• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 芸術・写真・イラスト
  • カメラマン

カメラマン

写真を通じて、物事を伝え、表現するプロ
広告、雑誌、インターネット、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点も求められます。カメラマンになるために必要な学歴や資格はないものの、広告、報道といったジャンルや撮るもの(人物、物、動物、ファッションなど)によって求められる写真も違うので、高度な専門技術が必要となります。撮影を通じて、多くの人に出会ったり、さまざまな場所に行ったりすることで、自分自身を高め、世界を広げることができるのもカメラマンという職業の魅力のひとつです。
カメラマン
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校

カメラマンの学校の選び方

POINT
学校の種類としては、芸術・美術系の大学や短期大学、専門学校の写真専門の学科やコースなどがあります。プロのカメラマンになるために学歴は関係ありませんが、学校に通うことで写真史や理論を学んだり、プロ並みの機材を使った撮影実習を通じて技術や表現方法を学んだり、第一線で活躍しているカメラマンの講義を受けたりすることができます。また、カメラマンの世界は人とのつながりによって仕事が生まれやすい傾向があります。そのため、学校の先輩や業界関係者などとのつながりをつくることで、将来、カメラマンとして働くための大切なコネクションが生まれるというメリットもあります。

カメラマンに求められる人物は?適性を知る

POINT
プロのカメラマンとして求められるのは、センスの良さはもちろん、クライアントの希望に沿ってベストな写真を撮影することです。そのためには、撮影する目的などを把握し、どうすればその要望に応える写真が撮れるかを考えることが大切です。また、現場では、さまざまなスタッフと協力しあって撮影を進めていくことが多くあります。スタッフたちとのコミュニケーションを大切にすることが、より良い写真の完成にもつながっていきます。また、そうして築いた信頼関係が、「次の仕事もあなたにお願いしたい」と新しいチャンスを生み出すことも多く、人とのつながりをいかに大切にできるかもカメラマンとして必要な力となります。

カメラマンの必要な試験と資格は?

POINT
プロのカメラマンとして働くために必要な試験や資格はありません。そのため、「職業はカメラマンです」と誰もが名乗ることができる職業です。しかし、名乗ったからといって就職できたり、仕事の依頼がもらえたりするわけではありません。デジタルカメラの進歩によって、素人であってもクオリティーの高い写真を撮ることができるようになっています。だからこそ、撮影のプロとして深い知識や高い技術が一層求められる時代だと言えます。

カメラマンを目指せる学校の学費(初年度納入金)

POINT
大学・短大
初年度納入金
113万 2000円
 ~ 190万 6900円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
専門学校
初年度納入金
88万円
 ~ 146万円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
※ 
記載されている金額は、入学した年に支払う学費(初年度納入金)です。また、その学費(初年度納入金)情報はスタディサプリ進路に掲載されている学費(初年度納入金)を元にしております。卒業までの総額は各学校の公式ホームページをご覧ください。
カメラマンの仕事内容

カメラマンの仕事内容

広告、雑誌、インターネットなど撮影した写真が使われる場所や目的はさまざまです。また、人物、動物、ファッション、ブライダル、料理、風景など、被写体となるものも多種多様にあります。さらに、人物や商品をスタジオで撮影する場合のほかに、建築物やスポーツ、水の中、事件現場など屋外での撮影もあり、仕事場所も撮影内容によって変わってきます。そのため、「撮影する」という行為は同じでも、カメラマンによって仕事内容は異なるとも言えるでしょう。

カメラマンの気になる?年収・給料・収入

POINT
カメラマンの収入は、勤務先や働き方などによって大きく異なり、個人差があります。正社員として出版社や新聞社、フォトスタジオなどで働く場合は、社内規定に応じて給与が支払われます。フリーランスの場合は、有名になれば年収1000万円を超える稼ぎを生み出すことができる可能性ももっています。ただ、そのような人は一握りであり、安定した収入を得ることは難しいと言えます。特にアシスタントのうちはかなり安い収入であることを覚悟したほうがいいでしょう。安定した収入を重視する人はカメラマンに向かない、と言ってもいいかもしれません。

カメラマンの就職先・活躍できる場所は?

