• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ホテル・ブライダル
  • ウェディングプランナー
  • 仕事に就くとき悩んだことは?
ウェディングプランナーが仕事に就くとき悩んだことは?

ウェディングプランナーが仕事に就くとき悩んだことは?

全国のオススメの学校

ウエディングプランナーという職業は、きらきらとした人生の門出に携わる華やかなイメージがあります。その一方で、就活の際には大事な場面を左右するというプレッシャーや、業務内容を具体的にイメージできないといった悩みも出てくるでしょう。ここでは先輩ウエディングプランナーに話をきいてみましょう。(取材協力/小泉千秋)

人の門出に携わるプレッシャー

ウエディングプランナーになるには、2つの方法があります。大学に行く道とブライダルの専門学校に行く道です。
会社によって大卒しか採用しないところもありますが、大体の会社は大卒も専門学校も採用しています。後者のような会社では、専門学校卒の方が比率も多く、専門学校卒の人達はブライダルの専門の勉強をして様々な知識を得ているので、仕事を始めた時にスムーズに現場の対応ができ、大卒の人に比べて非常に有利な場面が多いようです。
あるウエディングプランナーさんは、就活の際、
「結婚式は人の大事な第二のスタートで、責任も重大である」
というプレッシャーを感じて悩んだそうです。
「自分のミスで人の人生を台無しにしてしまうのではないか」
と尻込みしていました。
しかし、結婚式というその場にいる人すべてが幸せになれる空間の憧れと
「人を幸せにしたい」
という夢を信じ飛び込んだ結果、入社して心配することよりも得られることが多くこの道を選んでよかったそうです。
そのウエディングプランナーさんは、ウエディングプランナーになって友人たちによく
「明るくなった」
「笑顔が素敵」
「社交的になった」
など言われるそうです。仕事柄、笑顔が絶えない職場のおかげで以前の自分に比べて明るく前向きになったそうです。幸せは幸せを呼ぶ。今の自分を変えたい人にはピッタリの職業です。

「人の幸せ」が「自分の幸せ」。幸せの二乗。

あるウエディングプランナーさんのように人を幸せにしたいという夢がある人には、ウエディングプランナーはうってつけの職業です。女性の憧れの結婚式。まさに毎日が「夢の国」でのお仕事です。
ウエディングプランナーは、人の人生の大事な節目に立ち会える数少ない職業であり、ましてや、人生の節目に笑顔で立ち会えるとなると、なおさら限られてくる職業です。その幸せの瞬間、瞬間に誇りをもてます。
結婚式場でアルバイトをしてみたり、本を読んで知識を得るなどしてイメージしてみたりするのもいいのではないでしょうか。少しでも憧れの気持ちがあるのであればまずは一歩踏み出してみる。不安な気持ちは時間が解決してくれます。会社は入ったら先輩が教えてくれますので心配することはありません。
ウエディングプランナーは、何よりも人の幸せが自分の幸せと思えることができる数少ない職業です。

ウェディングプランナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路