• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京製菓学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • パン本科

パン本科のスペシャル学校情報

東京製菓学校 パン本科

定員数:
40人

パンの基本である食パン、フランスパンから特性を理解し、卒業までに世界のパン約600種類を学ぶ

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • パン職人

    食卓に驚きを。人々の笑顔を引き出す、理想のパン作りを追求

    パン職人は美味しいパンをつくるプロフェッショナル。パンは老若男女問わず広く愛され、今や日本人の生活に深く浸透しています。スーパーやコンビニでも購入することができますが、パン屋さんのパンはやはり特別。焼きたてのパンを求めるお客さまのため、朝早くからお店をオープンさせます。パン職人になるのに必要な免許や資格、問われる学歴はありません。自分で店を開きたいなら「菓子製造業許可」や「飲食店営業許可」を取得すればOKです。ただし、美味しいパンが焼けるようになるにはコツがいりますので、製菓・調理専門学校に通うほか、パン屋で働くなどして、プロの技から学ぶ必要があります。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

  • パン製菓店員・店長

    おいしいパンやケーキ、和菓子を製造し、販売する仕事

    ベーカリーショップや洋菓子店、和菓子店で働くスタッフや店長。接客や会計を担当するスタッフのほか、店舗内でパンやケーキ、和菓子を作っている場合は、製造を担当するパン職人やパティシエ、和菓子職人などのスタッフもいる。小規模な店舗ではその両方を担当するケースも多い。これらの店は、全国展開しているチェーン店も多いが、地元に愛されている個人経営の店も多く、職人としての腕を磨けば、独立開業することも十分可能な仕事だ。

  • 食品製造

    食品メーカーなどの工場で安全・衛生に配慮しながら食品を加工・製造

    食品メーカーなどの工場で食品の製造や加工を担当する仕事。大量生産する工場では生産ラインが設けられ、食材の洗浄、下処理、加工、調理、包装などの工程ごとに細かく分業されている。機械化が進んでいる工場では機器の操作が中心となることも多いが、食品の種類や工場の規模によっては手作業が大切になることも。そのため、工場で活躍している調理師やパン職人、パティシエなども少なくない。作業の正確さはもちろん、衛生面の配慮も求められる仕事だ。

初年度納入金:2021年度納入金(参考) 227万7100円 
年限:2年制

東京製菓学校 パン本科の学科の特長

パン本科のカリキュラム

パンだけで専門的に2年間。さまざまな授業を通して、どんな場面にも通用するプロになる
パンの場合、ただつくることが実習ではない。発酵という特殊な手順を踏むため、理論もプロになる上での大切な要素。きっちりパンの特性を理解するカリキュラムから入り、実習でそれを一つずつ検証する。また、経営や商品管理、店舗運営の授業も充実。卒業と同時に独立開店する学生もいるほど充実したカリキュラムを行う

パン本科の授業

調理パンや料理の修得・業界研修など、時代に即した新しいパンづくりを模索する
近年続くカフェブームが新しいライフスタイルとして定着する中、イートインのできるベーカリーが急増。そのため、さまざまな料理と組み合わせる調理パンやサンドウィッチなどのほか、カレーやローストビーフ、グラタンといった具となる料理のレシピも学んでいく。また、業界研修や小麦栽培も必須となる

パン本科の先生

実践の場で技術を磨いた経験豊富な教師陣が完全担任制で、きめ細かな指導
教師がまず学生に問い掛けるのは「なぜこうなるの?」ということ。現場で経験を積んできた各クラスの担任は、就職した時に何が大切なのか知り尽くしている。就職先では売上に跳ね返ってくるため失敗は許されない。よって一見遠回りな方法だが、在学中にあえて失敗してもらい自分で理解することが一番の近道なのである

パン本科の実習

2144時間を実習に充て、徹底的に実践感覚を磨き就職にそなえる
卒業までに学ぶパンは世界のパンから約600種類。これは繰り返すことにより身体に覚えこませるのはもちろん、就職した時、お店によって異なる製法を想定しているため。例えば粉。一般的なものから有機栽培のものを使用する店と多種多様。それらに対応するには、ずばぬけた授業時間数からなる実習だけと考えられる

パン本科の学生

  • point キャンパスライフレポート

    パンづくりにとことん取り組める2年間は忙しいけれどとっても充実!