POINT
大きく分けて、広告代理店や出版社、新聞社、フォトスタジオなどの会社に勤務する場合と、会社に属さずにフリーランスとして働く場合があります。広告代理店や出版社、新聞社の専属カメラマンとして働く場合は、その会社が取り扱う媒体に掲載する写真を撮ることになります。一方、フリーランスは自分で営業活動をして仕事を得る必要があります。どういう形で働くにしても、撮影は早朝や深夜に行われることもあり、撮影場所もさまざまなので、勤務時間や場所は一定ではないことが多い職業と言えます。
  • 結婚式場
  • 広告代理店
  • 写真スタジオ
  • 出版関連制作プロダクション
  • 出版社
  • 新聞社

カメラマンのズバリ!将来性は?

POINT
デジタルカメラの技術の進歩によって、写真を撮ることが人々にとって身近になり、素人であってもクオリティーの高い写真が撮れるようになっています。そのため、写真への関心は高まるとともに、クオリティの高さもより一層求められるようになっています。プロとしての専門性の高さをしっかりと身につけたうえで、どんな撮影が得意なのかというセールスポイントももっていることが強みとなるでしょう。また、SNSなどを上手に使えば世界に自分の写真をアピールすることができ、活躍のチャンスを国外にも広げることができます。

カメラマンの先輩・内定者に聞いてみよう

カメラマンを目指す学生に聞いてみよう

Photo
写真には「正解」がない。そこに可能性を感じています。
ビジュアルアーツ専門学校・大阪
写真学科 コマーシャルフォト専攻
Photo
そこに住む人、できごと。その一瞬をカメラでとらえたい!
東京ビジュアルアーツ
写真学科 写真表現専攻 写真作家コース

好奇心の授業

カメラマンのやりがいを聞いてみよう

自分が撮影した写真によって、人を笑顔にできるほか、人の心を動かせることが、カメラマンとして大きな喜びややりがいにつながっています。写真が雑誌などに載って多くの人の目に触れたり、誰かの一生の宝物として大切にされ続けたりと、自分の仕事が形に残ることもカメラマンの醍醐味のひとつです。写真は誰もが撮ることができるものだからこそ、プロとして仕事に誇りをもち、技術や知識の向上に努力を惜しまずに仕事に向き合っています。

カメラマンの志望動機を教えて!

相手に何かを伝えたり、自分の思いを表現したりと、写真はあらゆる可能性や役割をもっています。趣味などをきっかけに、そうした写真の魅力に惹かれてカメラマンを目指す人が多いようです。特別な学歴や資格がなくても撮ることができる写真だからこそ、プロとして周りから認められるまでの苦労がたくさんあります。それを乗り越えて活躍していくためには、「写真が好き」という気持ちはもちろん、カメラマンとして何を撮りたいのか、写真によってどう世の中に貢献したいのかを考えることも重要です。
もっと詳しく調べてみよう

もっと詳しく調べてみよう

カメラマンの1日のスケジュール

COLUMN
カメラマンの1日のスケジュール
一般的なカメラマンとしては、スタジオや会社に勤めるパターンと独立してフリーで活動するパターンがあります。撮影のしかたや活動時間はさまざまで、活動状況によって1日の過ごし方が違いますが、ここでは、フリーランスで撮影をおこなうあるカメラマンの1日について紹介します。

カメラマンの持ち物を見せて!

COLUMN
写真を撮る場合、動画を撮る場合で必要な機材は変わりますが、あるカメラマンは三脚やライティング機材が入ると40~50kgの重量になる機材を持ち歩いているそうです。この日は7~8kgぐらいでかなり少ないとのことでした。動画撮影のために現場に向かう際のカバンの中身を紹介します。

カメラマンの1年目はどうだった?

