• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京YMCA社会体育・保育専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 社会体育専門課程
  • スポーツトレーナー科

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウワイエムシイエイシャカイタイイクホイクセンモンガッコウ

スポーツトレーナー科

募集人数:
30人

競技スポーツ・総合スポーツクラブの現場で、競技力、一般の方の健康をサポートするスペシャリストを養成します

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • アウトドア・キャンプインストラクター

    参加者の安全や命を預かり、人と自然をつなぐアウトドアの達人

    キャンプ場などで、キャンプのルールやマナー、野外炊事やキャンプファイヤーなどの方法を指導するキャンプインストラクター。総合的な自然体験活動であるキャンプを支援するのが役割だ。自分で楽しむのとは違い、参加者の安全や命を預かる大切な役割を担い、人と自然とのよりよい関係づくりをすすめる。

  • 児童指導員

    児童福祉施設での“親がわり”

    児童指導員は、養育放棄などのさまざまな事情で入所してきた子どもたちやしつけや学習指導、生活上のアドバイスを行う。また、児童相談所や子どもの通学する学校との連絡や、子どもの引き取りをめぐって親と連絡をとったり、面接をするなど、子どもの養育と社会関係の調節も必要な仕事。

  • スポーツトレーナー

    一般の人からプロ選手まで、トレーニング指導の専門家

    プロ野球選手の専属トレーナーが注目されて話題になるなど、スポーツトレーナーの仕事は奥が深い。トレーニングする相手の体質や、健康上の課題をつかみ、その人にあったアドバイスや指導をしなければならない。体のしくみや栄養知識など、高度な専門知識がもとめられる。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • 体育教師

    授業や課外活動でスポーツの指導をする

    児童・生徒に陸上競技、球技、水泳など様々なスポーツの指導や、体の仕組み、応急処置などの知識を教える。積極的に運動を楽しむこころを育てるとともに、適度な運動で健康な体をつくることをめざす。中・高等学校では運動部の顧問として活躍することも多い。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

初年度納入金:2017年度納入金 120万円  (実習費・演習費含む)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

スポーツ選手をサポートするアスレティックコース
競技スポーツの現場で、選手一人ひとりに合わせたトレーニング指導や、外傷・障害に対する処置と予防法などが実践できる指導者を養成します。基本技術はもちろん、ケガをした選手のカウンセリングやリハビリテーションなど競技復帰までのプログラムの作成、実践もできるトレーナーを目指します。
健康・体力づくりのスペシャリストになるフィットネスコース
フィットネスクラブや総合スポーツクラブで活躍する、健康維持・体力増進のための運動指導者を養成します。指導の対象となる人たちの目的や体力に応じた運動プログラムを作成し、効果的な指導ができるトレーナー(インストラクター)を目指します。

カリキュラム

体力づくりの基礎から資格試験対策講座まで
1年次は体力づくりの基礎、スポーツトレーナーの基礎を学びスポーツトレーナーとしての基盤づくりをします。2年次には指導者としての役割やトレーニングの実際を演習を中心に学びます。また健康運動実践指導者などの資格取得を目指す学生のために試験対策講座も選択できます。

実習

学内での講義や実技に加えて、現場での指導体験を重視
併設するYMCAの総合スポーツクラブやキャンプ場で、指導アシスタントとして1年次より年間を通して指導体験実習を行います。また、夏・冬休みにも短期集中実習として各種スポーツの体験も。毎回、担当指導者のアドバイスを受けながら進めますので指導力が養われます。一部、プロチームでのインターンシップ経験も。
東日本大震災復興支援ボランティア。石巻の小学校で、学生たちが水泳指導
夏季に、社会体育専門課程の在校生と引率教員が石巻小学校で10日間の水泳指導を行います。この取り組みは今回で5年目。学生からは、「自分の指導した子が25m泳げるようになった。嬉しそうな姿に自分も励まされた」といった声も。学生にとっては、学んできた分野で人の役に立てるいい機会となりました。

イベント

みんなと一緒に体験することでスポーツの楽しさが見えてくる
よい指導者になるためには、まず指導される者としての体験が大切です。YMCAでは様々なスポーツ・野外活動を通じて、教室内では学べない体験を積みます。1年次必修のキャンプ実習のほか、夏・冬に行われるスポーツ実習では各種プログラムを体験するとともに、スポーツイベントに携わり、企画・運営する力を養います。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 健康運動実践指導者 、
    • アスレティックトレーナー (公認) 、
    • 障がい者スポーツ指導員 、
    • ジュニアスポーツ指導員

    JATIトレーニング指導者
    NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】
    C級スポーツ指導員(サッカー、テニス)
    日本赤十字社救急法救急員

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    読売巨人軍ジャイアンツアカデミー 、 メガロス 、 スポーツクラブジョイフィット 、 東京マリンスイミング&フィットネス 、 ピーウォッシュ 、 A.L.C.スポーツクラブ 、 東京ドームスポーツ 、 スポーツクラブオッソ 、 ホリデイスポーツクラブ 、 東京都知的障害者育成会 ほか

※ 内定先一覧

<四年制大学編入学>鹿屋体育大学、仙台大学、東京女子体育大学、国士舘大学ほか ※2016.12現在

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒135-0016 東京都江東区東陽2-2-15
TEL 03-3615-5577
sports@tokyo.ymca.or.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東陽町キャンパス : 東京都江東区東陽2-2-15 「東陽町」駅西口2番出口から徒歩 3分
「錦糸町」駅からバス15分 東陽町駅前下車  徒歩4分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京YMCA社会体育・保育専門学校(専修学校/東京)