• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 管理栄養士
  • ズバリ!将来性は?
やりたいことを見つけよう!

ズバリ!将来性は?

管理栄養士は、人の健康づくりに欠かせない食にまつわる専門職です。高齢化社会が進行していくなかで、管理栄養士の重要性も高まり、また、スポーツや美容分野でも食の専門的な知識が求められていることから、公認スポーツ栄養士、食育アドバイザー、フードコーディネーターなどの資格をあわせて持つことで活躍の場はさらに広がるでしょう。さらに、フリーランスの管理栄養士として、雑誌やテレビ、海外、プロのアスリートのアドバイザーなどで活躍する人も増えています。ただし、一方で管理栄養士の資格を持つ人が増加していくことも考えられ、人気のある公務員や食品会社などは狭き門となっていくでしょう。

活躍できるフィールドは拡大中

健康でいるために食は重要という認識が広まり、管理栄養士の存在は注目されています。病院勤務の場合も、従来の病院食ではなく、栄養のバランスとおいしさを追求した食事が求められる傾向が高まり、病院を選ぶ際のひとつのポイントとして注視される存在になりつつあります。介護食では個人に合わせたキメ細やかなメニューづくり、離乳食ではより簡単でおいしく栄養のバランスが良いものが求められており、管理栄養士が担う役割は日々大きくなっています。

健康づくりの発信者として

ビジネスの分野では、現在、スーパーフードや健康機能食品などが拡大し、注目を集めています。特に日本食は「ヘルシー」という認識が世界で広まりつつあるため、食の専門家である管理栄養士の知識を生かした提案は影響があるといえます。食品会社や研究機関での仕事の幅は今後さらに広がっていくでしょう。

資格を複数持つことで欠かせない人材に

管理栄養士に関連する資格として、公益社団法人日本栄養士会が認定する、公認スポーツ栄養士や在宅訪問管理栄養士、がん病態栄養専門管理栄養士などがあります。これらの特定分野に精通した資格や、フードコーディネーター、ベジタブルマイスター、食育アドバイザーなど広く知られている民間の資格を持つことで、所属先にとって欠かせない人材になれる強みが加わります。特に平成32年(2020年)の東京五輪に向けて、公認スポーツ栄養士は需要が増えていくと予想されます。自分の興味のある分野を追求していくと新たな道を切り開くことができるでしょう。

管理栄養士に関連する記事

管理栄養士に関連する学問

管理栄養士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路