• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 岡山
  • 専門学校 岡山情報ビジネス学院
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 情報システム学科

専門学校 岡山情報ビジネス学院 情報システム学科

定員数:
40人

[職業実践専門課程]プログラミング技術をはじめアプリ・システム開発まで!2年間でSE・プログラマーをめざします

学べる学問
  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • アプリケーションエンジニア

    企業の情報システムを構成する個別システムの設計・開発を担当

    コンサルティング会社やシステム開発を行うIT系企業が、顧客(企業)に対して新たな情報システムを提案する際、システム全体の大まかな企画・設計はシステムコンサルタントやシステムアナリストが担当する。ただし、企業の情報システムは数多くのシステムの集合体なので、個別のシステムをどう設計するかも重要。この個別のシステムの設計・開発を担当するのがアプリケーションエンジニアだ。システムの役割や目的を理解し、適切な設計をして、システムエンジニア、プログラマーなどで構成される開発チームに指示をするのが仕事。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

初年度納入金:2022年度納入金 96万円  (入学金16万円、学費80万円)
年限:2年制

専門学校 岡山情報ビジネス学院 情報システム学科の学科の特長

情報システム学科の学ぶ内容

システムエンジニア(SE)、プログラマーをめざして、基礎からシステム構築までマスター
まずはプログラミングを楽しみながら修得し、就職につながる難関資格取得をめざします。その後、データベース演習やシステム設計演習で実力を養っていきます。卒業研究では企業を対象と想定した、実務に沿ったシステム構築を体験。プログラマーはもちろん、システム設計ができるワンランク上のSEもめざしていきます。

情報システム学科のカリキュラム

情報システム学科は文部科学大臣認定の職業実践専門課程!日々進化するIT技術にふれます
1年次前期はIT知識・技術の基礎を学習しながら、IT業界のさまざまな分野・職種について研究。1年次後期からは、システム開発専攻、モバイルアプリ専攻、コンピュータ制御専攻に分かれ、専門知識を磨きます。基礎知識を身につけてから自分の興味・適性に合った専攻を選択できるので、着実に力が身につきます。
基礎知識を身につけてから興味・適性に合わせて選べる3つの専攻で、専門分野を極めます
システム開発専攻ではC言語やVisual Basicを利用してシステム開発を実践的に学習。国家試験にも積極的に挑戦。モバイルアプリ専攻ではAndroidなどのモバイル端末を中心にJava言語を用いたアプリケーションの開発を学習。コンピュータ制御専攻では工業用ロボットや家電製品に用いられるコンピュータの制御技術を修得します。

情報システム学科の実習

在学中に実際の業務を経験。充実の実践教育で、IT業界の即戦力に
実践教育・企業連携としてIT企業で10日間、実際の業務を経験することで、よりリアルに、めざす職種で働く自分を想像できるようになります。現役の技術者からの直接指導は、その後の就職活動にとっても大きな財産。岡山県内外のIT企業で活躍できる人材をめざします。

情報システム学科の卒業生

「OICでは、新しいものが生み出される業界で活躍するための向上心を養えました」
エンジニアとして、ATMシステムの設計・開発に携わっています。OICでは実践的な授業を通して開発言語スキルや情報を調べる力が身につきました。また、仲間と目標に向かって切磋琢磨していく中で、業界で活躍し続けるために必要な向上心も養えました。(T.Aさん/2017年3月卒/(株)インフォメーションクリエーティブ勤務)
  • point 先輩の仕事紹介

    素早く正確に対応できるエンジニアとして成長し続けたいです

    錠剤や粉薬を服薬のパターンに合わせて袋に詰める、分包機の動作に関するプログラミングを担当しています。新規の開発以外にも、既存の機器に対する機能変更や追加にも対応します。プログラミングを読み解き、変更、追加後に他の動作へ影響がないようにするためには、高度な知識が求められます。医療に…

    専門学校 岡山情報ビジネス学院の卒業生

情報システム学科のイベント

プログラミングハッカソンコンテストで成績を可視化!よきライバルと技術力を競います
エンジニアには知識だけではなく実装力も必要!本学科では1年間で160個以上のプログラミングを作成し、自動評価システムによって実力を数値化。その都度確認することで目標を細かく設定し、仲間と切磋琢磨しながら技術力を伸ばします。集大成となるプログラミングコンテストでは可視化された成績を就職活動に活かします。

専門学校 岡山情報ビジネス学院 情報システム学科の学べる学問

専門学校 岡山情報ビジネス学院 情報システム学科の目指せる仕事

専門学校 岡山情報ビジネス学院 情報システム学科の資格 

情報システム学科の目標とする資格

    • 応用情報技術者試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 情報処理技術者能力認定試験 、
    • Java【TM】プログラミング能力認定試験 、
    • C言語プログラミング能力認定試験

専門学校 岡山情報ビジネス学院 情報システム学科の就職率・卒業後の進路 

情報システム学科の就職率/内定率 100 %

( 就職決定者58名/就職希望者58名 )

情報システム学科の主な就職先/内定先

    (株)アルク、(株)オーユーシステム、(株)システムエンタープライズ、(株)ソフィア、(株)プロビズモ、(株)リブゲート、TISソリューションリンク(株)、(株)ミライト、トランスコスモス(株)、ヒルタ工業(株)、(株)SMSデータテック ほか

※ 2022年3月卒業生実績

専門学校 岡山情報ビジネス学院 情報システム学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒700-0024 岡山市北区駅元町1-4 ターミナルスクエア
フリーダイヤル 0120-68-2336
E-mail info@oic-ok.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県岡山市北区駅元町1-4 ターミナルスクエア JR「岡山」駅から徒歩 2分 (地下道直結)

地図

 

路線案内


専門学校 岡山情報ビジネス学院(専修学校/岡山)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT