• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 龍谷大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 農学部

私立大学/京都・滋賀

リュウコクダイガク

農学部募集人数:416人

「いのち」を支える「食」と「農」について学び、未来の食の安全・安心を支える「農のゼネラリスト」に

募集学科・コース

育成や変異など植物が秘める能力を明らかにし、より良い農作物を育成するための基礎技術を学ぶ

農業資源を活かし生産性を高める方法を模索し、農作物の改良・栽培技術を学習。安全で環境と調和した農業を追究

【管理栄養士養成課程】「食」と「農」を支える社会と経済のしくみを学ぶ

「食」と「農」を支える生産・流通の仕組みを社会科学と自然科学の側面から学び、そこに潜む課題の解決に挑む

キャンパスライフShot

Photo
4学科全ての学生が体験する農業実習。食や農に携わる喜びや感謝の気持ちを養い、「食の循環」の大切さを学ぶ
Photo
農村や自治体と協働した取り組みを行います。地域の振興を図るとともに、グローバルな視点に立つことのできる人材を育成
Photo
9号館内には、調理実習室や国内最大規模の植物培養室など最新設備が完備

学部の特長

学ぶ内容
学科の内容
自然科学と社会科学の分野を合わせた総合的な農学教育を目標に掲げ、「食」と「農」の2つの視点からそれぞれの役割や意義を学びます。農作物の育成から生産・加工・流通・消費・再生までの一連の流れを「食の循環」とし、各プロセスに対応した4つの学科を学びのステージとして設置。各領域が抱えている問題を「食の循環」のつながりの中で捉え、問題を解決する方法を追究します。学びを通して、人と自然が調和した持続可能な社会の実現を担う人材を育成します。
植物生命科学科
植物生理学や植物遺伝学などの生命科学領域を中心とした学びを展開し、農業の基礎である農作物の育成や遺伝の原理について理解します。最先端の科学技術を知ることで、植物の力を科学的に探究します。
資源生物科学科
育種学や作物学をはじめとする農業に直結した農業科学領域を中心とした学びを展開し、農業現場の即戦力となる農業技術の修得をめざします。
食品栄養学科
人が生きる上で必要な「食」を、加工する過程から食べる段階までの食環境を通して学習。「栄養」や「健康」の観点から農作物を捉え、食の大切さをテーマに考察します。
食料農業システム学科
食を支える生産と流通の社会的・経済的な仕組みを学習。「食」や「農」の問題を社会・経済情勢や歴史的な背景、農村部における地域コミュニティー、環境問題の観点も組み込んで考察し、様々な問題解決方法を追究します。
授業
食の循環実習
1・2年次に4学科全ての学生が学科の垣根を越え合同で行う実習。作付けから栽培・収穫・加工・販売に至る一連のサイクルを実体験し、食や農に対する問題意識を育みます。
「食と農の倫理」
いのちを支える「食」と「農」に関する様々な問題に対し、仏教の思想や倫理観、社会的正義という観点を盛り込んだ独自の授業を展開し、多面的な倫理観を養成します。
学部のプロフィール
設立の背景
世界で人口増加に伴う食料不足が深刻化する一方、国内においては、農業人口の減少や食料自給率の低下、食の安全安心といった「食」と「農」をめぐり解決すべき問題が山積みです。本学部では、「食」が抱える様々な問題を多面的に捉え、新しい解決方法を探る人材を育成。またグローバルな農業問題の解決に挑み、地域に根ざした活動で、「食」や「農」に関わる問題に取り組む力を養います。

入試・出願

就職率・卒業後の進路 

■目指す就職先
農業関連企業・農業関連団体、農業従事者、食品・飲料メーカー、公務員、研究職 等

問い合わせ先・所在地

〒520-2194 滋賀県大津市瀬田大江町横谷1-5
077-543-5111 

所在地 アクセス 地図・路線案内
瀬田キャンパス : 滋賀県大津市瀬田大江町横谷1-5 JR「瀬田(滋賀県)」駅から帝産バス 約8分

地図

 

路線案内


龍谷大学(私立大学/京都・滋賀)