• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 新潟
  • 新潟デザイン専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 写真デザイン科(2年制)

新潟デザイン専門学校 写真デザイン科(2年制)

定員数:
15人

本格的なスタジオと充実の現場実習で即戦力を修得!

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • 映像プロデューサー

    予算や質的管理など番組全体の制作総括責任者

    テレビ番組などで、番組の企画立案をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理するのが仕事。テレビ局や番組制作会社に入社するとアシスタントから始まり、ディレクター、プロデューサーと役割が徐々に大きくなっていく。

  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 映像カメラスタッフ

    感性と想像力で映像をつくりだす

    TVや映画などのスタジオやロケーション現場でカメラを操作するのが仕事。カメラの知識、操作技術はもちろん、場面の内容や展開によってどのようにアングルやショットを変えるかなど、感性や想像力も求められる。

  • 映像編集者

    映像を集めて、制作・編集する

    国内外の各地から回線で届いたニュースや番組などの映像を収録し、編集し直したりして、VTRを作成するのが仕事。メッセージを伝える映像にするためには自分自身の視点も不可欠。

  • 照明スタッフ

    場面や、構成に合わせてライティングする

    舞台やスタジオなどで照明を操る。たとえば、コンサートの照明スタッフは、プランナー、チーフオペレーター、オペレーター数名で構成される。プランナーは、曲やコンサートの構成に合わせて照明のプランニングを行い、オペレーターはピンスポットなどの使用する照明ごとのライティングを担当する。

  • ラジオ・テレビ放送技術者

    放送に必要な専門技術を駆使

    放送に関わる電波の送信をしたり、番組制作で音響、照明や中継などに携わる。また新しいメディアとしてインターネットを使った事業を進めたり、最先端のCG技術を番組に取り入れるなどのマルチメディア化や更なる技術開発にも関わる。

  • 報道カメラマン

    ニュースをいちはやくカメラにおさめる

    事件・事故、政治・経済などのニュースを報道するための写真を撮る。新鮮な情報をいちはやく伝えることが大切なので、事件とあれば昼夜を問わず現場に駆けつける。新聞・出版社の社員や契約社員として働くほか、フリーで独自に取材、撮影するケースもある。

  • カメラマン

    写真を通じて、物事を伝え、表現するプロ

    広告、雑誌、インターネット、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点も求められます。カメラマンになるために必要な学歴や資格はないものの、広告、報道といったジャンルや撮るもの(人物、物、動物、ファッションなど)によって求められる写真も違うので、高度な専門技術が必要となります。撮影を通じて、多くの人に出会ったり、さまざまな場所に行ったりすることで、自分自身を高め、世界を広げることができるのもカメラマンという職業の魅力のひとつです。

初年度納入金:2022年度納入金(参考) 118万円 
年限:2年制

新潟デザイン専門学校 写真デザイン科(2年制)の学科の特長

写真デザイン科(2年制)の学ぶ内容

充実のフィールドワークで撮影スキルを向上
プロの現場での撮影実習や校内の本格的なスタジオでの実践授業を通して、撮影スキルから画像編集まで、あらゆる技術を修得。様々なニーズやシチュエーションに対応できるフォトグラファーを目指します。

写真デザイン科(2年制)のカリキュラム

スタジオワーク、画像編集など、フォトグラファーに必要な専門知識・技術を修得します
カリキュラム例/「撮影実習」学校内だけでなく、校外で家族やプロスポーツの試合撮影などを行い技術を身につけます。「スタジオ実習」撮影機材の基礎知識、商品や人物などの撮影技法を修得します。「人物撮影」モデル撮影を中心に、現場の雰囲気の作り方や撮影技術を学びます。

写真デザイン科(2年制)の先生

一人ひとりのレベルに合わせた指導で夢の実現へ!
現役デザイナー、クリエイターが基礎から丁寧に教えるので初心者でも安心の環境です。また、学生をよく知る担任と就職相談室が連携して一人ひとりの適性を見極めた就職サポートをすることで、希望する業界・職種での就職を実現しています。

写真デザイン科(2年制)の卒業後

新潟をはじめ全国のデザイン・クリエイティブ業界で活躍中!
ブライダル、スタジオ、広告、料理、ライブステージなど様々な分野の写真業界へ多数の卒業生を輩出しています。基礎・応用から就職ノウハウまで、業界で活躍中の講師陣が個別にきめ細かく指導。クリエイターを目指す学生を徹底的にサポートします。

写真デザイン科(2年制)の雰囲気

学校生活はアイデアの宝庫!
授業での作品制作、フリーマーケット形式で作品を商品として販売するイベント、学びの集大成を発表する展覧会の開催などイベント盛り沢山な学校生活。さらには学科の垣根を越えたコラボレーションもできるため、学生たちはお互いに高め合いながら日々成長しています。

写真デザイン科(2年制)の奨学金

充実した学校生活を支援する、さまざまな奨学金制度が整っています
無利子で最高30万円(高等学校新卒者以外42万円)を貸与する、独自の奨学金制度「NSGカレッジリーグ無利子奨学制度」を用意。その他、日本学生支援機構奨学金制度など各種制度や「高等教育の修学支援新制度」の対象校にも認定。夢を叶えるための強力な進学サポートが整っています。

新潟デザイン専門学校 写真デザイン科(2年制)の学べる学問

新潟デザイン専門学校 写真デザイン科(2年制)の目指せる仕事

新潟デザイン専門学校 写真デザイン科(2年制)の資格 

写真デザイン科(2年制)の目標とする資格

    フォトマスター検定
    色彩士検定

新潟デザイン専門学校 写真デザイン科(2年制)の就職率・卒業後の進路 

写真デザイン科(2年制)の主な就職先/内定先

    アークベルグループ、ゴーシーズ、フォトクリエーションアライブ、サタケ ほか

※ 2021年3月卒業生実績

卒業生は各種写真スタジオ、ホテル、ブライダル関係などで活躍しています。

新潟デザイン専門学校 写真デザイン科(2年制)の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒950-0932 新潟県新潟市中央区長潟2-1-4
TEL:0120-875-310(進路サポートデスク・携帯可)

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟デザイン専門学校 : 新潟県新潟市中央区長潟2-1-4 JR「新潟」駅南口バスターミナル1番乗り場より約10分、バス停「北谷内」下車徒歩0分

地図

 

路線案内


RECRUIT