• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 三重
  • 鈴鹿医療科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 保健衛生学部
  • 作業療法学専攻

私立大学/三重

スズカイリョウカガクダイガク

作業療法学専攻

定員数:
40人

「チーム医療」「地域包括ケア」を担い、高齢化社会のニーズに応えられる次世代の作業療法士を養成します

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

初年度納入金:2019年度納入金(参考) 160万円  (内入学金20万円、分納方式あり)

学科の特長

学ぶ内容

地域包括ケアシステムを担う作業療法士を養成
リハビリテーション分野では、現状、患者数に対して十分な治療を提供できていません。超高齢化社会となり、理学療法士や作業療法士を増やすことは、多くの医療機関における課題です。こうしたニーズに量・質ともに応えるため、本学は認知症や脳卒中など、地域包括ケアの一翼を担う作業療法士を養成します。

授業

全学共通の基礎教育「医療人底力教育」を通して「チーム医療」を学びます
医療技術が高度化・複雑化する今、患者さま中心の高度で安全な医療を提供するためには、多職種が連携しなくてはなりません。そのため、1年次に学部学科の垣根を越えた全学共通の基礎教育「医療人底力教育」を実施。「医療・福祉の総合大学」ならではのメリットを活かし、チーム医療への理解を深めていきます。
医療用のロボットスーツHAL(R)を導入し、最先端のリハビリテーション技術を学びます
サイバーダイン社が開発したロボットスーツHAL(R)は、最近の研究で四肢の運動障害のリハビリテーションに有効であることが認められ、今後、日本全国あるいは世界中に広がる可能性があります。本学では、そのロボットスーツHAL(R)を導入。最先端のリハビリテーション技術を学ぶことができます。

実習

2年次、3年次、4年次での豊富な臨床実習。「地域医療」と連携した実習もあります
実践的なスキルを修得する臨床実習においては、開学以来の実績により、三重県内を中心に多数の病院と協力体制が確立しており、実習受入れ病院の積極的な協力による豊富な臨床実習を予定。他大学や自治体、地域医療機関と連携し、2021年に行われる全国障がい者スポーツ大会in三重に向けて、大会サポートも実施します。

卒業後

広がる活躍のフィールド。「地域包括ケア」を担う作業療法士に
高齢化が進み、「地域包括ケア」が推進される今、認知症ケアを担う作業療法士は、医療現場に加え、地域での訪問・巡回ケアなど福祉・介護の分野でも活躍の場は広がっています。また保健・職業関連・教育など社会活動の現場にもニーズはあります。より高度な知識を求める学生には大学院進学の道も開かれています。

資格

国家試験対策講座や模擬試験など、国家資格の取得を徹底サポート
作業療法士国家試験の合格をめざし、模擬試験・個別指導・グループ学習を実施。一人ひとりにきめ細かな指導を行い、国家資格取得を徹底サポートします。作業療法士だけでなく、ロボットスーツHAL(R)安全使用講習修了証や初級障がい者スポーツ指導員などの資格取得も可能です。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 障がい者スポーツ指導員 (初級)

ロボットスーツHAL(R)安全使用講習会修了証

受験資格が得られる資格

  • 作業療法士<国>

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

病院、医療・介護福祉分野の施設・企業、保健所など(2023年3月第1期生卒業予定)

入試・出願

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001-1
TEL059-383-9591(直)  入学課
nyushi@suzuka-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
千代崎キャンパス : 三重県鈴鹿市岸岡町1001-1 近鉄名古屋線「千代崎」駅から徒歩 13分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

鈴鹿医療科学大学(私立大学/三重)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る