• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 新潟デザイン専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 美術・工芸デザイン科(2年制)

新潟県認可/専修学校/新潟

ニイガタデザインセンモンガッコウ

美術・工芸デザイン科(2年制)

募集人数:
15人

一人ひとりの志向に対応する多彩なカリキュラムと、一流作家による実技指導で美術・アート業界に直結!

学べる学問
  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • 画家

    旺盛な創作意欲で描き続ける

    洋画、日本画、風景画、抽象画など、絵画の種類や技法はいろいろだが、絵の収入だけで生活できる画家は少ない。教師やデザイナー、イラストレーターなどの副業を持ち、自分の才能を信じて創作活動を続け、大きな賞を受賞するのが成功への早道だろう。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 美術教師

    絵画や彫刻などの創作を指導する

    児童・生徒に絵画・彫刻・陶芸などの美術作品の制作を指導する。技術だけでなく、ひとりひとりの個性を尊重し、創作の喜びを伝えるのが目的。また美術館見学や、写生会など、授業以外の行事も中心になって行う。現在は、コンピュータを使ったデザインの授業なども積極的に導入されている。

  • 美術鑑定士

    美術品の価値を見抜くプロ

    絵や美術品を見る鑑識眼が必要。繊細な注意力とともに、絵画や美術への知識も欠かせない。多くの場合は、自ら画廊や古美術商などを経営し、美術品が商品として売れるかを判断する。芸術的価値や、商品としての価値を見抜けるかどうかがカギ。

  • 美術研究者

    大学・大学院、美術館・博物館などで専門分野を研究し論文を書く

    美術学、美術工芸品など美術に関連した専門的な研究を、大学・大学院、美術館・博物館などで続け学会などに論文を発表する。大学・大学院の場合は、教授・准教授または助教として、学生の指導も行う。

  • 修復家

    美術品をいかに元の状態に復元させるか

    絵画や彫刻など、年代が古くなったり、何かのアクシデントによって破損したり一部消失した場合に修復する作業を担当するプロ。素材や色などを、いかに元の状態に近づけるか、残っている部分と違和感なく仕上げるのかが腕の見せどころだ。

  • 陶芸家

    土選びから焼成まで

    工場での大量生産品ではなく、土選びから焼成まで、作品の一つずつに責任を持ち仕上げていく。焼き物の種類や手法はさまざまで、各地の窯元で修業する人もいればプロに弟子入りする人も。創作力と得意分野を持つことが大切。

  • 彫金家

    金属から物を創り出す専門家

    金属を使って、アクセサリーや小物などを作る専門家。その金属の特長を生かし、また、色合いなども考えながら、デザインし、自ら制作する場合が多い。自分で販売まで手がける場合もある。

  • 木工工芸家

    木を素材にした伝統工芸をつくる専門家

    木材を使った伝統工芸を作る。高度経済成長期以降の大量生産大量消費により、手作りの工芸品は姿を消しつつあったが、近年その良さが見直され始めている。家内制手工業なので就職先は少なく弟子についた後、独立するパターンが多い。

初年度納入金:2017年度納入金 114万円 
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

一流作家による技術指導で、自由な想像力と表現力を持ったアーティストを育成します!
作品を通し自分の考えや想いを表現するアート業界。水彩・油彩などの絵画表現から彫刻や立体造形まで表現方法は多種多様。美術・工芸デザイン科では、一流作家による実技指導をはじめ、各人の志向に対応する多彩なカリキュラムを設定。自分の世界観を確立し、画家から空間デザイナーまで幅広い業界への就職を目指します。

カリキュラム

絵画から立体造形まで、アートに関わる幅広い授業を通じ、幅広い技術・表現方法を修得します!
カリキュラム例/「絵画」構成力、色彩、デッサンなど基礎を学ぶとともに、自由な発想と表現を追究し作品を制作。「彫刻」基礎的な構造、カービング、モデリング等の技法を学び、オブジェ制作などを通じた自己表現技法を修得。「立体造形」立体造形ならではの表現技法を学び、自らの発想をカタチにする技術を修得。

卒業後

7,100名以上の卒業生が、新潟をはじめ全国の各種デザイン・クリエイティブ業界で活躍中!
NCADはアーティスト、立体造形作家など、各種アート業界へ多数の卒業生を輩出。基礎・応用から就職ノウハウまで、業界で活躍中の講師陣が個別にきめ細かく指導し、徹底的にサポートします。美術・工芸デザイン科修了後は、無試験でMCAモンセラート美術大学、AIBアートインスティテュートオブボストンへ編入も可能です。

施設・設備

新潟駅から徒歩5分の好環境で夢を実現!
新潟駅から徒歩5分とアクセスの良い校舎には、デッサン・絵画制作を巨大スペースで自由に行えるアトリエなどを完備。業界の第一線で活躍する経験豊富な講師陣の指導のもと、最先端のプロ仕様の機材と充実の設備で、アナタの持つ可能性を最大限に広げます!

雰囲気

遊ぶときはとことん遊び、やるときはやる。充実のスクールライフ
“デザインがスキ”という同じ気持ちを持つたくさんの仲間がいるNCADは、毎日笑顔や笑い声であふれています。また、授業中は作品制作が中心で、学生達の表情は真剣そのもの!遊ぶときはとことん遊び、やるときはやる。勉強と遊びの両方に一生懸命な学生がたくさんいるデザインの専門学校です。

奨学金

充実した学校生活を支援する、さまざまな奨学金制度が整っています
無利子で最高30万円(高等学校新卒者以外42万円)を貸与する、本校を含めたNSGカレッジリーグの独自奨学金制度「NSGカレッジリーグ無利子奨学制度」を用意。そのほか、日本学生支援機構奨学金制度など、学費面から進学を応援するための各種制度があります。詳しくは進路サポートデスクまでお問合せください。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    色彩士検定

就職率・卒業後の進路 

卒業後の進路:画家、立体造形作家、ギャラリースタッフ、海外提携校への編入など

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒950-0916 新潟県新潟市中央区米山3-1-54
TEL:0120-875-310(進路サポートデスク・携帯可)

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟デザイン専門学校 : 新潟県新潟市中央区米山3-1-54 「新潟」駅から西口を出て徒歩 5分

地図

 

路線案内


新潟デザイン専門学校(専修学校/新潟)