• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • パン職人
  • やりがいを聞いてみよう
パン職人のやりがいを聞いてみよう

パン職人のやりがいを聞いてみよう

パン職人は、子どものあこがれの職業でもあります。一番のやりがいは、美味しく、見た目もすばらしいパンで人々を魅了すること。自分が作ったパンを「美味しい」と言ってもらえるのが、パン職人が何よりも嬉しい瞬間です。また、パン職人になるのに特別な資格は必要ありませんが、実務経験を積んで技能検定に合格すれば、その技術を証明することもできます。
近年では、口コミやお取り寄せブームの影響などで自分のパンが全国的に広まり、求められる機会も増えました。手間暇をかけて作ったパンが多くの人の手に届くことは、パン職人の大きなよろこびです。

多くの人によろこんでもらえる

パンは、子どもからお年寄りまで多くの人に愛され、広く求められる食べ物です。お店を訪れたお客さまがパンを幸せそうな様子で選ぶ姿は、パン職人にとって何より幸せな光景。「もっと美味しいパンを作りたい!」という次なるモチベーションにもつながると言います。焼きたてのパンが人々の手に届くことを実感でき、あらゆる年代の人に「美味しい」とよろこんでもらえることは、パン職人という仕事の醍醐味です。

あこがれる人が多い「職人」の世界

特別な資格も経験も必要無く、その人の実力がそのまま評価されるパン作りの世界は、まさに「職人」の世界。周囲と競い、高め合い、自分の努力とセンス次第で活躍のフィールドを広げていくことができる夢のある職業です。お客さまによろこんでもらえる“作品”を生み出すには地道な努力と長い時間が必要になりますが、だからこそ人生をかけて取り組む価値のある仕事だとも言えます。

パンに関する専門知識でスキルアップできる

先輩のパン職人と肩を並べて仕事をする中で、パン作りに関するあらゆる知識を習得することができます。パンを焼く技術が高まれば、自分自身が納得できるパンを作れるようになるだけでなく、より多くのお客さまの笑顔を引き出すことができるようにもなります。常に最先端の知識に触れ、スキルアップにつなげられることは、パン作りが好きな人にとって幸せなことと言えるでしょう。

スタイルは無限

食パン、フランスパン、デニッシュ、ベーグル、サンドイッチやフレンチトーストなど、実に様々な種類とアレンジがあり、私たちの生活を彩ってくれるパン。小麦粉と水と塩というシンプルな材料を使いながらも、作り手の違いでどんな風にも姿を変えていくパン作りには、永遠の学びと発見があるでしょう。どこまでも試行錯誤を繰り返すことができるのは修業でもあり、職人としてのよろこびでもあるはずです。

いつまでも理想を追うことができる

近年、日本人のお米の消費量が減ってきていることが嘆かれています。これはパンが食卓に定着したことが理由の1つとして考えられます。いまやパンはスーパーやコンビニでも買うことができ、パン屋そのものも無数に存在します。しかし、世の中のニーズは時代とともに移り変わるものでもあり、その意味では、パン作りに終わりはありません。それゆえ、いつまでも「理想」を求めて働き続けることができるのは、パン職人ならではのおもしろさと言えるでしょう。

自分の店を持ちやすい

「菓子製造業許可」や「飲食店営業許可」を取得すれば、いつでも開業を志すことができるのもパン職人の魅力です。技術さえ身につければどこでも仕事ができ、「どのくらいで独立できるか」という基準もありません。最近では、移動式の店舗やイベント出店を中心にした店舗、通信販売に特化した店舗など、店を持つといっても多様な方法がありますので、自分らしい働き方を自由にデザインできる面白さもあります。ただし、開業を考える際は「お店が軌道に乗るまでの数年間は苦労するかもしれない」ことは心積もりしておきましょう。

ライフステージを選ばず、働き続けることができる

企業のように定年退職のある業界ではないため、パン職人は、年齢にとらわれず長く働き続けることができます。「手に職」の仕事なので、きちんと知識と技術を身に付けさえすれば、いつでもどこでも求められる仕事とも言えるでしょう。結婚や子育てで就業し続けることが難しくなったとしても、いずれ自宅でパン教室を開くなど、自分のペースで一生パン作りに関わり続けることもできます。

全国のオススメの学校

関連する仕事のやりがいもチェックしよう

パン職人を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路