• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京栄養専門学校

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウエイヨウセンモンガッコウ

校内・校外の実習で栄養管理、給食管理を学び、卒業後は即戦力となれる栄養士へ!

全国でも珍しい栄養士養成のみの単科校。健康と食生活改善に対応できるよう給食管理と調理に重点に置き、一人ひとりの個性に合わせた少人数制と実習重視の教育で、専門知識と技術を身につけた栄養士を育成します。

東京栄養専門学校の特長

学校の特長1

知識だけでなく、校内や病院・幼稚園などでの実習を経験することで実力アップ!

設立以来、栄養専門課程栄養学科のみの単科で、栄養士養成教育を行っている学校です。これは、教育にかける教師陣や施設・設備を集約させることで、その授業内容の充実を図っています。とくに、卒業後、即戦力として活躍することができるように、調理実習と給食管理実習などの実習にはチカラを入れています。2年間の在学中に、1週間の校内実習が3回、校外実習として事業所、病院、社会福祉施設、保育園など3か所で実地訓練を実施。校内・校外の現場体験を通して、栄養管理、給食管理を学び、将来どのような職場に行ってもプロフェッショナルとして活躍できる、知識と技能を身に付けます。

学校の特長2

ペーパーではなく本物の栄養士に。先生たちは、いつでも身近な存在として生徒を応援!

大人数の生徒の一人として、ただ単に授業を受ける…。それでは栄養士としての本当の実力は付きません。授業の内容を十分に理解し、自分自身の知識と技能として習得するためには、きめ細やかな教育体制が必要となります。そこで本校では、少人数制による授業を実施。一人ひとりの能力や個性に応じた教育を行っています。教師陣がつねに学生との交流を図りつつ、その理解度と習得度を把握。分からないことがあれば、すぐに対応し適切な指導を行います。

学校の特長3

どのような職場でも十分に活躍するために、プロとして応用力のある栄養士を目指す

現場ではさまざまな状況に応じて、臨機応変に対応することが必要になります。栄養に関する知識と技術を習得することはもちろん、応用力を身につけることができる、これが大きな特徴です。またただ単に仕事が出来る栄養士を目指すだけではなく、応用力の向上にも力を入れています。食事を提供することはそれを考え、作る人の誠意が表れるということ。それぞれの状況に応じた言動・行動ができると、栄養士として活躍のフィールドが広がります。これは一人ひとりにきめ細やかなアドバイスができる、少人数制の授業ならではのメリットです。

右へ
左へ
学校の特長1

知識だけでなく、校内や病院・幼稚園などでの実習を経験することで実力アップ!

設立以来、栄養専門課程栄養学科のみの単科で、栄養士養成教育を行っている学校です。これは、教育にかける教師陣や施設・設備を集約させることで、その授業内容の充実を図っています。とくに、卒業後、即戦力として活躍することができるように、調理実習と給食管理実習などの実習にはチカラを入れています。2年間の在学中に、1週間の校内実習が3回、校外実習として事業所、病院、社会福祉施設、保育園など3か所で実地訓練を実施。校内・校外の現場体験を通して、栄養管理、給食管理を学び、将来どのような職場に行ってもプロフェッショナルとして活躍できる、知識と技能を身に付けます。

学校の特長2

ペーパーではなく本物の栄養士に。先生たちは、いつでも身近な存在として生徒を応援!

大人数の生徒の一人として、ただ単に授業を受ける…。それでは栄養士としての本当の実力は付きません。授業の内容を十分に理解し、自分自身の知識と技能として習得するためには、きめ細やかな教育体制が必要となります。そこで本校では、少人数制による授業を実施。一人ひとりの能力や個性に応じた教育を行っています。教師陣がつねに学生との交流を図りつつ、その理解度と習得度を把握。分からないことがあれば、すぐに対応し適切な指導を行います。

学校の特長3

どのような職場でも十分に活躍するために、プロとして応用力のある栄養士を目指す

現場ではさまざまな状況に応じて、臨機応変に対応することが必要になります。栄養に関する知識と技術を習得することはもちろん、応用力を身につけることができる、これが大きな特徴です。またただ単に仕事が出来る栄養士を目指すだけではなく、応用力の向上にも力を入れています。食事を提供することはそれを考え、作る人の誠意が表れるということ。それぞれの状況に応じた言動・行動ができると、栄養士として活躍のフィールドが広がります。これは一人ひとりにきめ細やかなアドバイスができる、少人数制の授業ならではのメリットです。

右へ
左へ
学校の特長1

知識だけでなく、校内や病院・幼稚園などでの実習を経験することで実力アップ!

設立以来、栄養専門課程栄養学科のみの単科で、栄養士養成教育を行っている学校です。これは、教育にかける教師陣や施設・設備を集約させることで、その授業内容の充実を図っています。とくに、卒業後、即戦力として活躍することができるように、調理実習と給食管理実習などの実習にはチカラを入れています。2年間の在学中に、1週間の校内実習が3回、校外実習として事業所、病院、社会福祉施設、保育園など3か所で実地訓練を実施。校内・校外の現場体験を通して、栄養管理、給食管理を学び、将来どのような職場に行ってもプロフェッショナルとして活躍できる、知識と技能を身に付けます。

学校の特長2

ペーパーではなく本物の栄養士に。先生たちは、いつでも身近な存在として生徒を応援!

大人数の生徒の一人として、ただ単に授業を受ける…。それでは栄養士としての本当の実力は付きません。授業の内容を十分に理解し、自分自身の知識と技能として習得するためには、きめ細やかな教育体制が必要となります。そこで本校では、少人数制による授業を実施。一人ひとりの能力や個性に応じた教育を行っています。教師陣がつねに学生との交流を図りつつ、その理解度と習得度を把握。分からないことがあれば、すぐに対応し適切な指導を行います。

学校の特長3

どのような職場でも十分に活躍するために、プロとして応用力のある栄養士を目指す

現場ではさまざまな状況に応じて、臨機応変に対応することが必要になります。栄養に関する知識と技術を習得することはもちろん、応用力を身につけることができる、これが大きな特徴です。またただ単に仕事が出来る栄養士を目指すだけではなく、応用力の向上にも力を入れています。食事を提供することはそれを考え、作る人の誠意が表れるということ。それぞれの状況に応じた言動・行動ができると、栄養士として活躍のフィールドが広がります。これは一人ひとりにきめ細やかなアドバイスができる、少人数制の授業ならではのメリットです。

右へ
左へ

東京栄養専門学校の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

2017年度初年度納入金122万円
(入学金、授業料、実験実習費、施設費など全て含む)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数19名
就職希望者数18名
就職者数18名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

希望に叶う就職先を見つけるために、適性をじっくりと判断してサポートしています。

栄養士の仕事は、対象者(乳幼児・児童・疾病者・老人など)と業務内容によって、かなり違いがあります。栄養士の業務が理解できないままに就職が先行すると、希望とは違った職場に配属されてしまうこともあります。こうしたことを踏まえて本校では、校内実習、校外実習を通じて、自分の嗜好や方向性、適性などが徐々にわかる2年次の段階から就職のサポートをしていきます。 本人の希望を聞き、就職担当教員と担任が、個性や適性を考慮しながら、徹底的に話し合いを行い、最良と考えられるところに就職ができるようにしています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

お問い合わせ窓口

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-11-11
TEL:03-3342-3661 (代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都新宿区西新宿6-11-11 「新宿」駅から西口を出て徒歩 10分
「西新宿」駅から徒歩 3分
「都庁前」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内+募集要項
東京栄養専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる