• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 富山
  • 富山福祉短期大学
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

常に現場を意識・想定した授業を展開

福祉・看護・教育・観光の分野では時代のニーズに対応できる人が重要視されます。富山福祉短期大学では、実際の現場に即した教育で、長く活躍できる人材を育てます。多職種がさまざまな場面で関わる福祉・看護・観光の現場。早い段階から学科間で連携した授業を行っています。それは、お互いの役割や大変さを理解することで、チームアプローチ力が身につくから。学生が目指している専門職の多くは、国家資格の取得が必要です。サポートするために、学科専攻ごとにさまざまな施設、自治体、病院、教育機関、NPO等と連携し、充実した実習が受けられる体制が整っています。学校の特長1

教育方針や校風が魅力

手厚いサポート体制で、安心の短大生活

教員と学生との距離が近く、アットホームで温かい短大です。それをかたちにするのが、AD(アドバイザー)制度。学生一人ひとりにアドバイザー(担当教員)がつき、学習状況や就職についての悩みなど、学校生活全般にわたる相談・助言を行う制度です。学生は、テーマに沿って今の思いを記入する「週フォリオ」を、定期的にアドバイザーに提出します。書く力を育てながら、学習や学校生活の支援に役立てています。学校の特長2

先生・教授・講師が魅力的

地域から学び、地域とともに育つ

「地学一体」をコンセプトに掲げ、在学中に地域の問題と向き合い、課題の解決に主体的に取り組むスタイルを構築しています。学生自ら地域に出向く「富山コミュニティー論」などを通して、自主的な探究心やコミュニケーション力を磨き、課題解決していける力を育みます。また、地域の方に役立つ講座を多数用意するほか、図書館も自由にご利用いただいています。学生と、地域間の交流をさかんにし、地(知)の拠点としての役割を担っていきます。学校の特長3
富山福祉短期大学(私立短期大学/富山)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る