• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京製菓学校

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウセイカガッコウ

東京製菓学校の風景

圧倒的な「実習量」とひとつを極める「専門学習」。「プロ」を育てる「プロの学校」

1954年の開校以来、次世代を担う製菓・製パン技術者を育て続けてきました。即戦力になる人材を、常に自信を持って送りだすことができるのは、時代を超えて培ってきた教育理念があるからです。

東京製菓学校の特長

東京製菓学校の特長1

圧倒的な「実習量」と、「ひとつを極める」専門学習カリキュラム

実習時間は総授業時間の80%以上。「手を動かし、数をこなし、身体で覚える」たくさんつくることが、あなたの将来への自信につながります。厳しいプロの現場で必要とされるのは、即戦力となりうる技術と精神を持った人材。限られた時間の中でこれらを修得するために、本校では実際の現場と同じように洋菓子・和菓子・パン、それぞれのジャンルごとに学科を設置し、ひとつを極める専門学習の環境を整備。目標にまっすぐ進むために、必要不可欠なことをしっかり確実に学ぶことがプロになるための最短距離です。

東京製菓学校の特長2

在学時だけでなく卒業後までもサポートする、充実のバックアップ体制

1954年の開校以来、高い技術をもった優秀な人材を数多く輩出してきた実績は、業界との太いパイプとなり、OB・OGのネットワークも強固な本校。多様な製菓・製パン業界の中から、勤務地や条件、将来の目標なども加味しながら、学生とマンツーマンで対応し、よりやりがいのもてる就職ができるよう支援します。卒業後のフォローアップも積極的に行っており、国家資格取得のための無料セミナーの開催をはじめ、会報の発行、再就職支援、さらには独立開店のバックアップや経営相談などが受けられます。困ったときに頼れる存在として、在学時も卒業後もしっかりとあなたをサポートし続けます。

東京製菓学校の特長3

現場能力を高める実践的な設備環境がここにあります

本校の本格的かつ実践的な設備環境は、国際コンテストの予選会場や技能検定の会場となったり、各種グルメ番組のTV収録にも利用されているなど、業界でも高い評価を受けております。たとえば、洋菓子科では冷菓実習室や数種類のオーブンやミキサー。和菓子科では製餡実習室や茶室。パン科では製菓・製パン系の専門学校では類を見ない、本格的な石窯を設置した実習棟を完備しております。このようにさまざまな現場設備から希少価値の高い施設までが就職先の選択肢を広げることにもつながっております。学びの現場でありながらプロの現場でもあるのです。

右へ
左へ
東京製菓学校の特長1

圧倒的な「実習量」と、「ひとつを極める」専門学習カリキュラム

実習時間は総授業時間の80%以上。「手を動かし、数をこなし、身体で覚える」たくさんつくることが、あなたの将来への自信につながります。厳しいプロの現場で必要とされるのは、即戦力となりうる技術と精神を持った人材。限られた時間の中でこれらを修得するために、本校では実際の現場と同じように洋菓子・和菓子・パン、それぞれのジャンルごとに学科を設置し、ひとつを極める専門学習の環境を整備。目標にまっすぐ進むために、必要不可欠なことをしっかり確実に学ぶことがプロになるための最短距離です。

東京製菓学校の特長2

在学時だけでなく卒業後までもサポートする、充実のバックアップ体制

1954年の開校以来、高い技術をもった優秀な人材を数多く輩出してきた実績は、業界との太いパイプとなり、OB・OGのネットワークも強固な本校。多様な製菓・製パン業界の中から、勤務地や条件、将来の目標なども加味しながら、学生とマンツーマンで対応し、よりやりがいのもてる就職ができるよう支援します。卒業後のフォローアップも積極的に行っており、国家資格取得のための無料セミナーの開催をはじめ、会報の発行、再就職支援、さらには独立開店のバックアップや経営相談などが受けられます。困ったときに頼れる存在として、在学時も卒業後もしっかりとあなたをサポートし続けます。

