• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • パン職人
  • 求められる人物は?適性を知る
パン職人に求められる人物は?適性を知る

パン職人に求められる人物は?適性を知る

パン職人になるためには、パンが好きな気持ちに加えて、ハードな仕事に耐えられるだけの体力、コツコツと地道な努力を重ねられる粘り強さ、精神的な強さが必要です。
特別な資格や学歴が必要ではないぶん、本人の資質や実力が大きく問われる世界と言えるでしょう。また、時間に追われながら長時間作業をし続けることになりますので、プロとして一人前になるには時間管理能力も身に付けなくてはなりません。

体力、明るさ

生地をこねたり、成型したり、オーブンに出し入れしたり、商品として陳列したり…と、パン作りは思いきり体を動かす仕事です。力仕事のイメージはあまり無いかもしれませんが、パン職人は1日中立ちっぱなしが当たり前ですし、朝早く夜も遅いなど、実際はかなりハード。それに耐えられるだけの体力が無いと、この仕事を長く続けることはできません。
またそんなハードな現場であっても、お客さまに幸せを届けるパン作りの現場が暗いのは気分がよくないもの。どんな時も明るく元気でいられることも、パン職人の適性につながります。

時間管理能力

日が昇る前から仕事がはじまり、日が沈んでから終わるまで、ほぼ休みなく働き続けるのがパン職人の仕事です。店頭にパンを切らさないようにするため、時間差で焼き続けなければいけないなど、時間に追われることもしばしば。決まったタイムスケジュールの中で、1つ1つの作業を効率よくこなす力も必要になります。

強靭なメンタリティ

パンを焦がしたり、配合を間違えたりと、一人前になるまでにはミスをすることもあるでしょう。そんな時にいちいちクヨクヨしていたら、パン職人の仕事は勤まりません。
失敗も成長の機会と捉え、きちんと原因を究明して改善につなげられること。また、失敗後も恐れずに取り組む姿勢を持ち続けること。常に高みを目指すことができる情熱と信念、どんな経験も成長の糧にできるタフさがあれば、きっとどんな辛いことも乗り越えられるはずです。

創意工夫の力

新しいパンを生み出すためには、斬新なアイデアが必要です。現在あるものをアレンジしたり、全く新しいものをゼロから生み出したり、すべては職人の創意工夫次第。センスや才能の前に、考えること、試作を繰り返して改善を重ねていく工程を楽しめる人が、パン職人に向いている人と言えるでしょう。

マーケティング力

ほかの店舗がどんな商品を出しているか、今どんなものが消費者に求められているのかなど、世の中の動きに敏感でいることも大切です。パンは変化に富んだ食べ物です。休日に食べ歩きをしたり、雑誌やSNSで情報を集めたりして、売れる商品を察知する能力があると望ましいでしょう。

協調性・素直さ

一人前のパン職人になるまでには、先輩の職人から学んだり、仲間と一緒に協力して仕事をしたりする場面も多くあります。周囲の状況を読んで自分の役割を見出し貢献できること、そして “学ばせてもらう”という真摯な姿勢を持ち続けることが求められます。どんな物事にも前向きに取り組み、人の意見を素直に聞いて行動できる力があれば、パン職人として成長していくことができるでしょう。

全国のオススメの学校

関連する仕事の求められる人物・適性もチェックしよう

パン職人を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路