• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 鹿児島大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理学部

国立大学/鹿児島

カゴシマダイガク

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2018年8月時点)

理学部

定員数:
185人

理学部

学べる学問
  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 地球・宇宙科学

    理論と観測を通して宇宙の成り立ちや現象を解明する

    誕生から45億年と言われている地球についてあらゆる角度から研究したり、宇宙そのものを対象として実験や観測を通してその謎を解明したりする。また、宇宙ステーションやロケットの研究など工学的な研究をする。

bug fix
初年度納入金:2018年度納入金(参考) 81万7800円  (文部科学省令で定める2018年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)
bug fix

募集学科・コース

数理情報科学科

物理科学科

生命化学科

地球環境科学科

学部の特長

学ぶ内容

理学部
 数理情報科学科では、数学的思考力を基礎とし、数理科学と情報科学の知識と経験を深める教育・研究を行う。
◆数理コース 数学の基本的構造(代数学、幾何学、解析学)の探求と、自然科学における諸現象の数学的・確率的モデルの解析と理論の探求を行う。
◆情報コース 情報科学の数学的基礎とコンピュータ(計算機)の理論的側面の探求および諸科学における問題について計算機を用いて解明する方法とその理論の探求を行う。
 物理科学科では、極微の素粒子・原子から巨大な宇宙まで、自然現象の基本的な仕組みを解明し、その背後に共通する基本的な法則を追求する。
◆物理コース 超伝導体、磁性体、半導体などの電子構造やその電気的・磁気的特性などを実験と理論の両面から研究する。
◆宇宙コース 宇宙を観測と理論の両面から、その構造・性質・起源に迫る研究を行う。
 生命化学科では、化学と生物学を基礎として物質や生物の構造・性質・機能を分子レベルから理解する。
◆化学コース 物質(分子)間の相互関係の解明、有用な天然物質の探索・構造解析・化学合成と新しい反応開発、生命現象を担うたんぱく質の構造と機能の解明に取り組む。
◆生命コース 個体発生、遺伝、情報伝達、生命間相互作用の解析などについて取り組む。
 地球環境科学科では、自然環境の諸現象を解明するために野外調査を主とした基礎研究を推進する。
◆地球コース 地球における地質現象や地殻変動現象、鉱物の分布調査や分析、地震メカニズムの解明、地震や火山などの自然災害の調査やその対策などの教育・研究を行う。
◆環境コース 環境中の微量元素の分析や水質調査、海洋における物質循環、熱帯林や常緑樹林における植物の生態などの教育・研究を行う。

入試・出願

入試一覧

合格難易度

就職率・卒業後の進路 

セントラルソフト、セコム、森建設など。

問い合わせ先・所在地

〒890-8580  鹿児島市郡元1丁目21の24 
TEL (099)285-7355 (学生部入試課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
郡元キャンパス : 鹿児島県鹿児島市郡元1-21-24 JR「鹿児島中央」駅から市営バスで「鹿大正門前」または「法文学部前」下車、徒歩約2分
市電1系統「騎射場」電停下車 徒歩10分
市電2系統「唐湊」(とそ)電停下車すぐ
市電2系統「工学部前」電停下車すぐ

地図

 

路線案内

※こちらのページは旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2018年8月時点)


鹿児島大学(国立大学/鹿児島)