• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • フードコーディネーター
  • 気になる?年収・給料・収入
フードコーディネーターの気になる?年収・給料・収入

フードコーディネーターの気になる?年収・給料・収入

全国のオススメの学校

フードコーディネーターの給与や年収は、フリーランス(独立)として働くか、会社員として働くかで大きく異なります。フリーランスの場合、アシスタントからキャリアをスタートするため、1年めの年収は200~300万円ほど。実力をつけて独立すれば、多くの場合年収は500万円以上となるようです。会社員の場合は、一般的な新卒の年収からスタートするので、それぞれの企業によりますが、安定的な昇給が望めそうです。

フリーランス(独立)の場合、年収200~500万円ほど。売れっ子になるとそれ以上

フードコーディネーターの年収は個人差が大きく、能力や経験によってかなりの差があります。フリーランス(独立)のフードコーディネーターを目指す場合、アシスタントから始めるのが一般的です。なぜなら、フードコーディネーターとして独立したいと思っても、実績のない駆け出しのフードコーディネーターに仕事がくることはあまりないからです。
アシスタントの場合、一般的な月給は15~20万円ほどです。仕事内容は、掃除や皿洗いなどのサポート業務からスタートします。働きぶりが認められると、料理に使う野菜のカットや調味料の計量を任されるなど、先輩フードコーディネーターの仕事を少しずつ教えてもらっていきます。数年間のアシスタント勤務を経験し、独り立ちできるスキルが身についたら独立する人が多いようです。
独立して活動するフードコーディネーターは、フリーランス(個人事業主)として活動するほか、会社を設立する人もいます。年収は200~500万円くらいが相場ですが、それ以上稼ぐ売れっ子のフードコーディネーターもいます。

会社員の場合、年収300万円以上

フードコーディネーターのなかには、会社員として働く人もいます。その場合、給与は一般の会社員と同じで、勤務する会社や勤続年数によって大きく差があります。一般的な新卒1年め(大卒)の場合、年収300万円ほどと言われています。キャリアを積んで出世すれば、安定した昇給が望めると言えます。

取材協力

倉田 沙也加(フードコーディネーター)

大手食品商社にて2年勤務後独立し「大切な人を大事にするための料理」をモットーに活動。真似しやすく簡単な家庭料理のレシピ制作を得意とする。料理番組出演、料理動画サービスレシピ制作・撮影、料理記事の執筆や講師など多岐にわたり活躍。現在は、(合)HITOOMOI代表として活動中。

フードコーディネーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路