• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • バリスタ
  • なるには
バリスタになるには

バリスタになるには

バリスタになるために必須の資格などはないため、決められたなり方はありません。日本では専門職というよりはどちらかと言えば広くカフェなどで働くという形が一般的なので、カフェでの業務全般に関して学べる教育機関で学び、就職することが多いようです。あるいは自分の憧れのカフェにアルバイトや正社員として採用されて、働きながらバリスタへの修業を積む方法も考えられます。一人前になれれば、独立して自らのカフェをオープンする道も考えられます。

教育機関で学び就職

バリスタとは狭い意味では、イタリアのバール(軽食や酒も提供するイタリア風カフェ)のカウンター内で、エスプレッソコーヒーを淹れる職業です。しかし日本では、コーヒーを淹れるかたわらで、料理を作ったり運んだりという幅広い業務をこなすカフェスタッフともとらえられています。コーヒーにまつわる諸々の専門知識やスキルが求められるのは言うまでもありませんが、カフェ業務全般の知識が必要になります。そのため、バリスタを目指せるコースのある専門学校などで学び、修了後にカフェ業界に就職するのが、バリスタになるための方法のひとつになっています。

カフェで修業、独立

自分がおいしいと思うコーヒーを飲ませてくれるカフェにアルバイトや正社員として入り、働きながらバリスタとしての知識や技術を学びます。憧れのバリスタがいて、その人の下で働けるような状況ならば、よい方法かもしれません。つきっきりでの指導はおそらく期待できないので、知識や技術を見て覚えるという心がけが必要でしょう。修業を重ねて一人前のバリスタになれれば、その店のカウンターを任されたり、他のカフェに転職したり、自分のカフェをオープンできる可能性も出てきます。

社内で育成

大手焙煎会社や大手コーヒーチェーン会社の中には、カフェ勤務未経験の採用者を対象に、社内独自のバリスタ教育制度を持つところがあります。年に一度、バリスタコンテストを開催して、レベルアップを図る会社もあります。

全国のオススメの学校

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

バリスタを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路