• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • フードコーディネーター
  • 就職先・活躍できる場所は?
フードコーディネーターの就職先・活躍できる場所は?

フードコーディネーターの就職先・活躍できる場所は?

全国のオススメの学校

フードコーディネーターとして働く場所は、複数あります。
料理写真や動画を撮影するためのスタジオのほか、撮影のための小物を扱うお店やスーパーや、取引先の企業や飲食店など、仕事内容に合わせてさまざまな場所を利用します。
なかには、会社員として、固定の会社に属して働くフードコーディネーターもいます。その場合、就職先にもさまざまな選択肢があります。

フリーランス(独立)の場合

フリーランスのフードコーディネーターは、仕事内容に合わせて撮影スタジオや取引先の企業、事務所など、さまざまな場所を移動しながら働くスタイルが一般的です。
レシピや記事の執筆、事務作業は事務所で行い、料理写真や動画の撮影は撮影スタジオで行います。撮影のための食材を買いにスーパーに行ったり、撮影用の食器や小物をレンタルしてくれる専門店に出向いたりすることもあります。
また、食品メーカーや飲食店など、取引先の企業に行き、打ち合わせを行うこともあります。料理教室の講師をするときは、クッキングスクールに招かれる場合もあれば、自宅や事務所のキッチンを使って個人でレッスンを行うこともあります。

就職先は食品メーカーや飲食店、商社など食品業界がメイン

企業に勤務しながらフードコーディネーターのスキルを生かす働き方もあります。食品業界では多くの先輩フードコーディネーターが活躍しています。例えば、食品メーカーや食品を専門に扱う商社では、商品開発やお弁当のメニュー開発などの仕事があります。また、飲食店や飲食のコンサルティング会社に勤務して店舗で提供するメニューの考案を担当したり、料理教室で講師を務めるフードコーディネーターもいます。

取材協力

倉田 沙也加(フードコーディネーター)

大手食品商社にて2年勤務後独立し「大切な人を大事にするための料理」をモットーに活動。真似しやすく簡単な家庭料理のレシピ制作を得意とする。料理番組出演、料理動画サービスレシピ制作・撮影、料理記事の執筆や講師など多岐にわたり活躍。現在は、(合)HITOOMOI代表として活動中。

フードコーディネーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路