    パンだけについて2年間深く学べるという点です。1年生ではまず基礎を固め、2年生ではその応用、より現場に近い環境で実習します。パンづくりの奥深さが、2年間のカリキュラムに凝縮されていると思いました。

    東京製菓学校の学生

パン本科の卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    パン生地は、たった1度で発酵が変わる生き物。だからこそ、うまく焼けた時がうれしい

    私が働くグランド ハイアット 東京のベーカリーでは、ホテル内にあるレストランでつかうパンやショップで販売する分など全てを一手に焼き上げるので、朝は目の回るような忙しさです。クロワッサンやブリオッシュ、あんパンなど約15種のパンのうち、オーダーに応じて毎日焼いています。入社して最初…

    東京製菓学校の卒業生

パン本科の資格

実習時間が多いからこそ認められている資格の取得と充実したバックアップ体制
卒業と同時に、通常なら実務経験年数がないと受験できない「パン製造技能士2級」の受験資格が取得できる。これは実習時間が豊富であるからこそ認められている制度。また、「食品衛生責任者」は在学中に取得可能。「製菓衛生師」は卒業後に無料の対策セミナーを毎年実施。資格取得に関してもバックアップ体制がある

パン本科の施設・設備

他では類をみない、本格的な石窯を完備!
通常のオーブンの学習とは別に、昨今、ニーズの高い石窯でのパンづくりも早くからカリキュラムに導入。国内の教育施設では珍しいフランス窯やスペイン窯といったヨーロッパの石窯のほか、ポンペイ窯など歴史的文化価値のある石窯も備えている。石窯の特性を生かした本格的なパンをつくるスキルを磨く

東京製菓学校 パン本科のオープンキャンパスに行こう

パン本科のOCストーリーズ

東京製菓学校 パン本科の学べる学問

東京製菓学校 パン本科の目指せる仕事

東京製菓学校 パン本科の資格 

パン本科の取得できる資格

  • 食品衛生責任者

パン本科の受験資格が得られる資格

  • パン製造技能士<国> (2級)

パン本科の目標とする資格

    • パン製造技能士<国> (1級・要実務経験が7年以上から6年以上に短縮) 、
    • 食品衛生責任者 、
    • 製菓衛生師<国> (要実務経験2年) 、
    • 職業訓練指導員<国> (要実務経験が5年以上から3年以上に短縮)

東京製菓学校 パン本科の就職率・卒業後の進路 

パン本科の就職率/内定率 100 %

( 就職者43名 )

パン本科の主な就職先/内定先

    デイジイ Bon Vivant、サンメリー、ピーターパン、東京ベイ舞浜ホテル、神戸屋、帝国ホテル、ビゴ、ANAインターコンチネンタルホテル東京、ZOPF、バンデロール、東京ディズニーランドホテル ほか

※ 2020年3月卒業生実績

東京製菓学校 パン本科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-14-1
TEL03-3200-7171
info@tokyoseika.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都新宿区高田馬場1-14-1 JR山手線 西武新宿線「高田馬場」駅戸山口から徒歩 7分
東京メトロ東西線「高田馬場」駅 A7出口から徒歩 5分
東京メトロ副都心線「西早稲田」駅 2番出口から徒歩 2分
「池袋」駅から渋谷行きバス 15分 学習院女子大前下車 徒歩 4分
「新宿」駅から池袋行きバス 15分 学習院女子大前下車  徒歩 4分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

RECRUIT