• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 群馬パース大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 保健科学部
  • 臨床工学科

私立大学/群馬

グンマパースダイガク

臨床工学科

定員数:
50人

チーム医療の一員として、患者さんの病態を感じながら安全で質の高い医療を提供するために医学と工学を学びます。

学べる学問
  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 医用工学

    工学と医学の両方を理解した先端医療機器の技術者を育てる

    心電図計や電子メス、MRIなど、医療にかかわる機器やその技術の開発を目指す医用工学。いわば、医学と工学の融合した学問です。現代の医学の発展はこうした機器の発達に支えられる部分が大きく、医用工学はものづくりから、人々の健康に携わる学問だといえます。ものづくりが好きで、医療、医学にも関心がある人にとって、はぴったりだといえるでしょう。

目指せる仕事
  • 大学教授

    専門の研究をもち、大学のゼミや講義で指導する

    大学教授になるまでには、助教→講師(専任・非常勤)→准教授→教授と順を追って昇進していくのが一般的。教授には研究室や研究予算が与えられるので、独自の専門分野の研究を続けつつ、学生の指導にもあたる。指導力も重要だが、定期的に学会などで論文を発表したり、研究成果を出していくことも大切な仕事だ。

  • 大学教員

    自分の研究分野に関わる専門の講義の指導のみを行う専門講師

    大学では、教授会に所属して大学の運営などにも関わる教授・准教授などとは別に、外部から呼ばれる「講師」がいる。講師とは、一定の期間の契約を大学と交わし、自分の研究分野に関わる講義のみを行う教員だ。教授や准教授のポストの空きがなかなかなくて講師をする人もいるが、本業は別に持ち、その高い専門知識を学生に伝えてほしいと要請を受けて講師を務めるケースも多い。高校までの教員と異なり、大学の教員の場合は特別な資格は必要ではなく、あくまでも専門領域への深い造詣や知識・技能があるかどうかが重要になる。

  • 臨床工学技士

    生命にかかわる高度な医療機器を扱う“いのちのエンジニア”

    人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺装置など、生命を維持するための装置を操作し、その保守と点検を行うのがおもな仕事。医学的な知識と工学的な知識を兼ね備えてなければいけない。

初年度納入金:2019年度納入金(参考) 155万円  (入学金15万円含む)

学科の特長

学ぶ内容

人としての「心」を大切にした豊かな人間性を持つ臨床工学技士を目指す
医療機器を安全かつ適正に運用できるよう、原理や構造についての幅広い知識や保守管理技術・情報処理能力を総合的に学習します。また、医療機器メーカーなどの様々な医療分野で活躍する方々を講師に招き、それぞれの分野で臨床工学技士がどのように活躍しているかをお話しいただき、医療現場に適した深い知識を習得します。

カリキュラム

チーム医療の一員として、他職種との連携について学ぶ
臨床工学技士は医療現場で幅広い業務を受け持つとともにチーム医療の一員として、他職種へのコーディネータとしての役割や知識が求められます。したがって、他職種への理解と医療機器の安全・適正な運用を行える知識と技術が必要です。本学では、他学科との連携を通して他の医療職への理解や連携についても学びます。

先生

学生一人ひとりに目の行き届いた、きめ細やかな個別学習指導を実施
臨床経験豊かな教員が主体となり、きめ細やかな指導を行っています。普段の学習や将来について、日常生活の相談など気軽に話せる雰囲気があり、学生と教員との距離が近いのが特徴です。研究室フロアには学生専用の掲示板や図書室を設置したことで、教員と顔を合わせることも多く、学生が質問しやすい環境が整っています。

実習

7週間の臨床実習を通してチーム医療の一員としての責任と役割を学ぶ
病院での実習期間を比較的長く設定し(7週間の臨床実習)、即戦力となる人材育成に努めます。これまでの講義や学内での実習で学んだ内容を再確認しながら、実際の医療現場で医療機器の安全使用や適正使用について学習し、実践能力を身に付けます。また、患者さんへの対応やチーム医療の一員としての責任と役割を学びます。

施設・設備

JR「高崎問屋町駅」から徒歩4分の4号館(放射線・臨床工学科棟)
臨床工学実習室には、人工心肺装置を完備した模擬手術室や、生命維持管理装置の操作や保守点検作業を学べる模擬集中治療室、人工透析に関する装置の使用方法と原理を実践さながらに学習できる模擬血液浄化室があり、臨床実習に向けた演習も全て学内で行えます。

奨学金

群馬パース大学独自の奨学金制度
本学では、成績優秀で経済的理由により修学困難な方を対象に大学独自の奨学金制度を設けています。一般入試(前期)の受験生より選抜される『特待生奨学金』は、最大で4年間の授業料100%免除。そのほか、入学後申請できる『神戸奨学金』や『兄弟姉妹奨学金』があります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 臨床工学技士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    病院 、 医院・クリニック(人工透析) 、 企業・医療機器メーカー(企画、開発、取扱い指導など) 、 教育研究機関 ほか

※ 想定される活躍分野・業界

※臨床工学科は2021年3月第一期卒業生輩出予定

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒370-0006 群馬県高崎市問屋町1-7-1 群馬パース大学 入試広報課
TEL:027-365-3370(入試広報課直通)
E-mail:nyushi-koho@paz.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
群馬県高崎市問屋町1-7-1 JR上越線・両毛線「高崎問屋町」駅 問屋口から徒歩 10分

地図

 

路線案内


群馬パース大学(私立大学/群馬)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る