• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 宮城
  • 東北電子専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 映像放送科

東北電子専門学校 映像放送科

定員数:
20人

映像、放送、メディアを多角的に学んで専門知識を修得し、マルチスタッフをめざします

学べる学問
  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 映像プロデューサー

    予算や質的管理など番組全体の制作総括責任者

    テレビ番組などで、番組の企画立案をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理するのが仕事。テレビ局や番組制作会社に入社するとアシスタントから始まり、ディレクター、プロデューサーと役割が徐々に大きくなっていく。

  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 映像編集者

    映像を集めて、制作・編集する

    国内外の各地から回線で届いたニュースや番組などの映像を収録し、編集し直したりして、VTRを作成するのが仕事。メッセージを伝える映像にするためには自分自身の視点も不可欠。

  • ミキサー

    音を生み出すエンジニア

    レコーディングスタジオやコンサート会場などで楽器の音やアーティストの声をミックスするエンジニア。コンサートミキサーはPAとも呼ばれる。音響機器を操作して、音質や音量を調節するほか、スピーカーなどの機材のセッティングも仕事。知識や技術だけでなく、感性と理解力も重要。

  • カメラマン

    写真を通じて、物事を伝え、表現するプロ

    広告、雑誌、インターネット、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点も求められます。カメラマンになるために必要な学歴や資格はないものの、広告、報道といったジャンルや撮るもの(人物、物、動物、ファッションなど)によって求められる写真も違うので、高度な専門技術が必要となります。撮影を通じて、多くの人に出会ったり、さまざまな場所に行ったりすることで、自分自身を高め、世界を広げることができるのもカメラマンという職業の魅力のひとつです。

初年度納入金:2021年度納入金 101万5000円  (これ以外の費用は一切かかりません)
年限:2年制

東北電子専門学校 映像放送科の学科の特長

映像放送科の学ぶ内容

即戦力を持ったプロフェッショナルを育成します
映像、放送、メディアを多角的に学び専門知識を修得し、放送局、ケーブルテレビ、業界企業と連携したインターンシップで実践力を高めることで、即戦力となるディレクター、カメラマン、エディター、ミキサー、テレビ放送エンジニア、映像クリエーターをめざします。

映像放送科のカリキュラム

1年次:テレビメディアにおける映像・照明・編集技術・音響技術を学びます
映像の基本的な表現方法とシステムの扱い方、テレビメディアにおける映像・照明・編集方法などの技術を学修。また、デジタル映像制作に欠かせないアプリケーションソフトの基本操作や、放送に必要な技術の基礎となる電気工学を学びます。この授業は第一級陸上特殊無線技士の資格取得に直結しています。
2年次:実習でディレクションスキルとテクニカルスキルを身につける
スタジオ番組制作実習やロケーション番組制作実習、卒業制作ではドローン撮影を含めた撮影、照明、編集、音入れまで現場と同様に展開、同時に演出、技術、出演者との関わりを学びます。また、豊富な校外実習により、社会に出て即戦力となる素養を培います。さらに、無線従事者に必要な通信工学を学修します。

映像放送科の卒業後

活躍の場はポストプロダクション、放送局、ネット動画配信業界と様々
ポストプロダクションや放送局に所属し、番組制作やCM制作の演出、撮影、音響、照明、編集に携わる業界への就職が目標です。他にも番組中継現場や番組送出業務、アシスタントディレクター、番組ディレクターをめざします。また、ネット動画配信を見据えたコンテンツ制作の担い手となる映像クリエーターをめざします。

映像放送科の資格

就職に有利になる資格への対策もバッチリ。現場での業務に直結する資格取得をめざします
ポストプロダクションへの就職に有利な資格である「映像音響処理技術者資格認定試験」や、映像・音響分野で役立つ「マルチメディア検定」にチャレンジ。また、ニュース報道で中継現場から放送する時に必要な無線従事者免許資格である「第一級陸上特殊無線技士」を、2年間の成果として卒業時に取得可能です。

東北電子専門学校 映像放送科の学べる学問

東北電子専門学校 映像放送科の目指せる仕事

東北電子専門学校 映像放送科の資格 

映像放送科の取得できる資格

  • 無線従事者<国> (第一級陸上特殊無線技士)

映像放送科の目標とする資格

    • 映像音響処理技術者資格認定試験 、
    • マルチメディア検定

東北電子専門学校 映像放送科の就職率・卒業後の進路 

映像放送科の主な就職先/内定先

    麻布プラザ(株)、厨子王(株)、(株)テレモアドットコム、(株)トラストネットワーク、(株)富士巧芸社 、(株)マーベル、(株)めんこいメディアブレーン


※ 2020年3月卒業生実績

東北電子専門学校 映像放送科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-3-1
TEL:0120-373-501 (フリーダイヤル)
E-mail:info@jc-21.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮城県仙台市青葉区花京院1-3-1 JR「仙台」駅から徒歩 5分
地下鉄「仙台」駅から徒歩 6分

地図

 

路線案内


RECRUIT