• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 管理栄養士

管理栄養士

管理栄養士

医療や教育、スポーツ、美容に欠かせない栄養指導のスペシャリスト

病院や、保健所、学校などの集団給食施設で献立をつくり、栄養指導をする。栄養士資格を持った上で国家資格を取る必要がある。栄養士よりも高度な知識をもち、複雑な栄養指導、管理を行う。

管理栄養士のやりがい

栄養指導をしたことで、入院患者の体調や病状が快復していく様子を見ることができたり、献立を考えた給食を子どもたちが残さずにおいしく食べてくれたり、あるいはアスリートの体調が安定して大会などで良い結果を出してくれたり、ダイエットが成功していく様子を見たりできるのは、管理栄養士にとって何よりもうれしいことでしょう。指導した人から頼りにされることも多く、スペシャリストとしての自信にもつながります。

管理栄養士の就職先・働く場所

管理栄養士の活躍できる場所は、時代とともに広がっているのが大きな魅力です。もっとも一般的なのは病院や社会福祉施設。これらの場所で患者や個人の体調に合わせた栄養指導を具体的にできるのが栄養士との違いです。ほかにも、学校給食をつくる給食センターや社員食堂のある企業や食品会社の研究所、公務員となって保健所に勤務したり、最近は、スポーツ施設やダイエット指導などを行うエステサロンなどの美容施設、フリーランスとなって料理教室を主宰するなど活躍の場も増えています。

  • 老人福祉施設
  • 保健所
  • 保育園
  • 病院
  • 食品メーカー
  • 障害児関連施設
  • 児童福祉施設
  • 市町村役所
  • 学校
  • エステサロン
  • 一般企業

管理栄養士の年収・給料・収入

活躍の場が幅広い管理栄養士は、勤務先によって給料や年収も幅があります。全体的な平均年収は250~400万円ほどになります。公務員の場合は、定期昇給が定められているので、年収は勤続年数が長いほど高くなっていきます。また、平成32年(2020年)に東京五輪が開催されることから、スポーツ関連施設に勤務する管理栄養士は今後需要が高まり、それに伴って年収も高くなる可能性があります。

管理栄養士の将来の展望

管理栄養士は、人の健康づくりに欠かせない食にまつわる専門職です。高齢化社会が進行していくなかで、管理栄養士の重要性も高まり、また、スポーツや美容分野でも食の専門的な知識が求められていることから、公認スポーツ栄養士、食育アドバイザー、フードコーディネーターなどの資格をあわせて持つことで活躍の場はさらに広がるでしょう。さらに、フリーランスの管理栄養士として、雑誌やテレビ、海外、プロのアスリートのアドバイザーなどで活躍する人も増えています。ただし、一方で管理栄養士の資格を持つ人が増加していくことも考えられ、人気のある公務員や食品会社などは狭き門となっていくでしょう。

管理栄養士になるには

まず、栄養士の資格を取得(栄養師養成課程を修了することで資格が取得できます)して、その後に管理栄養士の国家試験を受験する必要があります。管理栄養士の免許を取得するには、国が指定した管理栄養士養成施設、または栄養士養成施設で学び、卒業することが前提条件です。4年制の大学や専門学校の管理栄養士養成課程に進むか、または、栄養士養成施設(大学、短期大学、専門学校など)を卒業後に、実務経験を経て管理栄養士の受験資格を得る方法があります。管理栄養士国家試験は年に1回、毎年3月中旬頃に実施されます。合格率は、4年制の管理栄養士養成課程がある大学の新卒者で8~9割。しかし、栄養士養成施設から実務経験を経て受験した人の合格率は1~2割のため、全体では5割以下と容易ではありません。

管理栄養士の適性・求められる力

食は、人の健康に欠かすことができない重要なこと。その食の正しい知識から、一人ひとりに合わせたアドバイスまでできるのが管理栄養士です。食や栄養に関する幅広い知識はもちろん、食べることへの高い関心は必須条件です。さらに、病院で働くなら、患者とのコミュニケーションは重要。医師や看護師と連携して働くので協調性やチームで動くことへの意識の高さも求められます。学校や保健所などでの食育に携わることもあるので、食についての歴史も知識として身につけておきましょう。スポーツや美容分野に携わるなら、その分野の食以外の知識も必要となります。

管理栄養士の学校の選び方

管理栄養士は国家資格です。受験資格を得るには、食や栄養を専門とした学部を卒業することが必須条件です。資格の合格率・難易度を考えると、4年制大学を選ぶことが近道でしょう。同じ4年制大学でも、管理栄養士養成課程ではなく、栄養士養成課程の場合があります。栄養士養成課程の場合は、管理栄養士の受験資格を得るために卒業後に実務経験が必要となるので、学部選びは間違えないようにしましょう。

管理栄養士<国>

傷病者に対する療養や個人の健康保持のための栄養指導を行う専門家

高齢化や生活習慣病の増加により、食生活のあり方が見直されているなか、専門知識と技術をもった栄養指導のプロが求められている。そこで注目されるのが、栄養士をステップアップさせた管理栄養士という国家資格。従来は、栄養士がかかわる仕事のうち複雑で困難な業務を担う人材とされていたが、栄養士法の改正により、傷病者に対する療養や、個人の健康保持のための栄養指導をする者などと新たに位置づけられている。

管理栄養士<国>の就職先

病院や学校の給食部門、給食センター、企業の社員食堂、外食産業、食品関連企業などのほか、自治体、福祉施設、保健所・保健センター、スポーツ施設などにおいて栄養指導者として勤務。また、大学、研究所、食品メーカーにおける研究員や、農村で生活改良普及員として活躍している人も。

管理栄養士<国>をとるには

管理栄養士<国>の受験資格

管理栄養士国家試験の受験資格は、修業年限が2年(または3年、4年)である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、3年(または2年、1年)以上の実務経験をもつ者。修業年限が4年の管理栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた者など。

管理栄養士<国>の合格率・難易度

合格率
55.7%
※2015年3月実施(第29回)

資格団体

厚生労働省
電話:健康局健康課03-5253-1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/
  • パンフ・願書請求キャンペーン

管理栄養士に関連する学問

管理栄養士に関連する記事

  • 「おいしくてヘルシー」でみんなを笑顔にする栄養士の魅力

    毎日の食事がおいしくてヘルシーだったら、みんなが笑顔になる。 そんな食事の献立を考えて、栄養についてのアドバイスをするのが、栄養士という仕事。では実際、どんな風に働いているのだろう?栄養士の仕事をしている人の生活をのぞいてみた。 栄養士の本間有希さん(22歳)は現在、都内の保育園で園児に出す …

管理栄養士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

北陸食育フードカレッジ - 2017オープンキャンパス!【調理専攻学科】 - 2017/05/14~2017/05/21 - 新潟県長岡市福住1-5-25
東京栄養食糧専門学校 - 授業見学会 - 2017/05/16 - 東京都世田谷区池尻2-23-11
北陸食育フードカレッジ - 2017オープンキャンパス!【管理栄養士学科】 - 2017/05/14~2017/05/21 - 新潟県長岡市福住1-5-25