• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東北電子専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 映像放送科

宮城県認可/専修学校/宮城

トウホクデンシセンモンガッコウ

映像放送科

定員数:
30人

映像、放送、メディアを多角的に学んで専門知識を修得し、マルチスタッフをめざします

学べる学問
  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • アナウンサー

    ニュースやスポーツ実況などを、正しい発声法と美しい言葉で伝える

    ニュース原稿を読むことから、番組のナレーターや司会、スポーツなどの実況中継まで仕事の領域は広い。TV・ラジオ局に勤務する局アナと、プロダクションに所属またはフリーのタイプある。

  • ニュースキャスター

    ニュースを自分の言葉でわかりやすく伝える

    ただ原稿を読み上げるだけではなく、現場に取材に行ったり、ネタを選択したり、アナウンス原稿を自ら作る場合もある。適切なコメントを要求されることもあり、文章力や行動力とともにパーソナリティとしての個性も必要。

  • レポーター

    現場で自分の見たものをどう伝えるかが勝負

    芸能、スポーツ、ニュースなど、さまざまなジャンルがある。限られた時間の中で、いかにわかりやすく自分の言葉で伝えられるかがポイント。常に取材対象に興味を持ち続けることが大切で、視聴者の共感を得られるような親しみやすさも欠かせない。

  • ナレーター

    映像に言葉をのせていく

    映画やドキュメンタリー、テレビドラマのナレーションなど、いろいろなナレーションがある。どれもきれいな日本語で、映像に合わせながら言葉をのせていくことが大事。テーマによって、語調も多少異なるため、センスや感性も要求される。

  • 演出家

    舞台・ドラマづくりの総監督

    舞台やドラマをどのようにつくり表現していくか、すべてのスタッフ、役者などにその意図を伝え、芝居を完成させていくのが仕事。コミュニケーション能力も問われる。テレビ会社や劇団、制作会社などに所属して、演出家を目指して修業を積むのが一般的。

  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 映像カメラスタッフ

    感性と想像力で映像をつくりだす

    TVや映画などのスタジオやロケーション現場でカメラを操作するのが仕事。カメラの知識、操作技術はもちろん、場面の内容や展開によってどのようにアングルやショットを変えるかなど、感性や想像力も求められる。

  • 照明スタッフ

    場面や、構成に合わせてライティングする

    舞台やスタジオなどで照明を操る。たとえば、コンサートの照明スタッフは、プランナー、チーフオペレーター、オペレーター数名で構成される。プランナーは、曲やコンサートの構成に合わせて照明のプランニングを行い、オペレーターはピンスポットなどの使用する照明ごとのライティングを担当する。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • コーディネーター

    テレビ番組の海外撮影などをサポート

    テレビ番組の海外での撮影、取材などの際、クライアントの要望に従って事前の準備を代行したり、現地でのガイドを務める仕事。現地クルーの手配やキャスティング、スタジオの手配、現場のリサーチ、取材スタッフの宿泊や飛行機チケットの予約などをする。

初年度納入金:2019年度納入金 101万5000円  (これ以外の費用は一切かかりません)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

即戦力を持ったプロフェッショナルを育成します
映像、放送、メディアを多角的に学び専門知識を修得し、放送局、ケーブルテレビ、業界企業を連携したインターンシップで実践力を高めることで、即戦力となるディレクター、カメラマン、エディター、ミキサー、テレビ放送エンジニア、映像クリエーターをめざします。

カリキュラム

1年次:テレビメディアにおける映像・照明・編集技術・音響技術を学びます
映像の基本的な表現方法とシステムの扱い方、テレビメディアにおける映像・照明・編集方法などの技術を学修。また、デジタル映像制作に欠かせないアプリケーションソフトの基本操作や、放送に必要な技術の基礎となる電気工学・電子工学を学びます。この授業は第一級陸上特殊無線技士の資格取得に直結しています。
2年次:実習でディレクションスキルとテクニカルスキルを身につけます
スタジオ番組制作実習やロケーション番組制作実習では、撮影、照明、編集、音入れまで現場と同様に展開します。また同時に演出、技術、出演者との関わりを学びます。また、豊富な校外実習により、社会に出て即戦力となる素養を培います。さらに、無線従事者に必要な通信工学を学修します。

卒業後

活躍の場はポストプロダクション、放送局、ネット動画配信業界と様々
ポストプロダクションや放送力に所属し、番組制作やCM制作の演出、撮影、音響、照明、編集に携わる業界への就職が目標です。他にも番組中継現場や番組送出業務、アシスタントディレクター、番組ディレクターをめざします。また、ネット動画配信を見据えたコンテンツ制作の担い手となる映像クリエーターをめざします。

資格

就職に有利になる資格への対策もバッチリ。現場での業務に直結する資格取得をめざします
ポストプロダクションへの就職に有利な資格である「映像音響処理技術者」や、映像・音響分野で役立つ「マルチメディア検定」にチャレンジ。また、ニュース報道で中継現場から放送する時に必要な無線従事者免許資格である「第一級陸上特殊無線技士」を、2年間の成果として卒業時に取得可能です。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

第一級陸上特殊無線技士(※制作技術コースのみ)

目標とする資格

    • 映像音響処理技術者資格認定試験 、
    • マルチメディア検定

    話しことば検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)メンバーズ 、 アイディアファクトリー(株) 、 (株)スーパーリージョナル 、 (株)富士巧芸社 、 ヌーベルアージュ(株) 、 バリュー・ザ・ホテル 、 サンコー・エア・セルテック 、 (株)ユークス 、 (株)東京地下鉄 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

※上記、「クリエイティブ分野」 共通

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-3-1
TEL:0120-373-501 (フリーダイヤル)
E-mail:info@jc-21.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮城県仙台市青葉区花京院1-3-1 JR「仙台」駅から徒歩 5分
地下鉄「仙台」駅から徒歩 6分

地図

 

路線案内