COLUMN
カメラマンには特に資格が必要な職業ではありませんが、専門学校などで知識や技術を学んでから、スタジオなどに就職しアシスタントから始めるのが一般的なパターンです。ここでは、フリーでカメラマンとして仕事を始めた際の最初の1年間の過ごし方について見てみましょう。

カメラマンのキャリアパス

COLUMN
カメラマンが歩む代表的なキャリアステップにはどのようなものがあるでしょうか。カメラマンは企業に勤める会社員とは違い、昇格や昇給などでキャリアを測る職業ではなく、芸術性や広告、宣伝、報道などの意味が求められる職業です。あるカメラマンが考えるキャリアステップについて説明しましょう。

カメラマンの20年後、30年後はどうなる?

COLUMN
デジタルカメラ、ミラーレスカメラなどが登場し、誰もがスマートフォンで写真を撮影することができるようになっていますが、カメラマンの仕事や働き方は今後どのように変化していくでしょうか。また、AIが発達することで影響はあるのでしょうか。あるカメラマンの観点から、意見を聞いてみましょう。

カメラマンになるために今から役立つ経験

COLUMN
カメラマンとして必要な勉強にはどのようなことがあるでしょうか。また、学校で勉強している科目でカメラマンとして将来、役に立つことはあるでしょうか。若いうちに知識を深め、経験しておくべきことについて、あるカメラマンの意見を踏まえて説明しましょう。

カメラマンになるための勉強時間・やり方

COLUMN
カメラマンになるための勉強時間や勉強方法は特別決まったものがあるわけではありません。学歴や資格も必要ありませんが、まずは基本的な技術や知識がなければ、カメラマンにはなれません。あるフリーのカメラマンにどのような方法があるのかを聞いてみましょう。

カメラマンが仕事をするときの心がけ

COLUMN
カメラマンとして仕事をする際、どのようなことを心がけているのでしょうか。被写体が人なのか、物なのか、外なのか建物のなかなのか、撮影する状況によっても心がけることは変わってくるそうです。あるカメラマンが仕事をするときの心がけについて聞いてみましょう。

カメラマンの楽しいことと大変なこと

COLUMN
自分の撮影した写真が賞を獲得したり、雑誌の表紙を飾ったり、ある瞬間を切り取る技術とその価値はとても大きいようです。一方、仕事の時間が不規則で決まった休日がないなど、悩みもあるのだとか。あるカメラマンの楽しいこと、大変なことを聞いてみました。

大学・短大

専門学校

エリアから探す

北海道

北海道

東北

青森

岩手

宮城


秋田

山形

福島
東北すべて

関東

茨城

栃木

群馬

埼玉


千葉

東京 神奈川
関東すべて

甲信越

新潟

山梨

長野


甲信越すべて

東海

岐阜

静岡

愛知

三重


東海すべて

北陸

富山

石川

福井


北陸すべて

近畿

滋賀

京都

大阪
兵庫 奈良

和歌山


近畿すべて

中国・四国

鳥取

島根

岡山

広島

山口


徳島

香川

愛媛

高知


中国・四国すべて

九州・沖縄

福岡 佐賀

長崎

熊本

大分

宮崎

鹿児島

沖縄


九州・沖縄すべて
カメラマンを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

東京ビジュアルアーツ - ☆体験授業☆ダンス学科 - 2019/05/03~2019/05/19 - 東京都千代田区四番町11
専門学校 九州ビジュアルアーツ - 5月の体験入学(声優・俳優・アクターなど) - 2019/05/05~2019/05/19 - 福岡県福岡市博多区博多駅前3-8-24
上田安子服飾専門学校 - オープンキャンパス - 2019/05/06~2019/05/19 - 大阪府大阪市北区芝田2-5-8