• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 中央工学校OSAKA
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 田中 利典さん(インテリアデザイン科/インテリアデザイナー)

各現場、同じことはほぼ無くて、毎回違う内装を、考えるのでとても楽しい。

先輩の仕事紹介

好きな事を自由に自分らしく楽しく働きたいと思い、この仕事にしました。

インテリアデザイナー
インテリアデザイン科/2014年卒
田中 利典さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

会社は店舗から住宅まであらゆる建築のインテリア設計を手掛け、施工、現場管理まで一貫して行っています。家具屋さん彫金屋さん雑貨屋さんなどの多くの人とコミュニケーションをとりながら、現場の段取り、職人さんの手配などの施工管理を行うのですが、職人さんに作業を頼む仕事なので、常に相手に伝わりやすいように心掛けています。内装が出来上がった時にお客様に喜んでいただだいた時は、それまでの苦労が報われて嬉しいし、作品が本や雑貨に掲載された時も、積み重ねた経験が評価されたようで、やりがいを感じます。いずれは独立し、1人でも今と同じ業務内容をこなせるようになるのが目標です。

学校で学んだこと・学生時代

建築といってもいろんなジャンルがあり、幼い頃から物作りには興味がありましたが、進路を考える時にはまだ何がしたいか明確ではなかったので、途中で転科できる制度のある本校に進学しました。本校で学ぶうちに店舗や住宅の内装に特化したインテリアデザインに惹かれました。授業ではコンセプトを考えるところからスタートして、実際に人が使いやすいような工夫を考え、パソコンを使って図面に落とし込むまでを学習。こうしたプランニングの能力は就職して直ぐに必要な能力で、その基礎をしっかり学んだことが今の仕事で活きています。一緒に学んだ同級生には歳上の方も多かったので、人生のことなど、様々な話ができたことも良い思い出です。

お客様のことを考えながら、何度もやり直して図面を完成!

分野選びの視点・アドバイス

多くの人は、学生の時にはまだ自分の将来の目標を明確にすることができないと思いますが、そんな場合は、「好きな事」や「憧れる職業」「興味が持てる分野」など自分の心の声に素直に従い、学習しながら、働きながら考えたらいいと思います。そうすれば自ずとやりたい事が見つかると思います。私の場合も、物作りには興味がありましたが、何がしたいか明確ではなく、学びながらインテリアデザイナーという目標を定めました。インテリアの業界では、現場管理をするなら設計・施工の知識を持ってる人が求められるので、建築の基本も学べる本校で学んだことは、非常に良かったと実感しています。

「興味」が具体的な「目標」に変わるまで、チャレンジしてください。

田中 利典さん

株式会社Dept.勤務/インテリアデザイン科/2014年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

中央工学校OSAKA(専修学校/大阪)
RECRUIT