• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • バリスタ
  • ズバリ!将来性は?
バリスタのズバリ!将来性は?

バリスタのズバリ!将来性は?

カフェや喫茶店全体の市場規模は、縮小傾向にあるのが現実です。しかし、これまでもカフェや喫茶店が多くの人に愛されてきたように、人々がおいしいコーヒーやほっと一息つける安らぎを求める限り、バリスタが働く場所であるカフェや喫茶店がなくなることはないと言えます。同時に、バリスタという職業の認知度が将来性を考える上でのポイントになりそうです。コーヒーに関する高い知識と技術が認められ尊敬されるようになれば、スペシャリストとして、より力を発揮できる舞台で働くことができるようになるでしょう。

市場規模縮小でも、求められ続ける喫茶店やカフェ

少子高齢化による人口減少が見込まれる今後の日本。カフェ・喫茶店全体の市場規模も、それに伴い縮小傾向にあります。喫茶店の売り上げは昭和57年(1982年)の1兆7396億円をピークに、平成27年(2015年)には1兆1270億円まで減少しています。しかし、さまざまなコーヒーチェーンが全国で展開し高い集客力を見せたり、モーニングサービス目当てに高齢者が殺到する喫茶店があったりと、カフェや喫茶店でのおいしいコーヒーや、安らぎや癒しのひと時を求める人は多くいます。そのため、バリスタの働く場所がなくなることはないでしょう。

バリスタの認知度アップに期待

バリスタが働く場所は今後もあると思われますが、重要なのはバリスタの認知度です。コーヒーや接客のプロであるバリスタの持つ高い専門知識と技術が、どこまで理解され、評価されるかがポイントになりそうです。個人経営の喫茶店は減少し、大手コーヒーチェーン店やコンビニなどの安価で手頃なコーヒーと、独自のこだわりで淹れられた一杯500~600円以上する高価なカフェや喫茶店のコーヒーとに、今後のコーヒー業界は二極化していくのではないかという予想もあります。バリスタの認知度が高まれば、高級カフェや喫茶店での需要も増し、存分に力を発揮できる場が増えるようになるかもしれません。

全国のオススメの学校

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

バリスタを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路