東京製菓学校の特長3

現場能力を高める実践的な設備環境がここにあります

本校の本格的かつ実践的な設備環境は、国際コンテストの予選会場や技能検定の会場となったり、各種グルメ番組のTV収録にも利用されているなど、業界でも高い評価を受けております。たとえば、洋菓子科では冷菓実習室や数種類のオーブンやミキサー。和菓子科では製餡実習室や茶室。パン科では製菓・製パン系の専門学校では類を見ない、本格的な石窯を設置した実習棟を完備しております。このようにさまざまな現場設備から希少価値の高い施設までが就職先の選択肢を広げることにもつながっております。学びの現場でありながらプロの現場でもあるのです。

右へ
左へ
東京製菓学校の特長1

圧倒的な「実習量」と、「ひとつを極める」専門学習カリキュラム

実習時間は総授業時間の80%以上。「手を動かし、数をこなし、身体で覚える」たくさんつくることが、あなたの将来への自信につながります。厳しいプロの現場で必要とされるのは、即戦力となりうる技術と精神を持った人材。限られた時間の中でこれらを修得するために、本校では実際の現場と同じように洋菓子・和菓子・パン、それぞれのジャンルごとに学科を設置し、ひとつを極める専門学習の環境を整備。目標にまっすぐ進むために、必要不可欠なことをしっかり確実に学ぶことがプロになるための最短距離です。

東京製菓学校の特長2

在学時だけでなく卒業後までもサポートする、充実のバックアップ体制

1954年の開校以来、高い技術をもった優秀な人材を数多く輩出してきた実績は、業界との太いパイプとなり、OB・OGのネットワークも強固な本校。多様な製菓・製パン業界の中から、勤務地や条件、将来の目標なども加味しながら、学生とマンツーマンで対応し、よりやりがいのもてる就職ができるよう支援します。卒業後のフォローアップも積極的に行っており、国家資格取得のための無料セミナーの開催をはじめ、会報の発行、再就職支援、さらには独立開店のバックアップや経営相談などが受けられます。困ったときに頼れる存在として、在学時も卒業後もしっかりとあなたをサポートし続けます。

東京製菓学校の特長3

現場能力を高める実践的な設備環境がここにあります

本校の本格的かつ実践的な設備環境は、国際コンテストの予選会場や技能検定の会場となったり、各種グルメ番組のTV収録にも利用されているなど、業界でも高い評価を受けております。たとえば、洋菓子科では冷菓実習室や数種類のオーブンやミキサー。和菓子科では製餡実習室や茶室。パン科では製菓・製パン系の専門学校では類を見ない、本格的な石窯を設置した実習棟を完備しております。このようにさまざまな現場設備から希少価値の高い施設までが就職先の選択肢を広げることにもつながっております。学びの現場でありながらプロの現場でもあるのです。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

7月のスペシャル体験入学!の詳細

7月のスペシャル体験入学!

洋菓子本科...

7月のスペシャル体験入学の開催です! 特別なメニューをご用意しております。 ぜひ、ご参加くださいね…

続きを見る

8月のスペシャル体験入学!の詳細

8月のスペシャル体験入学!

洋菓子本科...

8月のスペシャル体験入学の開催です! 特別なメニューをご用意しております。 ぜひ、ご参加くださいね…

続きを見る

東京製菓学校からのメッセージ

【7月のスペシャル体験入学】 7/22(日)、26(日)、29(日)の各日10時30~15時40分で開催 。 洋菓子/和菓子/パンの3コースで開催 !特別なメニューを用意しております ! 仕込みから仕上げまで、すべての工程にチャレンジ ※詳細は本校HPをご覧いただくか、パンフレットをお取り寄せください!  フリーダイヤル:0120-80-7172

(7/18更新)

東京製菓学校の学部・学科・コース

洋菓子専科 夜間 (定員数:120人)

和菓子専科 夜間 (定員数:40人)

パン専科 夜間 (定員数:40人)

学費(初年度納入金)

2018年度納入金 洋菓子本科:227万4670円/和菓子本科:226万4190円/パン本科:226万5110円/洋菓子専科:118万1130円/和菓子専科:117万6250円/パン専科:117万8240円

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

就職希望者数201名
就職者数201名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

就職・アルバイトに関してのフォローアップ

本校は、1954年の開校以来、製菓・製パン業界に1万8000人以上の学生たちを送り続けています。長年の高い実績により業界からの信頼もあり、これまで毎年ほぼ100%の就職率を保っています。就職セミナーやガイダンス、専任スタッフのマンツーマン指導などにより学生一人ひとりにじっくりと的確にアドバイスしていることが力になっていると考えます。在学中のインターンシップやアルバイトの紹介はもちろん、卒業してからもそれぞれの夢や理想を実現するお手伝いを継続します。

