• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • バリスタ
  • 仕事内容
バリスタの仕事内容

バリスタの仕事内容

カフェ・喫茶店、レストラン、ホテルなどでおいしいコーヒーを淹れることが、バリスタに求められる一番重要な仕事です。そのためにはコーヒー豆やコーヒー抽出に使用するさまざまな機器の取り扱いに関する専門的な知識と技術が欠かせません。これらを活かして、最高の一杯を提供します。また、カフェや喫茶店は、接客サービス業でもあります。お客様に心地よさを感じてもらうための気配りのきいた接客も、コーヒーを淹れる仕事と同様に大切です。

コーヒーのスペシャリストとして

バリスタの一番の仕事は、香り高く風味豊かな、最高の味わいのコーヒーを淹れることです。そのためには、コーヒー豆の産地や種類ごとの特徴、仕入れた豆の目利き、選別、管理方法から焙煎、抽出までのコーヒーに関する高度な専門知識と技術が要求されます。豆の焙煎は季節やその日の温度・湿度により変えなければなりませんし、エスプレッソマシンなど、業務に必要な機器の取り扱いに習熟していなければなりません。また、お客様の好みに合わせて、酸味、甘み、苦みを調整してコーヒーを提供する技術も求められます。バリスタは、おいしい一杯を淹れる、コーヒーのスペシャリストなのです。また、働く店によっては提供するドリンクがコーヒーだけに限らず、夜の営業時にアルコールを提供することもあるため、ドリンク全般の知識が必要とされる仕事でもあります。

きめこまやかな接客

コーヒーをはじめ、さまざまなドリンクの提供がバリスタの仕事の中心ですが、カウンターでお客様と会話したり、テーブルにドリンクやフード類を運ぶ作業も重要な仕事になっています。バリスタが働くカフェ・喫茶店などは、接客サービス業でもあるので、お客様に快適なひと時を過ごしてもらうことが大切です。そのために、お客様に満足してもらえる、きめこまやかな接客が不可欠になります。

ラテアートを描く

最近、バリスタの仕事として注目されているのがラテアートです。ラテアートとは、エスプレッソの表面に、細かく泡立てたミルクで模様や絵を描くこと。このラテアートを楽しみに、カフェなどを訪れるお客様も増えています。エスプレッソのブラウンとミルクのホワイトの2色の濃淡で生み出すラテアートは、コーヒーカップに表現された芸術。バリスタの腕の見せ所です。

フード作りなど

多くのカフェ・喫茶店では、コーヒーなどのドリンクの他に、軽食やスイーツなどの提供もしています。店によってはフード作りやその補助なども行い、新規にメニューに載せるフードの企画立案に携わることもあります。提供する軽食やスイーツに使われている食材や味の特徴、どのドリンクとの相性がよいかなどの知識も持ち、お客様に聞かれたら適切に答え、アドバイスできることが求められます。

全国のオススメの学校

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

バリスタを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路