• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • ホテル・ブライダル
  • ウェディングプランナー
  • 志望動機を教えて!
ウェディングプランナーの志望動機を教えて!

ウェディングプランナーの志望動機を教えて!

ウエディングプランナーとして働く人の多くは、「人の喜ぶ顔が見たくて」「人と話すことが好きだから」とこの仕事を目指しています。ウエディングプランナーは、人と深くかかわる仕事です。そのため、「人が好き」でなければ続けることは難しいといえます。また、人の人生の一大イベントにかかわるため、非常に大きな責任感も伴います。あこがれだけでは続けられない大変な仕事であることは十分理解したうえで、「この仕事に就きたい」という強い気持ちが必要です。

人を喜ばせたい、楽しませたい

ウエディングプランナーは、人を喜ばせることが好きな人や、学園祭などのイベントでみんなを盛り上げることが好きな人は適性があるといえます。実際に、「友人のサプライズを考えたり、いろいろと企画を考えたりすることが好きだったから」とこの仕事に興味をもつ人も多くいます。ウエディングプランナーは幸せな1日をプロデュースする仕事ですから、「人を幸せにできる」ことに喜びを感じられる人にとっては、日々の仕事そのものが魅力的に感じられるでしょう。

人生の一大イベントに携わり、人から感謝される

人から感謝される仕事は多数ありますが、人の人生の一大イベントにかかわれる仕事はそう多くはありません。「新郎・新婦からの『ありがとう』の一言で、大変だったことはすべて忘れてしまう」と話す人も。多くの先輩ウエディングプランナーが、お客様からの「ありがとう」を原動力にしてこの仕事を続けています。

クリエイティブな仕事がしたい

結婚式にふたつと同じものはありません。100組のカップルがいたら、100通りの結婚式になるのです。新郎・新婦と共に希望どおりの結婚式を作り上げていくというクリエイティブな楽しさもあります。「この仕事に『飽きる』ということはありません」と話す人もいるように、変化が多い毎日はとても刺激的でしょう。

チームでひとつのものを作り上げる喜び

ウエディングプランナーは、言わば結婚式全体を総括する「司令塔」です。キッチンやサービスなど各セクションの仕事を理解し、的確な指示・確認をするリーダーシップが求められます。「学生時代の結婚式場のアルバイトで、約200人のスタッフがひとつになり、結婚式を作り上げていることに感動した」と話す人も。「自分ひとりではなく、人と協力しながら何かを作り上げたい」という人には向く仕事です。

実際の結婚式で感動して

「姉妹の結婚式で感動して」「幼いころに見た叔母の花嫁姿にあこがれて」というウエディングプランナーもたくさんいるようです。いつの時代も、結婚式は女の子のあこがれであり、誰にとっても特別なものなのです。

取材協力
SWEET ROSES CLUB OKAZAKI(スウィート ローゼス クラブ岡崎)ウエディングプランナー 幅泰葉さん

全国のオススメの学校

ウェディングプランナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路