問い合わせ先・所在地・アクセス

東京製菓学校総務課入学係

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-14-1
TEL:03-3200-7171

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都新宿区高田馬場1-14-1 JR山手線 西武新宿線「高田馬場」駅戸山口から徒歩 7分
東京メトロ東西線「高田馬場」駅 A7出口から徒歩 5分
東京メトロ副都心線「西早稲田」駅 2番出口から徒歩 2分
「池袋」駅から渋谷行きバス 15分 学習院女子大前下車 徒歩 4分
「新宿」駅から池袋行きバス 15分 学習院女子大前下車  徒歩 4分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年07月23日 20:24 BLOG

    まだまだ暑い日が続きますが、夜間部の授業は通常通り行なっています。 今夜の洋菓子専科2年生では、この陽気にぴったりのアイスデザートの実習です! 先週のうちに仕込みをしておいたアイスのケーキ「アントルメ・グラッセ」と、イタリアンメレンゲで飾り付けた「オムレット・ノルヴェジェンヌ」を仕上げていました。 通常のパティスリーではなかなか見ることがないかもしれませんが、ホテルやレストランなどではこういった製品も取り扱っているんですよ。 夜間部であっても、パティシエが携わるであろう内容については、幅広く学んでいきます。

    https://www.tokyoseika.ac.jp/schoolblog/2018/07/post-1273.html

  • 2018年07月20日 21:29 facebook

    花や鳥、季節の移り変わりや風景などを、色や形で表現する。上生菓子は、和菓子らしい美しさを感じられるお菓子ですね。 https://www.tokyoseika.ac.jp/schoolblog/2018/07/post-1272.html

    https://www.facebook.com/388200464537634/posts/2020572551300409

  • 2018年07月20日 20:58 BLOG

    季節の風景を切り取り、表現していくことができるのも和菓子の魅力のひとつ。 今夜の夜間部 和菓子専科2年生でつくっていたのは、そんな上生菓子です。 求肥とつぶ餡で表現した井戸のまわりに、練切と羊羹でつくった朝顔のツタが元気よく伸びてきていて、なんとなく少し涼を感じることのできるデザインですよね。 花や鳥、季節の移り変わりや風景などを、色や形で表現する。 上生菓子は、和菓子らしい美しさを感じられるお菓子ですね。 ************************** 昼間部は今日が1学期の終業日でしたが、夜間部は再来週8/3(金)まで授業があります。 実際の授業の様子を観てみたい!という方は、ぜひ見学にいらしてみてくださいね。 >>>個別相談・授業見学についてはコチラから

    https://www.tokyoseika.ac.jp/schoolblog/2018/07/post-1272.html

  • 2018年07月19日 18:03 facebook

    早いもので、昼間部は明日が1学期終業日。 今日はその前に、たくさんつくっていました! https://www.tokyoseika.ac.jp/schoolblog/2018/07/post-1271.html

    https://www.facebook.com/388200464537634/posts/2018682178156113

  • 2018年07月19日 16:31 BLOG

    早いもので昼間部は明日が1学期最後の授業となります。 パン本科1年生の実習では、徐々に複数の製品を織り交ぜながら、限られた時間内で効率よく作業を進めていくようになってきました。 今回は、セサミブレッドとセサミロール、ウインナーロール、ホワイトロールの4種類の製品をつくっています。 つくる種類や量が増えれば、その分やらなければならないことが増えていきます。 また、パンはデリケートないきもの。 時間的な制約もありますので、スムーズに作業を進めていかなければなりません。 でも、雑な作業をするわけにはいきません。 また、何も考えず漠然とつくっているだけでは、技術は上達しません。 パン生地と対話しながら、しっかりと変化や状態を把握する。 日々の練習から、常に同じ品質の製品をつくることを心掛けてつくる。 そういった意識をもって、パンと向き合っていけるようにすることが、たくさんつくる本当の狙いなんです。

    https://www.tokyoseika.ac.jp/schoolblog/2018/07/post-1271.html

請求できるパンフはこちら

無料
東京製菓学校入学案内パンフレット(願書含む)
東京製菓学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる