• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 芸術・写真・イラスト
  • カメラマン
  • 学校の選び方
カメラマンの学校の選び方

カメラマンの学校の選び方

全国のオススメの学校

学校の種類としては、芸術・美術系の大学や短期大学、専門学校の写真専門の学科やコースなどがあります。
プロのカメラマンになるために学歴は関係ありませんが、学校に通うことで写真史や理論を学んだり、プロ並みの機材を使った撮影実習を通じて技術や表現方法を学んだり、第一線で活躍しているカメラマンの講義を受けたりすることができます。
また、カメラマンの世界は人とのつながりによって仕事が生まれやすい傾向があります。そのため、学校の先輩や業界関係者などとのつながりをつくることで、将来、カメラマンとして働くための大切なコネクションが生まれるというメリットもあります。

写真の専門的な技術だけでなく、美術や心理学など文化や教養も学ぶことができる学校や、ヘアメイクやファッションなど他の学科の学生と一緒に創作活動をする学校など、さまざまな特色があります。幅広い学問を学んだり、他の学生から刺激を受けたりすることで自分の視野が広がり、カメラマンとしての奥深さを広げることができるでしょう。
また、有名なカメラマンが講師として指導してくれる学校もあります。撮影の基本やテクニックといった技術的なことはもちろん、業界の情報や実際の現場の様子などリアルな情報を得られるだけでなく、感性を磨く刺激になります。学校によっては、入試の際に自分の作品を提出して審査される場合もあるので、試験内容を確認しましょう。

芸術・美術系の大学や短期大学

写真だけでなく、映像やアニメーション、デッサンなど、あらゆる表現力の基礎を1・2年次で学び、3・4年次により専門性を高めて写真での表現力を身につけていくカリキュラムを用意している学校が多いようです。大手の出版社や新聞社などでは、4年制大学の写真学科を卒業していることが条件になることもあるようですので、目指す就職先がある場合は採用条件を確認しておくといいでしょう。

専門学校

多くの実技を通じて、技術や知識を身につけていきます。2年制や3年制などの違いのほかに、広告、スポーツ、ブライダル、風景など、ジャンル別に専攻が用意されていたり、合宿や研修旅行、ワークショップなどの特別なカリキュラムやイベントなどを開催していたり、学校ごとにさまざまな特色があります。

カメラマンを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路