田速記医療福祉専門学校の学生
  • point キャンパスライフレポート

    一人前の医師事務作業補助者を目指して医療用語をマスターします!

    母が医療事務をしていたので、医療の現場は身近でした。進路選択時、担任に勧められて学校見学へ。医師事務作業補助者という職業の魅力と、先生と学生の距離の近さや学校の伝統、学びの内容が魅力的でした。

    早稲田速記医療福祉専門学校の学生

医療秘書科の卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    医療事務という資格はもちろん、学校で学んだホスピタリティが現場で役立っています

    大学病院の総合受付で医療事務として勤務してもうすぐ2年目。総合受付の仕事がメインですが大学病院なので来院者数も多く、1日の予約数が2,000件を超える状況もよくあります。多忙な大学病院だからこそ、いつも気をつけているのが患者さまやご家族への対応です。祖父母が地元の病院に入院した際…

    早稲田速記医療福祉専門学校の卒業生

医療秘書科の卒業後

専門性を活かし、自分に合った医療機関に就職
大学病院や総合病院などの受付事務や会計、保険請求などの医療事務を行う医事課スタッフや入院病棟などの病棟クラーク、小児クラークとして活躍します。また、健康保険組合や調剤薬局、福祉施設のほか、医療関連の一般企業にも就職する道が開かれています。

医療秘書科の資格

学生の進度に合わせた学習サポートで合格を目指す
学生一人ひとりの進度に合わせて、医療事務に必要な資格取得を教員がしっかりとサポートします。日々の授業はもちろん、特別編成授業や補講・補習を行います。また、コースの特性にあわせて「医師事務作業補助技術認定試験」や「ホスピタルコンシェルジュ」といった資格を取得することができます。

医療秘書科の教育目標

幅広い学びで職業人として医療現場に貢献てきる人材を育成
患者さまと接することが多いしごとのため、接遇マナーやホスピタリティがしっかりと実践できる力を身につけるとともに、幅広い学びを通して、医師事務作業補助など細分化が進む医療現場に対応できるスペシャリストを育成します。

早稲田速記医療福祉専門学校 医療秘書科のオープンキャンパスに行こう

早稲田速記医療福祉専門学校 医療秘書科の募集コース・専攻一覧

  • 医師事務コース

  • 医療事務コンピュータコース (2021年4月名称変更予定)

  • 医療コンシェルジュコース

  • 小児・病棟クラークコース

  • 調剤薬局事務コース (2021年4月名称変更予定)

早稲田速記医療福祉専門学校 医療秘書科の学べる学問

早稲田速記医療福祉専門学校 医療秘書科の目指せる仕事

早稲田速記医療福祉専門学校 医療秘書科の資格 

医療秘書科の目標とする資格

    • 診療報酬請求事務能力認定試験 (医科) 、
    • 医療秘書技能検定試験 、
    • 秘書技能検定

    医師事務作業補助者認定試験
    医事コンピュータ技能検定
    電子カルテ実技検定
    福祉事務管理技能検定
    調剤事務管理士技能認定試験

早稲田速記医療福祉専門学校 医療秘書科の就職率・卒業後の進路 

医療秘書科の就職率/内定率 99.6 %

( 正職員数290名/就職者数302名 )

医療秘書科の主な就職先/内定先

    埼玉医科大学、慈恵大学、順天堂大学医学部附属順天堂医院、昭和大学、千葉大学医学部附属病院、東海大学、東京大学医学部附属病院、日本医科大学、日本歯科大学、日本大学、トモズ、豊島区社会福祉事業団 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

就職率は学校全体のものです。

早稲田速記医療福祉専門学校 医療秘書科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒171-8543東京都豊島区高田3-11-17
フリーダイヤル0120-567-222(携帯電話・PHSからも可)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都豊島区高田3-11-17 JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線「高田馬場」駅から徒歩 1分

地図

 

路線案内