• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 芸術・写真・イラスト
  • カメラマン
  • 仕事内容
カメラマンの仕事内容

カメラマンの仕事内容

全国のオススメの学校

広告、雑誌、インターネットなど撮影した写真が使われる場所や目的はさまざまです。
また、人物、動物、ファッション、ブライダル、料理、風景など、被写体となるものも多種多様にあります。さらに、人物や商品をスタジオで撮影する場合のほかに、建築物やスポーツ、水の中、事件現場など屋外での撮影もあり、仕事場所も撮影内容によって変わってきます。そのため、「撮影する」という行為は同じでも、カメラマンによって仕事内容は異なるとも言えるでしょう。

「カメラマン」といっても撮影する目的、場所、被写体などの幅が広く、仕事内容はさまざまです。
ここでは、その一部を紹介します。ジャンルによって必要なスキルが違いますが、幅広いジャンルの撮影を手掛ける人がいる一方で、「○○専門カメラマン」として特定のジャンルを得意とする人もいます。

広告・出版系

ポスターや雑誌などのために、宣伝・掲載したい商品や人物などを撮影する仕事です。
制作ディレクターが決めたコンセプトやイメージに沿って写真を撮るだけでなく、制作ディレクターと共にコンセプトを練る企画段階からかかわるケースもあります。人物、ファッション、建築物、車、料理など、撮影する対象は幅広くあるため、被写体となるものの魅力を最大限に引き出すための技術や芸術的なセンスも大切です。

報道系

事件・事故、政治・経済などを伝えるための撮影です。
撮影した写真は新聞やテレビ、インターネットのニュースなどに使われます。いつ、どこで、どんな事件や事故が起こるかわかりませんが、事件や事故が起こった時にすぐに現場に駆けつけて撮影を行います。場合によっては取材も自分で行い、社会で起こっていることを多くの人に伝えます。
さらに、世界で起こっている悲惨な事件や状況などを伝えるため、紛争地帯へ行って撮影する「戦場カメラマン」として活躍する人もいます。
命を危険にさらすことにはなりますが、それでも「この状況を世の中に伝えたい」という使命感をもって撮影をしています。

ブライダル系

新郎新婦に密着して結婚式の様子を撮影します。
結婚式当日だけでなく、スタジオでの記念撮影や、景色のきれいな場所など屋外での撮影(ロケーションフォト)もあります。撮った写真はアルバムなどにまとめ、記念や思い出として新郎新婦の手元に残ります。

スポーツ系

スポーツ選手をはじめ、スポーツのイベントや試合などの撮影をします。
撮った写真は、雑誌や新聞、インターネットのニュースなどに掲載されます。試合を決める一瞬を切り取ったり、選手の躍動感ある動きや表情を逃さずに撮影したりするため、技術や経験はもちろん、撮影するスポーツへの知識も必要となります。イベントや試合の撮影のために、海外に行って撮影をすることもあります。

自然系

海や山などの自然風景、動物などの撮影もあります。
中には、ダイビングのライセンスを持ち、水の中での撮影を専門にしているカメラマンや、大自然の中で野生動物の生態を撮影するカメラマンなど、専門性を極めて写真集などを出版する人もいます。こちらの思いどおりにならないもの、予測しにくいものを相手にし、時には過酷な状況での撮影となるので、撮影対象に関する専門知識や技術、臨機応変な対応が特に必要となります。

カメラマンを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路