• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 栄養士

栄養士

栄養士

栄養指導、献立作成、調理まで行う「食物・栄養」のスペシャリスト

病院や、保健所、学校などの集団給食施設で献立をつくり、栄養指導をする。医者の治療方針に添った栄養指導から、フィットネスクラブでのダイエット相談を兼ねた栄養指導や、レストランでメニュー開発をするフードコーディネーターとして働くケースも。

栄養士のやりがい

「自分が考えた献立をよろこんでもらえた」「『おいしかった!』と言ってもらえた」などの反応が、栄養士にとっての一番のやりがいになっているようです。栄養士は学校給食など健康な人の食事にかかわることが多いため、管理栄養士が行う病気の人への栄養指導と比べると、病気の回復に貢献しているといった実感を得る機会は少なくなります。しかし栄養士の指導や食事によって病気を予防することもできるので、「人々の健康にかかわれる仕事である」という点では管理栄養士と立場は同じ。これからの社会を担っていく子どもたちの元気な姿を見て、それを支える仕事をしていることに誇りをもつ人もたくさんいます。

栄養士の就職先・働く場所

大勢の人を対象に栄養バランスに配慮した食事を提供する施設であれば、どこでも栄養士のニーズがあります。代表的な就職先としては、給食会社、学校、保育園・幼稚園、病院、社会福祉施設、介護施設、保健所など。一般企業の社員食堂に派遣されたり、食品メーカーで研究職として働いたりするケースもあります。

  • 老人福祉施設
  • 保健所
  • 保育園
  • 病院
  • 食品メーカー
  • 障害者福祉施設
  • 障害児関連施設
  • 児童福祉施設
  • 市町村役所
  • 学校
  • エステサロン
  • 一般企業

栄養士の年収・給料・収入

男女計の平均年収は約340万円、月で計算すると基本給で約24万円程度となっています。ただし、働く場所によって給与水準は異なります。病院で働く栄養士、公務員栄養士、食品メーカーの研究職などは、他の施設で働く栄養士よりも給料が高くなる傾向にあるようです。

栄養士の将来の展望

人々の健康への意識の高まりや、高齢化社会の到来により、栄養士が活躍するフィールドは広がるいっぽう。各現場で栄養士が担う役割、かけられる期待もより大きなものになっています。介護施設や病院では、個人の状態に合わせたきめ細かなメニュー提供が求められていますし、レストランや飲食店、社員食堂、学校給食など、健康な人を対象にした食事提供の場においても「低カロリー」「塩分・脂質控えめ」「アレルギー対応」など、ニーズは以前よりも多様化しています。またいずれにしても「栄養バランスがいい」「必要条件を満たしている」だけでは十分でなく、「おいしく、楽しめる食事」であることが大前提です。特にビジネスの現場ではそれが利用者を満足させる「サービスの向上」につながるため、栄養・食物の専門家として求められる知識やスキルのレベルもどんどん高くなっています。この分野で活躍するには、管理栄養士へのステップアップも含め、常に向上心をもち、仕事に取り組む必要があることを心得ておきましょう。

栄養士になるには

栄養士になるには、「栄養士養成施設」を卒業し、国家資格である「栄養士資格」を取得する必要があります。資格取得に伴う試験はありません。栄養士養成施設には、4年制大学、3年制の短大・専門学校、2年制の短大・専門学校がありますが、いずれも昼間に通う学校のみで、夜間や通信教育の施設はないので注意しましょう。養成施設ごとに独自のカリキュラムがあり、強みや特色もさまざま。「将来、どんな分野で活躍したいのか」を考え、自分の目的に合った進路先を選ぶことが大切です。また、栄養士よりもさらに専門性の高い「管理栄養士」を目指す場合は、4年制大学や専門学校の「管理栄養士養成課程」に進むのが一番の近道になります。

栄養士の適性・求められる力

やはり、「食への興味がある」「食べることが好き」「調理が好き、得意」という人が向いている職業になります。栄養バランスが良く、かつ「おいしい」「楽しい」と感じてもらえるメニューを考案し続けるには、普段から食への関心をもっていること、自身の食経験の豊かさが大きなカギになってくるからです。食への探究心、調理スキル、そして人をよろこばせたいというサービス精神。この3つが備わっていれば、皆の笑顔を引き出せる栄養士として活躍できるはず。また、調理作業時においては同僚とのチームワークも大切な仕事になりますので、人と協力し合えるコミュニケーション力や協調性も必要になります。

栄養士の学校の選び方

栄養士養成施設は2~4年制。早く栄養士として現場に出たいなら、2年制の短大か専門学校が最適ですし、食や調理、栄養に関して幅広い知識を得たいのであれば、4年制の大学の栄養士養成課程か専門学校がいいでしょう。いずれも学校によって特色が異なりますので、どんな現場で働きたいのか=どの分野の力を重点的に伸ばしたいのかを考えることも大切です。オープンキャンパスで調理体験などのイベントを行う学校もありますので、実際の授業のイメージを掴むためにも、ぜひ参加してみましょう。また、栄養士資格は夜間や通信制では取得できない点にも注意してください。

栄養士<国>

身近な栄養指導のプロとして、バランスのとれた理想的な献立を考案

栄養士とは、都道府県知事の免許を受けて栄養の指導に従事する人のこと。具体的には、学校や病院の給食部門などにおいて、栄養のバランスや利用者の健康状態、味付け、調理法などを考慮しながら献立を作る。 高齢化や食の欧米化などを背景に健康的な食事が見直されている今、腕を生かせる機会は多い。栄養士養成施設を卒業し都道府県に申請することで取得できる。

栄養士<国>の就職先

病院や学校の給食部門、給食センター、企業の社員食堂、外食産業、食品関連企業などに勤務する。また、自治体、福祉施設、保健所・保健センター、スポーツ施設などにおいて栄養指導者として活動する。

栄養士<国>をとるには

栄養士<国>の受験資格

栄養士の免許は、厚生労働大臣の指定した栄養士養成施設において2年以上、栄養士として必要な知識および技能を修得した者に対して都道府県知事が与える。栄養士養成施設には、大学、短期大学、専門・各種学校などがあるが、どこを卒業しても取得できる資格は同じ。

栄養士<国>の合格率・難易度

合格率

※試験は行われない

資格団体

(一社)全国栄養士養成施設協会
電話:03-6273-3877
URL:http://www.eiyo.or.jp/
栄養士を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

栄養士に関連する学問

栄養士に関連する記事

  • 「おいしくてヘルシー」でみんなを笑顔にする栄養士の魅力

    毎日の食事がおいしくてヘルシーだったら、みんなが笑顔になる。 そんな食事の献立を考えて、栄養についてのアドバイスをするのが、栄養士という仕事。では実際、どんな風に働いているのだろう?栄養士の仕事をしている人の生活をのぞいてみた。 栄養士の本間有希さん(22歳)は現在、都内の保育園で園児に出す …

栄養士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

二葉栄養専門学校 - **★** 管理栄養士学科 体験入学 **★** - 2017/03/31 - 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-11-2
服部栄養専門学校 - 【AO入試特典あり】AO入試説明会&マジパン作り体験 - 2017/03/31 - 東京都渋谷区千駄ケ谷5丁目 25-4
二葉栄養専門学校 - **★** 栄養士科 体験入学 **★** - 2017/03/31 - 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-11-2